日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 最強芸人アンガ田中にまさかの陰りか

『呼び出し先生タナカ』が悪影響? 最強芸人アンガ田中にまさかの陰りか

『呼び出し先生タナカ』が悪影響? 最強芸人アンガ田中にまさかの陰りかの画像
『呼び出し先生タナカ』番組公式サイトより

 お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志といえば、テレビ業界でもそのバラエティ能力が高く評価されている。

「デビュー当時はコンビ揃ってガリガリ長身という体型のインパクトや、キャラクターにマッチした脱力系のコントでキモかわいい人気を集め、アイドル的な売れ方をしたアンガールズですが、“旬”を過ぎて以降も、実力で売れっ子芸人の地位を長年維持しています。特に田中さんは自虐ネタで笑いも取れれば、裏回しや鋭いツッコミ、イジりで共演者を生かすこともできるマルチプレイヤーとしてバラエティ番組では重宝されています」(バラエティ番組を手掛ける放送作家)

 実際、田中は数多くの人気番組にレギュラー出演しており、観察眼に定評のあるバナナマン・設楽統がかねてから自身のラジオ番組でアンガ田中の“芸能界最強説”を唱えるなど、同業者からの支持も高い。

 その結果、デビュー20周年のメモリアルイヤーとなる昨年4月からゴールデン・プライム帯で初のMC番組『呼び出し先生タナカ』がフジテレビ系でスタートしたが……いきなり物議を醸した。

 同番組は放送スタート直後、かつて同局で放送された人気バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』の企画「抜き打ちテスト」に酷似しているとの指摘がネット上で相次ぎ、『めちゃ×2イケてるッ!』のレギュラーだったナインティナインの岡村隆史がラジオ番組で言及する騒動にまで発展。岡村は、「『めちゃイケ』もやっていたスタッフさんが入っているし、フジテレビの番組内で企画を使うって別に悪いことでもない」「アンガールズの田中くんは何にも悪くないよ。ビックリしたと思う」と田中をフォローしつつも、「どう思って番組つくってるんかな。俺とか濱口(よゐこ・濱口優)とかの顔はまったく浮かばへんかったのかなと思った。こんな悲しいことある?」「他の『めちゃイケ』メンバーも多分、驚いたと思う」と、制作側に対する正直な思いを吐露していた。

 その後、田中が岡村に直接連絡を取るなどして騒動は収束していったが、視聴率は低迷。放送も月1~2回に縮小されるなど、厳しい状態が続いており、4月の改編で打ち切りになるのではとの噂もささやかれている。

 そんな田中に追い打ちをかけるように、ここのところ、『呼び出し先生タナカ』が田中に悪影響を及ぼしているのではないかといった指摘が業界内から聞こえているという。

「田中さんは国立大卒のインテリで、頭の回転の速さや優れた分析力でも知られています。その一方、キモかわキャラの名残でふわふわしたイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際は頑固で負けず嫌いな性格。それが、あの番組で先生役をやることでよりパワーアップし、時に“スイッチ”が入って共演者に対して暴走するきらいが見受けられるんです」(前出の放送作家)

 そんな“暴走モード”の田中が際立っているのが、レギュラー出演するラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)だという。田中は相方の山根良顕やケンドーコバヤシ、AKB48の村山彩希、グラビアアイドルの沢口愛華とともに水曜レギュラーを務めているのだが……。

「準キー局のラジオ番組ならではのユルい雰囲気でのぶっちゃけトークが人気の番組で、現在の出演陣になってからはケンコバさんや田中さんによる村山さんへの“おバカ”いじりが定番になっているのですが、最近の田中さんの口撃がイジりのレベルを超えたかなり辛辣なものになっていて。特に体調不良を理由にケンコバさんが休んだ回なんかは歯止めが利かなくなってしまったのか、今月15日の放送回でも『そんなんじゃ芸能界では通用しない!』など20分以上にわたって延々と公開説教。終始、共演者の話をさえぎって持論をまくし立てたりして、相方の山根さんやゲスト出演した平成ノブシコブシも引き気味で正直、笑えないレベルでしたね」(同放送作家)

 別の芸能事務所のマネージャーはこう語る。

「以前から田中さんは後輩の面倒見も良く、ナベプロの平野ノラさんらにより “田中軍団”が結成されるなど慕われていましたし、他人に芸に関するアドバイスをするのは好きなタイプ。共演者へのダメ出しもある種の愛情表現のつもりなのかもしれませんが、相手は同業の芸人ではなく、アイドルですし、せめて相手が笑いに変えやすい形にオチをつけるなどはしてほしいところです。そのあたりはバラエティ番組とはいえ、先生役をやることで勘違いしてしまったのかもしれません」 

 番組だけでなく、“説教キャラ”によって、田中の“最強説”に陰りが見え始めるかもしれない。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2023/02/19 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed