日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ABEMAが加藤浩次を狙ってる?

W杯で絶好調! ABEMAが新“帯番組”構想で『スッキリ』打ち切りの加藤浩次を狙う?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

絶好調! ABEMAの新帯番組構想、『スッキリ』終了後の加藤浩次を狙う?の画像1
加藤浩次

 日本テレビの朝の情報番組『スッキリ』の後番組に、タレントのヒロミがMCに就任するという話が浮上している。現在、極楽とんぼの加藤浩次がMCを担当する『スッキリ』は、来年3月で終了。17年間にわたって放送された人気番組ながら、終わりはあっけないものだった。

「『スッキリ』の終了情報は、11月9日にネットメディア『週刊女性PRIME』で報じられました。日本テレビからの正式発表がある前に、『週女』の取材を受けた加藤が、終了を匂わせるようなコメントもしてしまった。結果として、日本テレビがこれを認めることに。そのせいで、加藤と日テレの“確執”が取り沙汰されるようになってしまったほか、この報道が出るまで終了が伝えられていなかった岩田絵里奈アナが会社に不信感を抱いたなんて話まで飛び出しました」(スポーツ紙記者)

 『スッキリ』打ち切りの原因は視聴率の低下などさまざま噂されているが、「アイヌ民族に対する差別的表現」や「ペットサロン」報道トラブルが問題視され、放送倫理・番組向上機構(BPO)で審理にかけられるなど、トラブルも多かった。

「最近は視聴率の低下に伴って、ネットでバズりそうな安易なネタを取り扱う頻度も多くなった。結果、クレームも多くなってきています。また、2019年の闇営業問題の際に、加藤が吉本興業と揉めたことも大きかった。結果、加藤はエージェント契約になったり、個人事務所を設立したりと、吉本と対立する構図ができた。日テレとしては、大口の取引先である吉本とは揉めたくなく、再三に渡って加藤に吉本との“関係修復”を打診しましたが、やはり難しかった。そういった意味でも、一度『スッキリ』は終了して、いろいろと整理したいというのが本音のようです」(民放関係者)

 一説には、同番組で1本100万円ものギャラをもらっていたという加藤。吉本の“後ろ盾”がない今、その収入源を絶たれれば、かなりの痛手となるのは間違いないだろう。

 しかし、そんな加藤に意外な“救世主”が現れるかもしれないという。

「加藤さんにはABEMAから帯番組の打診があると聞きます。現在、ワールドカップの中継で大注目を集めているABEMAですが、もともと良質なバラエティー番組を配信していることでも知られている。極楽とんぼの番組も多く、『極楽とんぼKAKERUTV』は、コンビ活動復活後に初となる2人でのレギュラー番組にもなった。そんなABEMAが、加藤を使って朝の帯番組をやるのではないかと噂が広まっているんです。『スッキリ』のおかげで、加藤は“朝の顔”として認知されていますし、獲得できれば話題になる。かなりオイシイところでしょう」(同上)

 そこには、「新しい未来のテレビ」をテーマにするABEMAの、壮大なる野望があるからだという。

「ワールドカップでこれまでになく知名度は上がったABEMAですが、ほかに面白いコンテンツがなければ視聴者はすぐにいなくなる。そこで、ユーザーの視聴習慣がつきやすい帯番組の構想が出ているんです。夜の帯番組『ABEMA Prime』をすでに持っていますが、さらに朝か昼で大型の番組プロジェクトが水面下で動いているというハナシ。そのMCに加藤が就任するのではないかということなんです」(スポーツ紙記者)

「加藤とABEMAの相性はバツグン」と、一緒に番組制作もしたテレビ関係者は話す。

「もともと“狂犬”キャラだった加藤さんですが、『スッキリ』では言いたいことは抑え込まれますし、テレビ関係者はいまだに吉本との関係にビビっている。フラストレーションが溜まっている状態だと思います。それならば、しがらみの少ないABEMAでムチャクチャやるのもやぶさかではないのでは。

 しかも『スッキリ』は、吉本芸人が多数出演する朝帯の『ラヴィット!』(TBS系)に視聴率を食われた部分もある。吉本と対立する加藤さんがABEMAで帯番組を持って、『ラヴィット!』に“逆襲”する構図は、かなりワクワクしますよ。地上波はコンプラでガチガチですが、ABEMAは比較的ユルめですし、朝から大暴れする加藤さんを見たいです」

 ここ最近では、すっかりと“善人キャラ”が定着した加藤浩次。地上波からはスッキリと足を洗って、。ぜひともABEMAでムチャをしてほしいところだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2022/12/05 20:00

W杯で絶好調! ABEMAが新“帯番組”構想で『スッキリ』打ち切りの加藤浩次を狙う?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真