日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 清原果耶ドラマに原作者トラブル報道

清原果耶『城塚翡翠』新シリーズ開始直後に「特別編」の不可解…あのトラブルと関係?

文=宇原翼(うはら・つばさ)

清原果耶『城塚翡翠』新シリーズ開始直後に「特別編」の不可解…あのトラブルと関係?の画像
ドラマ公式サイトより

 清原果耶が主演する日本テレビ系日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』が11月13日に最終回を迎え、翌週から“続編”となる『invert 城塚翡翠 倒叙集』がスタートしたが、第1話放送の翌週に『霊媒探偵・城塚翡翠』を振り返る「特別編」が放送されるという不可解な編成に、視聴者から不満の声が上がっている。

 『霊媒探偵・城塚翡翠』と『invert 城塚翡翠 倒叙集』は、相沢沙呼氏による人気小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』と『invert 城塚翡翠倒叙集』『invert II 覗き窓の死角』(すべて講談社)をそれぞれ実写化したもの。

 全5話で完結した『霊媒探偵・城塚翡翠』は、“犯人が視える”という特殊能力をもつものの、その霊視には証拠能力がないという弱点のある霊媒師・城塚翡翠(清原果耶)が、その推理力から警察にも協力している推理小説作家・香月史郎(瀬戸康史)とタッグを組み、殺人事件を解決していくという特殊設定ミステリー。だが最終話で、実は香月は連続殺人犯であり、さらに翡翠には霊能力などなく、すべては驚異的な洞察力が導いた推理の結果で、香月を逮捕に追いやるための芝居だったことが明らかに。

 原作の世界観を忠実に再現し、さらに第5話で“大どんでん返し”となる展開、「特殊能力のせいで友人ができない、物静かな薄幸の美女」から「自分を霊媒師だと信じきっていた香月をあざ笑うドS美女」に変貌する清原果耶の演技などは絶賛された。

 そして11月20日からは『invert 城塚翡翠 倒叙集』と新たなスタートを切り、犯人が最初に明らかにされる「倒叙」モノの推理ドラマへとシフトしたのだが……。

「11月20日に『invert』の第1話が放送されたのですが、翌週27日はいきなり特別編となり、『霊媒探偵・城塚翡翠』における伏線について振り返り、説明する回となりました。新撮映像はあったものの、ほとんど『霊媒探偵・城塚翡翠』の総集編といった内容。『invert』でドラマのノリもがらりと変わったタイミングでのこの“総集編”放送に水を差された思いの視聴者も多かったようで、『なんでinvertの1話やった後、これやるの? 衝撃を受けた5話での、せっかくの清原果耶の見事な長台詞が台無しにされたような気がした』『ただの総集編にしか見えんかった。半分寝落ちしてた』『ほぼこないだの最終回リピート回。なんで今日これ?』『ドラマとしては面白いけど、なんでこんな変な構成?』など、特別編の放送タイミングに疑問や不満の声が多く上がったんです」(テレビ誌記者)

 中には「撮影間に合わなかったのかな」「トラブルで撮影が押した?」といった声も出ている。

「実は『週刊女性』12月6日号(主婦と生活社)で“原作者トラブル”が報じられていたんです。当初は『TOKYO MER~走る緊急救命室~』『マイファミリー』(ともにTBS系)などのヒットで知られる黒岩勉氏が脚本を担当する予定だったものの、原作者から『さんざん口出し』があったため、黒岩氏が降板してしまったと伝えています。実際、原作者の相沢氏は脚本協力としてクレジットされていますが、『霊媒探偵・城塚翡翠』について相沢氏は『四話、脚本をまるっと書かせて頂きました。オリジナル要素を含んだ展開ですが、僕のせいです!』とツイートしており、第4話は脚本として名前を連ねていますし、『最終話、ほぼ二人芝居で舞台のような脚本(僕のせい)』とも言及しています」(芸能記者)

 相沢氏は「週刊女性」の報道に猛反論しているようだが、何らかのトラブルがあったことは匂わせているという。

「相沢氏は『ミステリの場合、ロジックの不備や不成立に気付いたら指摘するのは当たり前のことです』『最低限、ストーリーが成立するように頑張っているだけですので……』『ファンの皆さんをガッカリさせたくなくて、本当にそこを大事にして頑張っておりますので……』『キャストさんたちのためにも、寝ないで頑張り続けましたので……』『小説を書く時間も眠る時間も持てずに、必死にリカバリーに走り、どうにかこうにかしてきたのに、最終的に悪者扱いされて汚名を着せられるの本当に報われない』などと連投ツイート。実際、放送前にも脚本協力として関わっている理由について『あまりにも複雑なことをしているため、脚本に本格ミステリ的な視点がないと矛盾が多く発生しますし、使われている理論がそのままだと適用できない恐れがあるため』と説明していましたし、本人の言うように、あくまで“作品を守るため”に指摘しなければならないことがいろいろとあったのでしょう。

 ただ、『これは一般論ですが、約束を破られたら、普通の人は距離を取りますからね……』といった意味深なツイートもあり、制作サイドが何らかの不義理をしたようにも読めます。このあたりが脚本の件と関わっているのでは」(同)

 一方、特別編の放送タイミングについては、2022FIFAワールドカップの影響ではないかと指摘する声もあるが……。

「サッカーのワールドカップが大盛り上がりのため、時間がかぶったドラマは軒並み視聴率が急落。中でも、山田涼介主演の『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)は11月23日放送回が世帯2.5%という衝撃的な数字となりました。もともと視聴率の厳しい作品ではありましたが、それでも前話は4.4%あり、2ポイント近くのダウンです。同日同枠の日テレドラマ『ファーストペンギン!』も、前話7.0%から4.9%とやはり2ポイント以上ダウンしている。そして、特別編が放送された11月27日は日本対コスタリカ戦の日で、あのNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ですら世帯6.2%で、前話から5ポイント近く数字を落としています。

 そのため、ワールドカップの影響で『invert』の第2話の数字が落ちるのを避けるために、11月27日は“捨て回”として特別編にしたのではとの憶測の声もあります。流れ的には『霊媒探偵・城塚翡翠』最終話の翌週に今回の特別編をやって、それから『invert』を始めたほうが自然ですからね」(前出・テレビ誌記者)

 『霊媒探偵・城塚翡翠』では第4話ラストで次回最終話と発表、「これまでのテレビドラマの常識を覆す、前代未聞の仕掛けが!」と散々煽ったうえに、番組表にもちゃんと【終】マークを入れるというプロモーションを仕掛けたものの、残念ながら視聴率面でもTVerなどの配信人気でも“無風”の状態となってしまった。特別編の放送が中途半端なタイミングになった理由が何であれ、特別編が水を差してしまったことで、さらに数字が悪化することがなければいいのだが……。

宇原翼(うはら・つばさ)

宇原翼(うはら・つばさ)

雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。

最終更新:2022/12/04 08:00

清原果耶『城塚翡翠』新シリーズ開始直後に「特別編」の不可解…あのトラブルと関係?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真