日刊サイゾー トップ > エンタメ  > TGSで注目のスペイン発最新ゲーム

東京ゲームショウでも注目!世界のゲーム市場で存在感を増すスペイン発の最新ゲーム

文=伊藤綾(いとう・りょう)

東京ゲームショウでも注目!世界のゲーム市場で存在感を増すスペイン発の最新ゲームの画像1
「Games from Spain」国内外のゲーム関係者でにぎわう会場。

 3年ぶりの開催となった今年の東京ゲームショウに、「Games from Spain」としてスペインから12の企業と団体がリアル出展した。

 9月14日にはその前夜祭として、スペイン貿易投資庁とスペイン大使館商務部の主催する「スペインゲーム祭」が秋葉原で開催され、スペインのゲーム業界や出展各社のゲームが紹介された。

映像分野に注力するスペイン政府

 歓談しながらの立食パーティー形式で開催された「スペインゲーム祭」。会場のメインフロアでは、スペインゲーム業界の紹介や各出展団体によるプレゼンを実施したほか、別フロアには各出展団体のゲームの試遊や商談ができるスペースも用意された。

 イベント冒頭、主催者のスペイン大使館商務部・文化産業担当である金関あさ氏は、「東京ゲームショウには長い間参加してきましたが、パンデミックの影響で今回3年ぶりにスペインから11社が来日となりました。各企業・団体と日本の皆様が交流していただきたく、このような会を催させていただく運びとなりました。ぜひ、今夜は活発に交流していただければなと思います」と、あいさつ。

 「ヨーロッパにおいてスペイン政府はゲームだけではなく、“オーディオビジュアルのスペイン”として、さまざまな共同制作などを推進するなど、映像分野に力を入れております。ご関心があれば我々、商務部の方にぜひお声がけください」」と語った。

東京ゲームショウでも注目!世界のゲーム市場で存在感を増すスペイン発の最新ゲームの画像2

 その後、世界中でも高い人気を誇るソニック・ザ・ヘッジホッグのキャラクターデザインなどを手がけた大島直人氏による「サルー(スペイン語で乾杯)」の発声に続き、昨今のスペインのゲーム市場に関するプレゼンが行われた。

東京ゲームショウでも注目!世界のゲーム市場で存在感を増すスペイン発の最新ゲームの画像3
スペインのゲーム市場を紹介する合同会社SHINYUDENの代表ルイス・ガルシア氏

 人口4700万人ほどのスペインのゲーム市場は規模としては、中国やアメリカ、日本などと比べると小さいが、カナダやイタリアに続きトップ10にランクイン。パッケージ版とデジタル版を合わせた2021年の売上高は約18億ユーロで、ゲームジャンル別では「アクション」「スポーツ」の人気が高いことなどが特徴のようだ。スペイン国内では廃業数を上回るかたちで新たなゲーム開発会社が設立されており、ゲーム業界の雇用者・人材も増加傾向にあるという。

12

東京ゲームショウでも注目!世界のゲーム市場で存在感を増すスペイン発の最新ゲームのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真