日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > ジャニーズ“忖度”作品『トモダチゲームR4』

ジャニーズ版『トモダチゲーム』、“忖度”展開で「原作とは完全別モノ」ラストの是非

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ジャニーズ版『トモダチゲーム』、“忖度”展開で「原作とは完全別モノ」ラストの是非の画像
ドラマ公式Twitterより

 9月10日、テレビ朝日系オシドラサタデー『トモダチゲームR4』が最終回を迎えたが、原作とまるで違うオリジナル展開に賛否の声が上がっている。

 同作は、山口ミコト原作・佐藤友生作画の人気マンガ『トモダチゲーム』(講談社)の実写ドラマ化作品。亡き母の教えに従って金より友情を大切にしている男子高校生・片切友一が、仲の良いクラスメイト4人と共に拉致され、「トモダチゲーム」なる謎のゲームに強制的に参加させられるというストーリーで、2017年には吉沢亮主演でドラマ化・映画化されており、今回は再実写化となる。

 ジェイ・ストームが出資する「オシドラサタデー」枠ということで、この令和4年版となる『トモダチゲームR4』は、ジャニーズJr.の人気ユニット「美 少年」の6人と、同じくジャニーズJr.の「HiHi Jets」から2人が出演。主人公の片切友一を美 少年の浮所飛貴が演じ、片切ら「Cグループ」の5人は他に、美 少年の佐藤龍我、HiHi Jetsの井上瑞稀、そして久保田紗友と横田真悠が演じている。

 原作は累計発行部数440万部を突破した人気作品で、2017年版ドラマ/映画は吉沢亮、山田裕貴らの演技も好評ということもあり、この“ジャニーズ版”には当初から不安の声も上がっていたが、やはり原作ファンからは否定的な声が相次いだ。

安直なパロディのために「イカゲームのパクリ?」の声も

 初回放送では「イカゲーム」という言葉がトレンド入り。というのも、トモダチゲームの「運営」側の人間の格好が、昨年大旋風を巻き起こした韓国ドラマ『イカゲーム』の警備員にあまりに似ていたためだ。原作は2013年末から連載中であり、当然“イカゲームの警備員ふう”の人間など出てこない(そもそもここで運営スタッフは姿を見せない)。『R4』では主人公たちが一度逃げようとし、この“警備員”が美笠天智(佐藤龍我)を撃つという『イカゲーム』の第1ゲームを彷彿とさせる展開があったが、もちろんこれも『R4』オリジナルだ。デスゲーム的な内容も共通することから、原作を知らない層からは「これってイカゲームのパクリなの?」という声も出てしまった。

 『R4』では、他局にあたる日本テレビでかつて放送されていた『火曜サスペンス劇場』のあの有名なオープニングテーマによく似た劇伴もたびたび耳にした。制作側はおもしろいと思ってやっているのだろうが、正直こうした安直なパロディに何の意味があるのかまったくわからなかった。意味不明といえば、毎回、菊池風磨ら運営の人間がただガツガツと食事を取るだけの“飯テロ”シーンでドラマのラストを飾る演出も、あれは一体何だったのだろうか。

「ジャニーズドラマ」のための設定変更

 『R4』は全8話で展開されたが、後半はかなりオリジナル色も増した。

 2017年版ではドラマ4話を使って描いた第1ゲームを、『R4』では第1話だけで終わらせるなど、かなりスピーディではあったが、当初は大筋は原作どおりに進んだ。2017年版では省略された第2ゲーム「陰口すごろく」も『R4』にはあったぐらいだ。

 しかし後半戦となる第5話では、第4ゲームをすっ飛ばして「大人のトモダチゲーム」へと話が飛び、「友情の檻ゲーム」がスタート。これが第8話まで続くことになるが、ここで登場人物が大幅に変更。原作と違い、第3ゲームで戦った「Kグループ」の全員が参加するのだ。本来は紫宮京(美 少年・藤井直樹)ひとりだけが参加する。

 Kグループは5人全員を美 少年とHiHi Jetsのメンバーで演じていたので、1.5話ぶんしかない第3ゲームだけで退場というわけにはいかず、出番を増やす必要があったのだろう。そもそも、『R4』は主人公の友一を美 少年の浮所飛貴が演じているにもかかわらず、「浮所主演」という表現が一切なく、「美 少年とHiHi Jetsの共演」といった言い回しなのが謎だったが、建前上、浮所以外も“同格”という扱いにしたかったのではないか。

 Sexy Zoneの菊池風磨が演じた火室ノベルもドラマオリジナルだ。ノベルは主人公・友一の“兄”という設定だったが、おそらく原作において次のゲームから登場するある人物の設定を意識したものだろう。「トモダチゲームの主催者」ということになっていたり、全然違うキャラクターだが……。

 『R4』の最終回は、「友情の檻ゲーム」を終えた後に完全オリジナル展開を迎え、ノベルが“ラスボス”として友一に「トモダチ絶交ゲーム」を仕掛ける。これが、Cグループにいる裏切り者を見破れというヌルい内容で、オチは“この4人の中に真の裏切り者は誰もいない。ノベルが渡した鍵の数は4つで、本当に裏切り者がいるなら渡す鍵は3つにするはずだ”というもの。友一が出す結論も、第2ゲームのラストの展開に似たもので、意外性はまったくない。

 運営とつながっていた“裏切り者”については、その後の原作の展開を多少意識してはいるようだが、やはりまったく内容が違う。ほかにも「トモダチゲーム」の考案者の設定が変わっていたり、終盤はすっかり“原作無視”といえるものだった。

 もっとも、擁護できる部分はある。原作はまだ連載中で、「トモダチゲーム」の目的など肝心なことはまだ何ひとつわかってない状況。ある程度はオリジナルで終わらせるしかないのだから。とはいえ、最終回に完全なオリジナル展開を用意するのは思い切ったものだ。(1/2 こちら

12

ジャニーズ版『トモダチゲーム』、“忖度”展開で「原作とは完全別モノ」ラストの是非のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真