日刊サイゾー トップ > エンタメ  > アンジャ渡部建「完全無視」なキー局

アンジャ渡部建、ABEMAで本格復帰「完全無視」なキー局の不甲斐なさ浮き彫りに

アンジャ渡部建、ABEMAで本格復帰 「完全無視」なキー局の不甲斐なさ浮き彫りにの画像1
渡部建

 今年2月にチバテレビ『白黒アンジャッシュ』に出演し、芸能活動を再開したアンジャッシュの渡部建(50)が、11月25日配信のABEMA『有田哲平の引退TV』に出演。旧知の仲であるくりぃむしちゅーの有田哲平(51)とトークを展開した。

 “極めて近い将来に引退する”と宣言した有田が、“引退すべき”だと思う芸能人に引退勧告をするという同番組。有田は、“芸能界で初めてできた友人”だという渡部に対し、現在の心境や謹慎中の様子など、かなり深い部分に迫っていた。

「実際に渡部さんが引退を考えていたことや、それでも踏みとどまって復帰を決断したこと、最近の芸能以外の活動、さらに若手時代の話も含めて、これまであまり語られていなかった部分の話も多く出ていました。渡部さんの“本格復帰第1弾”の番組としては、素晴らしい内容だったと思います」(バラエティー番組関係者)

 2020年6月、『週刊文春』(文藝春秋)に複数の女性との不倫関係が報じられ、芸能活動を自粛することとなった渡部。今年2月に騒動前から続いているレギュラー番組『白黒アンジャッシュ』に復帰したものの、それ以降はほとんどメディアには登場していなかった。

「最近になってYouTubeにちょくちょく出るようになり、11月24日には『超一流の会話力』(きずな出版)というビジネス本を出版。いよいよ本格復帰というタイミングで、最初に出演したチバテレ以外のバラエティーがABEMAの配信番組という形です」(同)

 さらに、同じくABEMAで11月27日配信の『チャンスの時間』にも登場した渡部。『千鳥ノブのお仕事相談室』という企画で、インカムで千鳥大悟から指示を受けるノブと対談した。

「『引退TV』ではデリケートな部分にも触れつつ、本音を明かしていく内容でしたが、『チャンスの時間』は完全なるイジられ役となり、千鳥の手腕もあって、ストレートな“お笑い”となっています。『ノブと渡部で撮って載せる写真のハッシュタグは何?』という問いには、絶妙な間の後に『#新旧テレビスター』と回答。大喜利力も見せつけ、まさに芸人としての渡部さんが復活した瞬間といえるでしょう」(同)

 今回、渡部の本格復帰の場となったのが、いずれもABEMAの番組だったということで、地上波バラエティーの不甲斐なさを指摘する声も少なくない。

「たしかに地上波よりもABEMAのほうが自由度が高く、スポンサー受けの悪い渡部さんでも起用しやすいという事情があるのはわかります。

 でも、今回の『引退TV』も『チャンスの時間』も、決して過度に“攻めた”内容というわけではなかった。ただ“渡部さんが出ている”というだけで、内容自体は地上波でやっていても、なんらおかしくはないものでした。深夜帯のバラエティーであれば問題なく渡部さんを出せたはずなのに、それができなかった地上波は、守りに入りすぎた感があります」(同)

 渡部については、2020年12月31日放送の日本テレビ系『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』の収録に参加したというが、出演情報が事前に報じられた結果、お蔵入りになっている。

「渡部さん『行列のできる法律相談所』のレギュラーだったこともあり、日テレとの関係性が強く、“復帰するなら日テレで”という流れがあった。しかし、『笑ってはいけない』での復帰が潰れたことで、活動再開のタイミングをつかめなくなってしまったのは事実でしょう。日テレとのつながりに配慮して、ほかの局が“本格復帰第1弾”を狙わなかった、という側面もあるかもしれません」(制作会社スタッフ)

 ちなみに、『引退TV』の総合演出・プロデューサーを務めるのは、有田が出演する『全力!脱力タイムズ』や『千鳥のクセがすごいネタGP』を手掛ける、フジテレビの名城ラリータ氏だ。

「渡部さんが今後『脱力タイムズ』や『クセすご』に出てくる可能性はかなり高いでしょう。そこでどういった姿が見られるかで、“地上波バラティー”の現在地が明らかになると思います。相当攻めた内容にしないと、“復帰第1弾”をABEMAに明け渡したビハインドを挽回できません」(同)

 バラエティーに本格復帰した渡部がどのように料理されるのか──。今後の地上波バラエティーを占う意味でも、渡部建は重要な存在となりそうだ。

 

手山足実(ジャーナリスト)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

てやまあしみ

最終更新:2022/12/03 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed
ABEMA配信番組に立て続けに出演したアンジャッシュ渡部建。今年頭にはチバテレで復帰をしたが、キー局は渡部を完全無視である。