日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 古川雄輝と猫の日常『劇場版 ねこ物件』

古川雄輝、細田佳央太らイケメンと猫の“何も変わらない”日常『劇場版 ねこ物件』

文=バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

古川雄輝、細田佳央太らイケメンと猫の何かが変わるようで変わらない日常『劇場版 ねこ物件』の画像1
(左)クロ、(右)チャー。(C)2022「ねこ物件」製作委員会

“イケメン”と猫たちによる、シェアハウスでのほんわかとした日常を描いた2022年春ドラマ『ねこ物件』。その続編となる『劇場版 ねこ物件』が、8月5日から公開される。

 主演の古川雄輝をはじめ、細田佳央太ら“イケメン”と、猫がやたらにじゃれ合う物語――女性キャラクターが極端に少なく、BL要素も匂わせるような設定もあるが、本作が一貫して描いているのは、何気ない日常の中にある”大切なもの”だ。

古川雄輝、細田佳央太らイケメンと猫の何かが変わるようで変わらない日常『劇場版 ねこ物件』の画像2
クロ

 何かが変わるようで、それほど変わらない。日常ってそんなものだということを、映画を通して改めて考えてみるのも、たまには良いのではないだろうか。

 映画版では、お馴染みのメンバーが再集結。ドラマでは描かれなかった主人公・二星優斗(古川雄輝)、四つ葉不動産の広瀬有美(長井短)の過去なども描かれる。ドラマとのつながりも意識しつつ、独立したものとなっているため、映画版だけでも楽しめる作品だが、キャラクターの奥行きを理解するには、ドラマ版を観ておいた方がいいだろう。

古川雄輝、細田佳央太らイケメンと猫の何かが変わるようで変わらない日常『劇場版 ねこ物件』の画像3
チャー

【ストーリー】
2匹の猫、クロとチャーと暮らす二星優斗、30歳。唯一の肉親である祖父・幸三が亡くなったことから始めた“猫付きシェアハウス・二星ハイツ”には、それぞれの夢を持つ4人の同居人が住んでいたが、みな次のステージへと巣立っていった。不動産会社の有美から、かつての入居者たちの活躍を聞かされ、二星ハイツの再開を促されるが気乗りがしない。しかし、祖父が遺した手紙に書かれていた、幼い頃に離ればなれになった弟の存在を想い出して、探し出すことを決意する。その方法とは、“猫付きシェアハウス”と自分の存在を全国に知らしめて、再び住人を募ることだった。そんな優斗をサポートしようと入居者だった、修、毅、丈、ファンの4人が二星ハイツへと帰ってきた。そんなある日、加納直人と名乗る人物が入居希望者として現れたのだが……。

12

古川雄輝、細田佳央太らイケメンと猫の“何も変わらない”日常『劇場版 ねこ物件』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真