日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > HiHi Jetsは「令和のSMAP」になる?

HiHi Jetsは「ポテンシャルが異様に高い」? あの芸人が「令和のSMAPになれる」と絶賛

HiHi Jetsは「ポテンシャルが異様に高い」? あの芸人が「令和のSMAPになれる」と絶賛の画像
マキタスポーツの推し、HiHi Jets

 Travis Japanのデビューが決定し、にわかにざわつき始めているジャニーズJr.界隈。ファンの間では次にデビューするのはどのグループかという話題が改めて盛り上がっているが、芸能界には“HiHi Jets推し”がいるようだ。

 HiHi Jetsの魅力を熱く語ったのは、朝ドラや大河ドラマにも出演するなど俳優としての活躍でも知られる芸人・マキタスポーツ。5日放送の『パンサー向井の#ふらっと』(TBSラジオ)にゲスト出演した際に、娘の影響で最近ジャニーズアイドルにハマっていると切り出した。

 「僕はまだ未デビュー、デビューしていないジャニーズJr.にいま注目をしていて、その中でもHiHi Jetsというグループ」を推しているというマキタスポーツ。メインパーソナリティのパンサー・向井慧が一緒に仕事をしたことがあると明かし、「もちろん、みんなやっぱ、すごい前のめりで。“何か残そう”っていうのが心地よくて。その中でも猪狩くん」と、猪狩蒼弥の名前を挙げると、マキタスポーツは「あー出た! はいはい! おめでとう!」となぜか祝福。

 向井が続けて「(猪狩は)一番なんかこう、“お笑いやりたい”“バラエティやりたい”って気持ちが出てて、なんだったら『連絡先交換してください』とかっていう感じがあって、わざわざ来てくれたり」と猪狩を褒めると、マキタスポーツも、「自分の言葉をラップに乗せてフリースタイルでいかようにでも操ることができるし、普通に平場でしゃべっても、すごい言葉(のボキャブラリー)を持ってる。ジャニーズの今までの中でも、新種の、特異の感じの存在感」と絶賛した。

 また、マキタスポーツは「とにかくHiHi Jetsというグループはですね、まだデビューはしていないものの、ポテンシャルがすごい、異様に高いグループだと僕は思ってるんです」と話し始め、「ともすればですよ? “令和の時代のSMAP”になってくれるんじゃないかなってぐらいの期待を込めてるんです」と熱弁。グループには「キラキラとした王子様タイプ」だけでなく、「中居(正広)くんさながらの、ビシビシMCで仕切ってツッコんでっていう人」「人に可愛がられるキャラクターの人」「細マッチョでカッコいい人」「シュッとして、ダンスにものすごい長けてる人」と個性的なメンバーが揃っているとし、「これがひとかたまりとなった時……猪狩くんだけでもダメなんですよ、みんながガッとなった時の、大蛇のようにうねり始めるグルーヴというか、その存在感がとにかくヤバい」「カッコよくてしょうがない」と、5人全員が集まった時にさらなる爆発力があるとも語った。

 HiHi Jetsはさまざまなメンバーの変遷を経て、2018年に現在の5人組体制に。今では珍しいローラースケートを使ったパフォーマンスを得意とするグループで、同年からは美 少年と共にレギュラー番組『裸の少年』(テレビ朝日系)を持ち、オリジナル曲も多数。昨年11月には国立代々木競技場第一体育館で初の単独アリーナクラスでのコンサートを開催・成功させ、今年4月期には初のグループ主演ドラマ『全力!クリーナーズ』(朝日放送)が放送されるなど、いまもっとも勢いのあるジャニーズJr.グループのうちのひとつだ。

「娘さんがHiHiのファンらしく、だいぶ色眼鏡もある印象ですが(笑)、バラエティ慣れもしていますし、大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演していた井上瑞稀、『#リモラブ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)『純愛ディソナンス』(同)と民放ゴールデン・プライム帯ドラマのレギュラー出演が続いている髙橋優斗など、俳優業でも目立つメンバーもおり、確かに総合力は高いと言えるかもしれませんね。ラップが得意で、振り付けもこなすなどアーティスト志向の猪狩、高いダンス技術を筆頭になんでもこなせる作間龍斗、イケメン筋肉おバカキャラの橋本涼と、メンバーの個性も確立されています」(アイドル誌記者)

 特に髙橋の存在は際立つという。

「髙橋にいたっては、『#リモラブ』の番宣も兼ねていたとはいえ、2020年に『ジャニーさん最後の推しメン』という謳い文句で『しゃべくり007』(日本テレビ系)にジャニーズJr.ながら単独出演するという異例の厚遇も受けています。実際、故ジャニー喜多川氏の“スペオキ”だったとも言われており、ジャニー氏の家族葬では、ジャニーズJr.の代表としてスピーチも任されました。ほかにスピーチをしたのは近藤真彦、東山紀之、堂本光一のみ。髙橋が別格の存在であることが窺えます」(同)

 今年の日本テレビ系特番『24時間テレビ』では、番組内企画「24時間もヒッパレ!あの名曲に会いたい!」で中山秀征らと共に、TikTokなどで流行中のSEKAI NO OWARI「Habit」をダンスカバーしたHiHi Jets。

 昨年11月の単独アリーナ公演をジャニーズJr.公式YouTubeチャンネルで発表した際は、ジャニーズJr.を統括する滝沢秀明氏が見守る中で、髙橋が「どのJr.のグループよりも、どのJr.よりも。最速で、次のデビューはHiHi Jetsが掴みに行きたいと思っています」と宣言していたことも記憶に新しい。“次のデビュー”はTravis Japanに奪われた格好だが、マキタスポーツら業界内のファンのバックアップを受けて彼らはいずれ「令和のSMAP」となれるだろうか?

宇原翼(ライター)

雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。

うはらつばさ

最終更新:2022/10/08 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed