日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > サンド明かした「好感度」への違和感

『だれかtoなかい』サンドウィッチマンが明かした「好感度」への違和感と盟友・永野の分析

中居&二宮MC初タッグ ムロツヨシ×サンド | TVer

 松本人志の活動休止を受け、二宮和也を迎えて中居正広とのダブルMCで再スタートを切った『だれかtoなかい』(フジテレビ系)。4日放送分のゲストは俳優のムロツヨシとお笑いコンビ・サンドウィッチマンだった。

 番組ではタレント好感度の話題に。今や、どこに行っても「好感度」というワードとセットで紹介されるようになったサンドウィッチマンだが、本人たちはそうした評価に戸惑いを隠そうとはしなかった。

 中居から「全然かわいくない。なんで好感度が上がるんだろう。全然わかんない」と話を振られると、伊達みきおは「優等生で来てないです。正直、我々がいちばんわからない」と打ち明け、「人を傷つけませんよね、と言われるのは苦手です。そこを意識しないといけないから、ネタを作るときに」と心情を明かした。

 また、二宮から「好感度高いですねと言われると、しんどくないのかな」と問われると、伊達は「めちゃくちゃしんどいです。もちろん、ないよりはあったほうがいんでしょうけど」と答えていた。

 そんなサンドウィッチマンの好感度について、同じグレープカンパニーに所属する永野が歯に衣着せぬ物言いで分析している動画がある。昨年末に「鬼越トマホークの喧嘩チャンネル」にゲスト出演した永野は、「救ってあげたい芸人」としてサンドウィッチマンの名前を挙げ、およそ15分にわたってしゃべり倒している。

 鬼越の2人が「ずっと全盛期のイメージ」「グレープのダウンタウンですよ」と語るサンドウィッチマンだが、永野は「見た目がチンピラなのに丁寧なことやってるから(『M-1』で)優勝しただけだよ」と一の矢を放つと、「何も楽しくないと思うんですよ、今」とサンドの現状を分析。

「何やってもウケるんですよ。だから、何の成長もないんですよ。『世にも奇妙な物語』みたいな人生なんです、あの人たちって」

 その後も「一つも面白くない」「スタジオで置物みたいに座らされてさ」と暴言は止まらず、毒舌が売りの鬼越トマホークが絶句する場面も少なくなかった。永野はこの動画で、サンドの芸能界での立ち位置やスタンスへの違和感から「デブじゃん!」というストレートな悪口まで、流れるように語り尽くしていた。

 永野とサンドウィッチマンの関係は古い。グレープカンパニーの前身であるフラットファイヴ時代からの盟友であり、共に東京の地下ライブでしのぎを削った仲だ。

 20年7月には、富澤たけしが永野のYouTubeチャンネル「永野CHANNEL」に出演。富澤自身も永野からのイジリを楽しみつつ、互いの青春であるジャッキー・チェンについて語り合う動画も残されている。

 フラットからグレープが独立して今年で14年目。サンドウィッチマンと永野は、常に事務所の「太陽と月」であり続けた。「ラッセン」での大ブレークから低迷期を経て、昨年あたりからまた急激に露出を増やしてきた永野、大テレビ番組でサンドと永野がじゃれ合う姿が見られる日も、そう遠くなさそうだ。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/02/05 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真