日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 滝沢秀明氏は芸能界変革の旗手となるか

ジャニーズ退所ラッシュ間近? 滝沢秀明氏は芸能界変革の旗手となるか

文=与良天悟(よら・てんご)

ジャニーズ退所ラッシュ間近? 滝沢秀明氏は芸能界変革の旗手となるかの画像
滝沢秀明氏

 芸能界をひっくり返すほどの大ムーブメントが起こるのか、業界関係者も推移を見守っている。

 滝沢秀明・元副社長の突然の退任劇に続き、King & Princeからメンバー3人が脱退・退所予定であることが発表され、激震が走っているジャニーズ事務所だが、今後さらなる退所ラッシュとなる可能性があるという。

 一部報道では、滝沢氏がデビューさせ、今や人気グループへと成長したSixTONESとSnow Manの両グループが今年に入って藤島ジュリー景子社長の“管轄”となり、滝沢氏のもとから離れたことが引き金だったとされている。

「ジャニーズJr.の育成を主に担っていた滝沢さんですが、SixTONESとSnow Manがブレイクした背景には、滝沢さんがあちこちに自ら足を運んで営業して回ったことも大きい。そもそも、同じ事務所とはいえそれぞれ異なるレーベルに所属するグループを同時デビューさせるには、さまざまな調整も必要ですからね。彼らの成功は明らかに滝沢さんの手腕によるもので、いくら“育成期間終了”とはいえ、手塩にかけたグループからあっさり手を引けというのは酷な話。しかも滝沢さんの意向を聞かずに決まったことのようで、滝沢さんが不満を抱えても当然でしょう。夏頃には滝沢さんはジャニーズJr.の現場にも姿を見せなくなったといい、その頃から異変を感じ取っていた関係者もいたようです。

 また他にも、滝沢氏が命名したジャニーズJr.ユニット『IMPACTors』の単独公演が秋に決まっていたものの、ジャニーズ事務所本体から横槍が入って白紙撤回させられたことが決め手になったという報道もありますが、いずれにせよ、ジュリー社長のもとではやっていけないという話ですよね」(芸能記者)

 ジュリー社長に気に入られなければ生き残れない……そんな空気はタレントの中にも流れているようだという。

「なにわ男子をジュリー社長がプッシュしているのは、お気に入りの関ジャニ∞・大倉忠義がプロデュースで関わっており、さらにジュリー社長の娘がなにわ男子の道枝駿佑のファンだから、というのは以前から言われていたことでした。キンプリの分裂騒動でも、故・ジャニー喜多川氏を慕う平野紫耀に対し、ジュリー社長が冷遇していたという話も出ていますが、実際、ジュリーさんの社長就任後、キンプリは一時期仕事が明らかに少ない時期があり、事務所に干されているのでは?とファンが疑っていたこともありました。キンプリの中でも、残留する永瀬廉がここのところ俳優として猛プッシュされているのは、なにわ男子の西畑大吾と仲が良い永瀬がジュリー社長に気に入られるようになったからだという話も。今年は連ドラ主演2本、主演映画1本ありましたが、来年は広瀬すず主演ドラマへの出演に加え、主演映画もすでに決まっているとも聞きます」(同)

 となると、危ぶまれるのはジュリー社長との距離が遠いタレントということになるが……。

「かつてSMAPのマネジャーだった飯島三智氏の派閥、いわゆる“飯島派”だったグループは戦々恐々としている様子。中でもKis-My-Ft2とA.B.C-Zは、デビューできたのは滝沢さんがジャニーさんに話をしてくれたおかげだと河合郁人がテレビ番組で明言していたくらいですから、その滝沢さんもいなくなり、心もとない状況でしょうね。山下智久はジャニーズ時代、最初はNEWSのメンバーだったので“ジュリー派”だったものの、ソロになって“飯島派”に転向。SMAP解散騒動で飯島氏が退社後は、ジュリー社長に頭を下げてふたたび軍門に下ったといいますが、それでも退所直前に報じられた未成年飲酒問題では、生粋の“ジュリー派”であるKAT-TUN・亀梨和也は厳重注意に留まったのに対し、山下が芸能活動自粛処分になったのは、かつてジュリーさんのもとを離れたからだと囁かれています」(同)

 気になるのは、滝沢氏の今後だ。芸能関係者が語る。

「滝沢氏は、自分こそジャニー氏の遺志を継いでいるという自負があります。それがあるからこそ、ジュリー社長に迎合することができなかった。当然、“世界で通用するアーティストをつくる”という夢はあきらめておらず、本人は否定しているものの、新事務所でふたたび再出発を図るのは確実でしょう」

 滝沢氏が11月7日にTwitterのアカウントを開設するや、山下智久、赤西仁、錦戸亮といった人気の元ジャニーズタレントたちが一斉に言及。改めて存在感を示したが、滝沢氏の人望はタレントだけに留まらないという。

「副社長に就任して以来、滝沢氏は社員の福利厚生や待遇面の改善にも乗り出していた。ギスギスした環境のジャニーズに残るよりも、滝沢氏のもとで働きたいと思うスタッフも少なくないのではないか」(テレビ関係者)

 実業家の堀江貴文氏は、滝沢氏の退任について自身のYouTubeで持論を述べており、「もともとタレントさん、フロントマンなので、ファンもいっぱいいるわけですよね。彼が活躍してマネジメントまでうまくやっちゃったら、自分たちの立つ瀬ないじゃん、っていうのが(事務所側の)危機感として僕はすごく大きいと思う」と推測。「日本の芸能界が大きく変革する転機になるんじゃないか」とも予想している。

 タレント、アーティストとして人気を誇りながら、事務所を立ち上げ、マネジメントを成功させている例では、BE:FIRSTを生んだSKY-HI(日高光啓)が挙げられる。日本における旧来の“事務所が強い”マネジメントではなく、所属タレントと代表が肩を並べて話し合い、共に方向性を考えていくというやり方は、ファンからも厚い支持を得ており、滝沢氏はこれに続き、日本の芸能界における旧態依然とした事務所とタレントの関係性を更新していくかもしれない。

 Twitterアカウントでは、普通にツイートするのではなく、プロフィール欄を更新するという斜め上の発想で話題を振りまいた滝沢氏。本人は否定したものの、一部報道ではすでに新事務所は設立済というが、「滝沢 動きます」と報告する日を待っているのは、他ならぬジャニーズ事務所に残された“滝沢派”のタレントたちかもしれない。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2022/11/16 09:00

ジャニーズ退所ラッシュ間近? 滝沢秀明氏は芸能界変革の旗手となるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真