日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『夫婦が壊れるとき』TVer人気首位に
TVerドラマ人気ランキング

『フウ壊』ついに1位! 坂口健太郎『CODE』好発進…TVerドラマ人気ランキング

『フウ壊』トップ5入り! 『教場』は『ラストマン』に差をつけ…TVerドラマ人気ランキングの画像
『夫婦が壊れるとき』日本テレビ公式サイトより

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2023年5月には月間動画再生数が3億5877回と過去最高を更新し、TVer単体の月間アクティブユーザー数(MAU)も2800万の過去最高記録に達するなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVer再生数ランキングの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は7月1日(土)~7月7日(金)までを観測(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)した結果をお伝えする。

粘り強い王者『あなして』を僅差で破り『夫婦が壊れるとき』が首位奪取

 今回の結果は以下のとおり。春ドラマがすべて終了し、先週に引き続きトップ10に縮小した形でお届けする。

『ラストマン』『あなして』接戦! 『教場0』は…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 春ドラマの覇者『あなたがしてくれなくても』は最終回および6月29日放送の「特別編」が賛否を呼んだものの、圧倒的なお気に入り登録者数もあってTVer再生数ランキング総合部門での動きもかなり好調で、最低順位8位というさすがの強さを見せていたため今週も1位になるかと思われたが、7月6日夜に配信が終了となったために最後にポイントを伸ばせず、僅差で2位に。

 そしてついに『あなして』から首位の座を奪ったのが、稲森いずみ主演の日本テレビ系金曜ドラマDEEP『夫婦が壊れるとき』。第12話放送後の6月27日時点でTVerでの再生数が累計で2800万再生を記録し、深夜ドラマとして史上最高記録を更新し続けている話題作だが、30日放送の第13話でついに最終回を迎えた。TVer総合ランキングの推移を見ると、『あなして』と比べてトップ10外への脱落もあった『フウ壊』だが、首位在籍期間が『あなして』は1日、『フウ壊』は2日と倍で、トップ3滞在期間も『フウ壊』のほうがやや長かったことなどが本人気ランキングで1位になった要因だ。

 7月2日に『日曜の夜ぐらいは…』が最終回を迎えたことで春ドラマがすべて終了したわけだが、同日には早くも夏ドラマが開幕。坂口健太郎主演の日本テレビ系日曜ドラマ『CODEー願いの代償ー』がスタートし、7月1日(土)~7月7日(金)を対象とするため計測期間は5日間とフルではないものの本人気ランキングに3位で初登場となった。競合作がほぼない時期ということもあってTVer総合ランキングでは7日まででトップ3をキープしており、集計期間次第では1位になれそうな勢いだった。

 実際、『CODE』は配信後の3日間で初回のTVer再生数が100万回を突破。TVerではオリジナルストーリー(Episode 1.5)も配信されており、関連動画を合わせた累計は200万回を超えたという。なお、坂口健太郎は日テレドラマ2期連続主演(4月期は土曜ドラマの『Dr.チョコレート』で6月24日終了)となるが、好調な滑り出しを見せた『CODE』が前期の『Dr.チョコレート』を上回る勢いを見せるかも気になるところだ。

 次週は、10日にフジ月9『真夏のシンデレラ』、11日にTBS火曜ドラマ『18/40~ふたりなら夢も恋も~』、12日にフジ水10『ばらかもん』と日テレ水10『こっち向いてよ向井くん』、13日にテレ朝木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』、14日にTBS金曜ドラマ『トリリオンゲーム』と一挙に夏ドラマが始まるため、『CODE』はこのまま勢いを保てるかも注目だ。

 同じくひと足早くスタートしたのが伊藤沙莉×中島健人×織田裕二のテレ朝火曜ドラマ『シッコウ!!~犬と私と執行官~』。こちらは火曜放送ということで集計期間上は3日ほどしかなかったため今回はポイントが少なくなったが、フル集計となる次週ではどうなるか。初回は中島健人の出番が少なかったこともあってか、作品そのものより、織田裕二の色黒さのほうが話題になっている印象があるが……。

 遅れて最終回を迎えた清野菜名×岸井ゆきの×生見愛瑠(めるる)のテレ朝日曜ドラマ(ABC制作)『日曜の夜ぐらいは…』は今週5位に。競合作がのきなみ終了したことで順位は大幅に上昇し、ポイント上は39ポイントアップ。TVer総合ランキングの推移を見ても、トップ5滞在期間が伸びてはいるものの、水曜夜にはトップ10脱落、金曜には20位台と先週までと動きがあまり変わらず、200ポイントの壁を破ることができなかった。春ドラマは最終回が紛糾する作品が多かったが、『日曜の夜ぐらいは…』も終わり方に是非があったためか、大きく伸びる機会を失ったまま終了となってしまったようだ。

 なお、このABC制作の日曜よる10時の枠の次作は飯豊まりえのプライム帯地上波連続ドラマ初主演×野島伸司の5年ぶり地上波連ドラ脚本となる『何曜日に生まれたの』だが、初回は8月6日ということで、この枠は(一部の深夜ドラマなどのように)通常のクールとは足並みを揃えずにやっていくようだ。今後も曜日縛りになるのだろうか。

 前述のように次週からはGP帯の夏ドラマが6作始まり、週末には注目作である『最高の教師 1年後、私は生徒に◾️された』(日本テレビ系、15日スタート)、『VIVANT』(TBS系、16日スタート)も始まって一気に夏ドラシーズンとなる。7月期の覇者となるのはどのドラマになるだろうか。早くも楽しみだ。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(ライター)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

しんじょうゆうせい

最終更新:2023/07/08 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真