日刊サイゾー トップ > エンタメ  > オードリー×ハライチの新番組が壮絶大爆死

オードリー×ハライチの新番組が壮絶大爆死でアイドルファンが“巻き添え”を心配

オードリー×ハライチの新番組が壮絶大爆死でアイドルファンが巻き添えを心配の画像1
フジテレビ『オドオド×ハラハラ』公式サイトより

 テレビ東京の深夜番組と勘違いしてしまった人もいそうだ。

 10月19日に放送された、お笑い芸人のオードリーとハライチがMCを務める新番組『オドオド×ハラハラ』(フジテレビ系)が初回2時間スペシャルで放送され、平均世帯視聴率が3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

「同番組は、挑戦的かつ予測不能な企画を番組タイトルが示す通り“オドオド、ハラハラ”しながら試していく新感覚のチャレンジトークバラエティー。元テレビ東京の名物プロデューサーである佐久間宣行氏が演出を手掛けていることからも、フジの期待値は大きかった。初回は、通常放送よりも1時間早く始まりましたが、マンネリ化がささやかれている『プレバト!!』(TBS系)や『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)から視聴者を引っ張ってこれなかったのは痛い。ゴールデン帯とはとても思えない低い数字とあって、早くも早期打ち切りの気配が漂っています」(テレビ誌ライター)

 番組内容への批判以上に、MCを務めた2組についてお笑いファンからは「ゴールデンで主役はれるほどのスター性はない」「オードリーとハライチを見ようと思うと考えてるのが相当ズレてる」「ハライチは数字を持っていないのが確定」などと、辛らつな意見が飛び交っている。

「今年1月にスタートしたハライチがMCを務める昼の情報番組『ぽかぽか』(フジテレビ系)は、視聴率1%台を連発。いつ打ち切りになってもおかしくない状況ですが、同社の港浩一社長の肝いり番組なのでなんとも……。一方のオードリーも、若林正恭の半生を描いたドラマ『だが、情熱はある』(日本テレビ系)が4月期に放送されましたがこちらも振るわず。世間から興味を持たれていないことが浮き彫りになってしまった」(前出・テレビ誌ライター)

 オードリーとハライチのタレントパワーの低下が懸念される中、“オドオド、ハラハラ”させられそうなのがアイドルファンだ。

「オードリーは『日向坂で会いましょう』、ハライチの澤部佑は『そこ曲がったら、櫻坂?』(共にテレビ東京系)で、それぞれ日向坂46、櫻坂46の冠番組MCを務めています。この2番組は、バナナマンがMCを務める乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』と比較すると、“圧倒的につまらない”との評価をアイドルファンから下されており、その原因が『MCの力量の差』と指摘されることもしばしば。2組のCDのセールスも横ばいかやや下降トレントとなっていることもあり、人気のない芸人のMCによって、日向坂46と櫻坂46が巻き添えになるのではと、戦々恐々となっているファンも少なくありません」(アイドル誌ライター)

 自らの人気で視聴者を呼び込めないのであれば、いっそのこと、『オドオド×ハラハラ』に日向坂46と櫻坂46のメンバーに出演をお願いしてみてはどうか。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2023/10/27 09:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真