日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 日向坂46、融合”の2022年を振り返る
坂道3グループの2022年とこれから#2

日向坂46、小坂菜緒の復帰に初東京ドーム公演、4期生と“融合”の2022年を振り返る

文=川崎 龍也(かわさき・りゅうや)

日向坂46、小坂菜緒の復帰に初東京ドーム公演、4期生と融合の2022年を振り返るの画像1
10月26日にリリースされた日向坂46 8thシングル「月と星が踊るMidnight」

 姉妹グループ・乃木坂46と同様に(記事参照)、日向坂46の2022年もまた“世代交代”の年だった。2期生の渡邉美穂が卒業、宮田愛萌が卒業発表をした一方、新メンバーとして4期生の12人が加入。日向坂46は全員選抜を基本としてきたが、4期生の加入によってそういった部分も変わっていきそうだ。

 本稿では、22年の印象的な出来事を振り返りつつ、23年の展望について触れていきたい。

小坂菜緒の復帰と、初東京ドーム公演の成功

 まず、日向坂46にとって印象的だったのは、21年6月から活動を休止していたエース・小坂菜緒が3月に復帰したことだ。小坂が休養を発表してから、冠ラジオ番組『星のドラゴンクエスト presents 日向坂46 小坂菜緒の「小坂なラジオ」』(TOKYO FM)をはじめ、『小坂菜緒1st写真集「君は誰?」発売記念SHOWROOM』などさまざまなイベントに代打メンバーが出演するなど、仲間を思いやる日向坂46メンバーらしいフォローでこれまで乗り越えてきたが、やはり小坂の復帰がグループにもたらすものは大きい。

 7thシングル「僕なんか」では“なおみく”の愛称で親しまれ、プライベートでも仲が良い金村美玖がセンターに立ち、小坂が不在のなかグループを牽引。しかし、金村は小坂について「凄く心強い人」と信頼の言葉を寄せていたように、彼女の不在はグループにぽっかりと大きな穴が空いたようだった。とはいえ、そんな状況のなかでもみんなで団結して困難を明るく乗り越えていくのが日向坂46らしさだ。それを感じたのが、日向坂46が夢にまで見た初東京ドーム公演での一連のパフォーマンスだった。

 3月4日に更新された小坂の公式ブログでは「体調の方は万全の状態と言い切れない」と綴っていたこともあり、同月に東京ドームで開催される『日向坂46「3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~」』へは出演しないものだと見込まれていた。しかし、全ての楽曲に参加とはいかないものの、2日間の公演に参加し、元気な姿を見せてくれたのだ。

 当初は22人全員での開催となる予定だった同公演だが、直前に濱岸ひよりが新型コロナウイルスに感染してしまう。度重なる東京ドーム公演の延期に加えて、またもや日向坂46には困難が待ち受けていたが、メンバーが更新したブログからは濱岸への温かい言葉が送られ、ステージには立っていなくとも22人の心のつながりを感じさせるパフォーマンスを披露してくれた。同ライブからはけやき坂46から脈々と受け継がれる歴史の集大成と、未来への希望を感じられた。そして、改めて小坂こそが日向坂46のセンターであることを再確認させられた「僕なんか」のパフォーマンスは感極まるものがあった。

4期生12人との“融合”と齊藤京子の初センター

 約2年半ぶりとなる新メンバーとして4期生がお披露目されたのは10月。オフィシャルYouTubeチャンネルにて「四期生ドキュメンタリー・フルバージョン」として、12人のメンバーが紹介され、オーディション時の様子やパーソナリティが明らかとなった。ここでは個別の紹介は避けるが、なかでも千葉県出身の清水理央は、4期生楽曲「ブルーベリー&ラズベリー」でセンターを務めるなど、チアダンス経験者らしくフレッシュな表情やダンスを発信している。もっとも人数の多い4期なだけに、個性的なメンバーが揃っている印象で、日向坂46に新たな風を吹かせてくれる予感がしている。

 9月10日の愛知を皮切りに、兵庫、神奈川、東京と全国4都市で開催された全国ツアー『Happy Smile Tour 2022』では、加入まもない4期生のライブ初参加(東京公演)や、これまでとは異なるステージングで魅了。この1年は東京ドーム公演や『W-KEYAKI FES. 2022』など大きな舞台で夢を叶え続けてきた日向坂46だが、ここでは新たな仲間を加えて、タイトル通り笑顔あふれるステージで、これからも挑戦し続けるグループの姿を見せてくれていた。

 特に印象的だったのはオープニングの、フードの付いた黒い衣装に身を包んだメンバーが登場し、不敵な笑みを浮かべながら披露した1stアルバム収録曲「My fans」(20)だ。そこからダンストラックを挟みつつ、日向坂46らしい楽曲が展開され、多様性のあるユニット曲など、研ぎ澄まされた表現力の高さをこの公演から感じられた。初パフォーマンスとなった4期生たちも初めてとは思えないソロダンスを見せつけると、「ブルーベリー&ラズベリー」ではフレッシュな笑顔でチームワークの高さを披露。4期生という新たなメンバーと既存のメンバーの融合が、本公演のひとつのキーワードだったように思う。

 この全国ツアー期間中には8thシングル「月と星が踊るMidnight」をリリース。このシングルの表題曲では歌唱力に定評のある齊藤京子がセンターを務めていることでも話題となった。過去には18年のけやき坂46のデビューアルバム収録曲「それでも歩いてる」、「NO WAR in the future」などでもセンターを経験してきた齊藤だが、表題曲としてはこれが初めて。歌唱力・パフォーマンス力ともに優れた能力を持っている彼女の、待望のセンター抜擢だった。

 というのも、齊藤といえば冠バラエティー番組『キョコロヒー』(テレビ朝日系)でも多くの見せ場を作り、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』では「僕なんか」をソロ歌唱、オリジナルソロライブ『MTV LIVE SESSIONS Kyoko Saito from Hinatazaka46』では、中森明菜の「禁区」(83)やRADWIMPSの「なんでもないや」(16)などさまざまな楽曲を通して多彩な引き出しを見せ、アイドルの枠を超えてソロアーティストとしての魅力を音楽ファンへと届けていった。そうしたなかでのセンター抜擢は、これまでの日向坂46らしさを継承しつつも、グループが新たなフェーズへと向かう一歩となった。

 

12

日向坂46、小坂菜緒の復帰に初東京ドーム公演、4期生と“融合”の2022年を振り返るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真