日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 井上真央×佐藤健ドラマが今期1番?

佐藤健“直木”は死んでいない? 『100万回 言えばよかった』は今期1番のドラマとなるか

文=東海林かな(しょうじ・かな)

佐藤健“直木”は死んでいない? 『100万回言えばよかった』は今期1番のドラマとなるかの画像
ドラマ公式サイトより

 井上真央主演のTBS系金曜ドラマ『100万回 言えばよかった』が1月13日の22時からスタートした。

 同ドラマは、『きのう何食べた?』(テレビ東京系)やNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』などを手がけた脚本家・安達奈緒子が描く完全オリジナルドラマだ。井上が演じるのは、運命の相手と信じていた恋人を突如失う女性・相馬悠依。悠依への心残りから幽霊となって現世をさまよう恋人・鳥野直木に佐藤健。さらに、幽霊となった直木が見えてしまい、二人に寄り添うことになる刑事・魚住譲を松山ケンイチが演じる。「切なくて温かいファンタジーラブストーリー」と銘打たれたドラマは、ランキングサイト「ねとらぼ調査隊」が発表した〈【30代以下に聞いた】「期待している2023年冬ドラマ」ランキング〉で1位を獲得するなど注目度が高い。

 2023年1月13日の夜、相馬悠依(井上真央)は、幼なじみで恋人の鳥野直木(佐藤健)に誕生日のデートをすっぽかされていた。プロポーズを期待していた悠依は直木の部屋で帰りを待つが、連絡がつかない。怒って開けた冷蔵庫には、プロの料理人である直木が今日のためにつくったハンバーグとプリンが入っていた。ちゃんと誕生日を祝う準備がされていたのを知って気がそがれた悠依は、きっと何か理由があるのだろうと諦めて帰ることに。そんな悠依に、直木は同じ部屋でずっと話しかけていた。実は、直木はある事件に巻き込まれて幽霊の姿となり、戸惑いながら街をさまよっていたのだ。

 数日後、悠依は直木の失踪に焦りを募らせていた。捜索願を出そうと訪れた警察署で窓口の女性警官から説明を受けている最中、届けを受理するように進言してくれたのが刑事の魚住譲(松山ケンイチ)だった。その後、譲は偶然にも管内で起きた殺人事件の捜査中に直木を発見する。声をかけようとするが、街ゆく人たちが直木に気づかず、直木をすり抜けて歩いているのを見て、目を疑う。譲の実家は寺で、代々霊が見える能力を持っていたが、譲自身はこれまで一度も霊を見たことがなかったのだ。ようやく自分が見える人物に出会えた直木は「困ってます、助けてください!」と頼みこむが、「そっちの能力は低い」譲は戸惑い、立ち去ってしまう。しかし姉の叶恵(平岩紙)の言葉を受け、譲は直木に協力することに。そして悠依を訪ね、「いま鳥野直木さんは自分の横にいるのですが、あなたには見えますか?」と真面目に尋ねるのだった。

 警察官である譲の突飛な言動に腹を立てた悠依だが、直木に苦言を呈された譲が「鳥野直木さんを捜す手がかりが必要で、それでお話を伺えないかと」とアプローチを変えたことで、悠依は気を取り直し、譲に直木との関係について語りはじめる。自分と直木の出会いが20年前であったこと、お互い家庭に事情があり里子として預けられていたこと、得意料理のハンバーグをふるまってくれたこと、高校進学まで幼なじみのように育ち2年ほど前に再会したこと……。一通り話を聞いた譲は、改めて自分には幽霊となった直木が見えており、「直木さんはここにいる」と繰り返す。直木は譲に「悠依は白いねこだと言って」と、二人の思い出の絵本『100万回生きたねこ』の話をさせるが、しかし直木が幽霊になったということは直木が死んでしまったということであり、そんなことを認めたくない悠依は「なんのことですか」と去ってしまった。

 寝食もろくに取らない生活を送る悠依に、直木はなんとか自分の存在を知らせようとする。譲にハンバーグとプリンをつくらせ、自分の味を再現できないか試行錯誤するうちに、直木は譲に乗り移ることに成功。直木が働いていたレストランに呼び出された悠依は、直木のような口調の譲から、直木のつくったものを思わせるハンバーグを出され、戸惑いながらも口にする。その味に驚く悠依。直木が譲に乗り移ってつくったと説明を受け、反応に困っていた悠依は、続けて出されたプリンが、かつて直木が間違ってつくった「しょっぱい」味だったことで、そばに直木がいることを確信する。しかしそれは、直木がすでに死んでいることを認めなくてはならないことを意味していた。

 死んだ恋人が幽霊となって現れるロマンスサスペンスという設定は、1990年の大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』などをほうふつとさせ、ある種の王道ではある。しかし『ゴースト』ではヒロインが恋人の死をはっきりと目撃しているのに対して、『100よか』の直木には「本当は死んでいないのでは?」という余白が残されている。第2話の予告動画では謎の男(板倉俊之)が直木に「生き返る方法を知りたくないですか?」と話しかけるシーンがあり、また第1話で悠依を助けた人物・宋夏英(シム・ウンギョン)が脳神経内科の医師という設定から、SNSでは「直木は意識不明で入院してるとか」といった考察も行われている。王道をベースに、今後の物語がどう転がっていくのか目が離せない。

■番組情報
金曜ドラマ『100万回 言えばよかった
TBS系毎週金曜22時~
出演:井上真央、佐藤 健、シム・ウンギョン、板倉俊之、少路勇介、穂志もえか、近藤千尋、桜 一花、平岩 紙、春風亭昇太、荒川良々、松山ケンイチ ほか
脚本:安達奈緒子
音楽:河野伸
主題歌:マカロニえんぴつ「リンジュー・ラヴ」
警察監修:志保澤利一郎
里親監修:岩朝しのぶ
医療監修:冨田泰彦、藤田浩
プロデュース:磯山晶、杉田彩佳
演出:金子文紀、山室大輔、古林淳太郎
編成:中西真央、吉藤芽衣
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:tbs.co.jp/100ie_tbs

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2023/01/20 12:00

佐藤健“直木”は死んでいない? 『100万回 言えばよかった』は今期1番のドラマとなるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真