日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『石子と羽男』TVerランキング独走続く
TVerドラマ人気ランキング

『石子と羽男』独走続く、『新・信長公記』は再放送作に破れ…TVerドラマ人気ランキング

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

『石子と羽男』独走続く、『新・信長公記』は再放送作に破れ…TVerドラマ人気ランキングの画像
『石子と羽男』Paravi配信ページより

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2022年3月には月間動画再生数が歴代最高となる2.5億回を突破し、2022年7月にはアプリ累計ダウンロード数が5000万を超えるなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVerの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は9月10日(土)~9月16日(金)までを観測した結果(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)をお伝えする。

『石子と羽男』逃げ切りへ、『魔法のリノベ』が3位争い制覇

 今回の結果は以下のとおり。

『石子と羽男』独走続く、『新・信長公記』は再放送作に破れ…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 いよいよ最終回のシーズンとなり、先週『復讐の未亡人』がランク外となったのに続き、『オールドルーキー』も消えた。『ユニコーンに乗って』はまだ最終話の視聴が続いたため、ポイントは落としたもののトップ10内に入っている。

 変動が多くなってきた本人気ランキングだが、『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』の独走は変わらず、というよりむしろ強化される形で9週連続の1位となった。ポイントが前週比で30以上増えているが、これは日曜の『オールドルーキー』が終了したことにより、特に金~日放送の人気ドラマの順位が上がりやすくなったため。いつもなら月曜昼~火曜のTVer総合ランキングは『オールドルーキー』が首位を走っていたが、『オールドルーキー』が消えたことにより『石子と羽男』がTVer総合ランキングの首位に君臨する期間がまるまる1日伸びている。さらに、今週はトップ10内をずっとキープしていた。16日に最終回を迎えたが、このぶんなら最後まで逃げ切ることだろう。2位常連の『六本木クラス』もわずかにポイントを伸ばしたが、翌日に『石子と羽男』の放送(配信)があるためにTVer総合ランキングでの動きは少なかった。

 3位争いから『ユニコーンに乗って』『オールドルーキー』が外れたことで、『魔法のリノベ』と『競争の番人』のフジ系ドラマ一騎打ちとなったが、『魔法のリノベ』が制する形に。『競争の番人』は前週とポイントがほぼ変わらず、低空飛行気味だったために順位を落としているが、『魔法のリノベ』はポイントが上昇。TVer総合ランキングの推移を見ると、12日放送の第9話の1位期間が伸びたことが功を奏したようだ。これは火曜放送(配信)の『ユニコーンに乗って』が終了したことが月曜放送(配信)の『魔法のリノベ』の追い風となったわけだ。そう考えると『競争の番人』の伸び悩みが気になるが、12日放送の第10話で実質の最終回を迎え、19日放送の第11話は(ここのところの月9の恒例である)余談的なエピローグとなりそうなので、さらに落ち込みが懸念される。上位常連の『NICE FLIGHT!』も4位にランクインしたものの、9日放送の第8話で最終回となったわりにポイントが伸びるどころか落ちてしまい、息切れ感が目立った。

『新・信長公記』、再放送『ガリレオ』にも破れる

 日テレドラマの不振が相変わらずだが、評判の高い『初恋の悪魔』はともかく、『家庭教師のトラコ』は放送終了後の『ユニコーンに乗って』以下というさびしい結果。さらに厳しいのが『新・信長公記 ~クラスメイトは戦国武将~』で、『オールドルーキー』終了効果でTVer総合ランキングでは久々に最高位2位まで到達するなどポイントが上昇したが、それでも新作映画『沈黙のパレード』公開記念でシリーズ一挙配信中の『ガリレオ』第2シーズン(2013年放送)に僅差で破れてしまった。『ガリレオ』はTVer総合ランキングでトップ10に入ることはないものの、トップ30内にずっと留まってポイントをじわじわと伸ばしていたのに対し、『新・信長公記』はついにTVer総合ランキングのトップ30内に入っている期間が3日に留まってしまったことが敗因だ。『ガリレオ』の配信は9日配信ぶんで終了なので次週には影響しないと見られるが、『新・信長公記』は最終回が近づいてきたなかで復調どころか“悪化”傾向にあるのは気がかりだ。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

最終更新:2022/09/17 12:00

『石子と羽男』独走続く、『新・信長公記』は再放送作に破れ…TVerドラマ人気ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真