日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ガーシー逮捕で「ネタ元」は戦々恐々?

ジャニーズ内にもスパイ? ガーシー容疑者の逮捕で「ネタ元」たちは戦々恐々か

ジャニーズ内にもスパイ? ガーシー容疑者の逮捕で「ネタ元」たちは戦々恐々かの画像
ジャニーズ事務所

 6月4日夕方、動画投稿サイトで著名人などを繰り返し脅迫したなどとして、暴露系配信者で前参院議員のガーシー(本名・東谷義和)容疑者が逮捕された。

 警視庁の調べに対し、東谷容疑者は動画を配信したことは認めたうえで、「犯罪にあたると思っていなかった」と話しているという。

「動画サイトにて、芸能人や実業家たちの暴露ネタを頻繁に投稿していた東谷容疑者ですが、公式チャンネルのほかにも『切り抜き動画』をアップする人に広告収入の半分を送金するよう指示。昨年4~8月だけで1億数千万円の収入があったといいます。とはいえ、東谷容疑者の逮捕を報じた情報番組の視聴率は軒並み下がっていて、地上波の視聴者はまったく関心を示していない模様。“数字を持っていない男”だったことがわかり、今後、東谷容疑者に関する報道は下火になっていくと思われます」(週刊誌記者)

 東谷容疑者は、滞在先のUAEで食事をしようと外出したところを現地当局の関係者に連行されたとのこと。帰国した際に軽装でスマートフォン1台しか持っていなかったのは、外出したままの姿で帰国させられたためだったようだ。

 しかし、そのスマートフォンの中身が新たな地雷となる可能性があるという。

「ガーシー容疑者の暴露ネタは、最初こそ自身が過去に見聞きしたものでしたが、このことで影響力を持つようになるとタレコミが相次ぐようになり、今度は週刊誌の敏腕記者ばりの最新情報を次々と披露していた。ガーシー容疑者には、芸能プロダクション、テレビ局、新聞社、週刊誌などの業界関係者が山のように情報を提供していたと見られ、彼らも彼らで逆にガーシー容疑者からネタを引っ張ったりしていた。Win-Winの関係だったとはいえ、こうした“ネタ元”たちは脅迫の片棒を担いだのと同じとも言え、警察の捜査に対し、ガーシー容疑者が道連れに名前を出す可能性も考えられます。警察は、切り抜き動画の投稿者に対しても任意とはいえ事情聴取をするなど、徹底的にガーシー容疑者を追及する方向ですから」(同)

 ガーシー容疑者といえばジャニーズ関連の“暴露”も行っていて、昨年11月にはひと足先に元ジャニーズJr.で歌手のカウアン・オカモトからジャニーズ創業者・ジャニー喜多川氏による性加害について話を聞きだしていた。

「先月にはジャニーズJr.ユニットのIMPACTorsが退所。そして今月にはKis-My-Ft2の北山宏光が8月いっぱいで退所することを発表しましたが、昨年末、ガーシー容疑者は『毎日のようにジャニーズ事務所に足を運んで幹部連中と打ち合わせしているグループがいるんです。スパイ(内通者)が言うには、毎日幹部と話すグループには必ず何かが起きると』と述べた後、IMPACTorsの次に危ないのはKis-My-Ft2だと明言していました」(芸能記者)

 これは“的中”と言えそうだが、中には“大外し”と指摘されるものも……。

「Snow Manの件ですね。昨年11月末、『テレビ局の人間、ジャニーズ内部の人間とマネジャー、レコード会社4人から聞いた』話として、Snow Manが退所する意向だと明かし、ファンを騒然とさせました。ガーシー容疑者は『引き留め工作を今ジャニーズがしてるって聞いてます』とも伝え、最終的に退所にいたるかは不明と“保険”をかけていましたが、ご存じのとおりSnow Manは事務所イチの稼ぎ頭として大活躍中で、目黒蓮に続くブレイクを狙って他のメンバーにも積極的に俳優業をやらせているところ。結果だけを見れば“外した”形ですが、キスマイは昨年末の音楽特番から軒並み姿を消すなどの“異変”が騒がれてましたし、ガーシー容疑者のネタ元にジャニーズの内情に通じている人間がいた可能性は高い。それにキスマイも、Snow Manも、5月に退所した三宅健も、みんなMENT RECORDING所属ということを考えると、Snow Manの件もそれなりに確度の高い情報だった可能性は十分あるとみられ、“退所しなかったのは事務所が引き留めに成功したから”説も、今の彼らの活躍ぶりを見るに説得力があります。Snow Manは現在4大ドームツアー中ですが、これはもともとはキンプリ用にスケジュールが抑えられていたもので、キンプリのメンバー脱退劇によってSnow Manにスライドしたと言われていますから。

 Snow Manは昨年退社した滝沢秀明氏との関係が深いグループでしたが、滝沢氏が突発退社した直後、表向き“円満退社”だったはずにもかかわらず、三宅以外のほとんどのタレントが異様なほど滝沢氏の退社に触れない状態が続いていましたが、今年に入ってから急に滝沢氏の名前が口にできるようになったのも、“交渉”の成果ではとの憶測もあるほどです」(同)

 小栗旬のトライストーン社長就任にあたって「小栗社長には長年、仕事を妨害され続けてきた」などと暴露した元俳優の高岡蒼佑は、「ガーシーさんって芸能界のことに関しては9割5分は事実だと思います」とガーシー容疑者の“暴露”を評価していたが、ガーシー容疑者のネタ元となった業界関係者たちは今頃戦々恐々としているかもしれない。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2023/06/15 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed