日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女優が監督による性被害を告発

『シン・ゴジラ』参加の西村喜廣監督から「暴力や性被害を受けた」女優告発で波紋

文=佐藤勇馬

『シン・ゴジラ』参加の西村喜廣監督から「暴力や性被害を受けた」女優告発で波紋の画像1
Instagram「水井真希(@mmizui)」より

 女優で自らが経験した連続少女拉致事件をモチーフにした映画『ら』を監督したことでも知られる水井真希が、映画『シン・ゴジラ』『進撃の巨人』で特殊造形プロデューサーを手がけた西村喜廣監督から暴力や性被害などを受けていたと告発。双方がSNS上で批判を繰り広げ、混沌とした状況となってファンを困惑させている。

 水井は8月30日、自身のTwitterで10代のころから園子温監督のアシスタントを務め、その後に西村監督に師事したという経緯を説明しつつ、「そこから1年、私はノーギャラで特殊メイク・造型のアトリエで働きました。アトリエではミスに対する体罰(拳骨)は至極普通の事でした」として、体罰が常態化していたと明かした。

 やがて合意の上で肉体関係を持つようになったというが、水井によると「機嫌を損ねている際は私に、殴る、罵倒する、物を壊す、などの暴行を振るいました」と暴力を振るわれることがあり、「一度、顔面を殴られて鼻血を出した際は、氏の奥様を交えて話し合い『もう二度と殴らないと約束する、今回は警察沙汰にしない』と場を納めました」といった大きな騒動にも発展したという。

 先述した水井の監督作『ら』で西村監督はプロデューサーを務めたが、このころにも「殴る以外の暴行は継続していました」とし、さらに「『お前は男への文句を言ってばかりだ』と、私の活動そのものを否定する精神的抑圧が顕著になりました」としている。

 水井によると、西村氏が『シン・ゴジラ』や『進撃の巨人』に参加したころには「氏の周囲には女性が群がり、多数の肉体関係を持っていました」とのこと。

 水井は「ヤリたい権力者と媚びたい女のWin-Winの関係なら問題はない」とした上で、「私は行為の負担が減ってたすかりました」と記したが、その一方で西村監督から「髪や腕を掴んで引き摺りまわす、物を壊す、無能であると罵られる、ノーギャラでの仕事」などのハラスメントを受けていたと主張した。

 また、水井は西村監督の妻が「私(水井)と氏の関係について、ご自宅で暴れなくなった分『助かっていた』」「私以外の女性との関係についても『大人の関係であるなら構わない』」と話していたと証言。西村監督の妻と娘の生活を壊さないように関係を断つことで終わりにしようとしたというが、西村監督から性被害を受けたという19歳の少女から相談を受けたことをきっかけに告発に至ったという。

 さらに「彼女は、氏と園子温と冨手麻妙の三角関係に巻き込まれ、冨手からのいじめ、業界内で干される被害にも遭っています」「それ以外にも氏からのセクハラ、枕強要被害者が大勢おり、裏付けを進めています」と真偽不明ながら突然の“暴露”まで飛び出し、Twitterで「西村喜廣」がトレンドワード入りするなど水井の告発は大きな話題となった。

12

『シン・ゴジラ』参加の西村喜廣監督から「暴力や性被害を受けた」女優告発で波紋のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

キャプテン渡辺が目を覚ます!

 空気階段の鈴木もぐら、岡野陽一、ザ・マミィ...…
写真