日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 阿部寛が“コンプラ時代の変化”示す

阿部寛がエンタメしながら“コンプラ時代の変化”を示した映画『異動辞令は音楽隊!』

文=バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

阿部寛がエンタメしながらコンプラ時代の変化を示した映画『異動辞令は音楽隊!』の画像1
映画『異動辞令は音楽隊!』主演の阿部寛©2022『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

 Netflixの『全裸監督』で話題をさらい、映画『ミッドナイトスワン』(2020)では日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した内田英治監督。彼が原案・監督・脚本を手掛けた映画『異動辞令は音楽隊!』が、8月26日から公開される。

 主演の阿部寛は、今作で見事なドラムテクニックを見せているが、ドラムに触れたのはなんと今回が初めてだ。ただひたすらにドラムを叩くのではなく、人目を意識して”見せる叩き方”をしたのは、アメリカの名ドラマー、バディ・リッチを参考にしたからだという。どこか『セッション』(2014)を思い出すのは、『セッション』の主人公がまさにバディ・リッチのようなドラマーを目指していたからである。

阿部寛がエンタメしながらコンプラ時代の変化を示した映画『異動辞令は音楽隊!』の画像2
©2022『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

 阿部が演じる主人公が作中でドラムのテクニックを習得していく過程は、本人のそれとリンクしているからこその説得力を持つ。

 主人公が音楽を通じて成長していくこと、疎遠の娘との関係を修復していくことなど、王道的な音楽映画やサクスセス・ストーリーとしての側面からも楽しめる作品に仕上がっている。ただ、今作が伝えようとしているのはそれだけでなく、時代の変化をどう受け入れるか、ということ。

 表面上はさまざまな要素の詰まったエンタメ作品のようでありながらも、その芯にあるのは“今考えるべきテーマ”、つまり社会問題を反映した内田監督の作風は、今作も健在だ。

【ストーリー】
犯罪捜査一筋30年の鬼刑事・成瀬司(阿部寛)は部下に厳しく、昭和さながら犯人逮捕の為なら法律すれすれの捜査も辞さない男。家族もろくに構わず一人娘・法子(見上愛)からはとうに愛想をつかされている。そんな成瀬は高齢者を狙った「アポ電強盗事件」が相次ぐ中、勘だけで疑わしい者に令状も取らず過激な突撃捜査をしていたが、そのコンプライアンスを無視した行動が仇となり、突然上司から異動を命ぜられる。刑事部内での異動だろうと高をくくっていた成瀬だったが、異動先はまさかの <警察音楽隊>だった……。

12

阿部寛がエンタメしながら“コンプラ時代の変化”を示した映画『異動辞令は音楽隊!』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真