日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『silent』と『石子と羽男』の共通点

川口春奈×目黒蓮『silent』は秋の覇権ドラマに? 夏ドラNo.1『石子と羽男』との共通点

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

川口春奈×目黒蓮『silent』は秋の覇権ドラマに? 夏ドラNo.1『石子と羽男』との共通点の画像
フジテレビ総合エンタメメディア「フジテレビュー!!」より

 川口春奈主演、Snow Man・目黒蓮が共演するフジテレビ系木曜劇場『silent』が好調だ。

 10月6日に初回が放送されたが、8日の発表では、第1話の見逃し配信(FOD、TVer、GYAO!の合計)が2日間(10月6日~7日)で160万再生を突破。これは今年1月期に放送された月9『ミステリと言う勿れ』の145万回/2日間を超え、フジテレビとしては過去最速の記録になるという。

 TVerの総合ランキングでは、放送翌日の金曜よるには首位を獲得し、以降、日曜よるまで首位を独占している。初回の世帯平均視聴率は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と決して高いものではなかったが、ドラマの内容には絶賛の声も多く、その評判も後押ししているのだろう。

 木曜よる10時の木曜劇場の枠は、かつては数々のヒット作を生んだ枠だが、『報道ステーション』(テレビ朝日系)を筆頭に、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)と競合が強く、近年はかつてのような高視聴率は取れていない。それゆえ期待されているのが配信人気だが、この『silent』の評価の高さと配信人気の盛り上がりは、夏ドラマの『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)を想起させるところがある。

 『石子と羽男』は、世帯視聴率こそ全話平均7.3%で、民放のゴールデン・プライム帯ドラマでは13作品中7位という結果だったが、オリコンによるドラマ満足度ランキングで10話すべてで首位を獲得するなど視聴者から厚い支持を得ており、TVerでも他を圧倒する人気ぶりだった。夏ドラマのナンバーワン作品だったと言っても過言ではないだろう。

 『silent』の配信人気は、TVerのお気に入り登録者数の推移からもうかがえる。放送直前のお気に入り登録者数は24万ほどだったが、放送後に急伸。8日までに60万を超え、9日24時時点では71.5万人にまで膨らんでいる。『石子と羽男』ですら60万強だったことを考えると、今後『silent』はTVer総合ランキングで“無双”となる可能性を秘めているのだ。

 TVerは今期、「事前お気に入り」キャンペーンと題し、予告動画などをTVerでも配信することで事前のお気に入り登録を呼びかけてはいたが、やはりドラマのお気に入り登録者数は本編スタート後に伸びる傾向にある。すでにスタートしている山田涼介主演『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系水曜ドラマ)、玉森裕太主演『祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~』(日本テレビ系土曜ドラマ)と比較してみると、『親愛なる僕へ殺意をこめて』は42.6万人、『祈りのカルテ』は22.9万人。ドラマのお気に入り登録者数は40万を超えるだけで十分すごいのだが、70万超えとなる『silent』がいかに注目されているかが伝わるのではないか。(1/2 P2はこちら

12

川口春奈×目黒蓮『silent』は秋の覇権ドラマに? 夏ドラNo.1『石子と羽男』との共通点のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真