日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 鬼越トマホークの特異なキャリア

『チョコプランナー』で袋叩き……「ネタをやらない」鬼越トマホークの特異なキャリア

東京吉本大集結!東京吉本新年会 | TVer

 チョコレートプラネットがMCを務める『チョコプランナー』31日深夜放送分は、「東京吉本新年会」と題したトーク企画。囲碁将棋、ネルソンズ、横澤夏子、コットン、シシガシラ、鬼越トマホークをゲストに迎え、現在の東京吉本が抱える問題について話し合った。

 その中で、鬼越トマホークが集中砲火を浴びる場面があった。発端は、鬼越の金ちゃんがコットンに対し「コアなファンがいない」「(昨年コットンが不出場だった)M-1も出たほうがいい」と苦言を呈したこと。

 それに対しコットン・西村真二が「あんたたちもテレビとYouTubeしかやってないでしょ」と言い返すと、きょんもそれに同調。鬼越が寄席出番でもネタを途中で降り、2人でキスをしてお茶を濁していることを指摘した。

 すると、横澤が「クソつまんないやつね」と加勢し、ネルソンズ・和田まんじゅうも「ネタ頑張ってないのに『THE W』のアンバサダーやってる」「キングオブコントのCMにも出てる」と付け加えた。

 スタジオは鬼越に対する非難一色という雰囲気であり、鬼越もいわゆる“負け顔”を見せてリアクションしていたが、まんじゅうの指摘はよく考えれば悪口でもなんでもない。鬼越のタレントパワーを証明するエピソードである。

 昨年の『キングオブコント』(TBS系)の放送中に鬼越トマホークが出演するCMが流れたのは、ある意味で皮肉だった。お笑いのみならず芸能人の仕事の中でもっともギャラが高いのはCMなどの広告案件であり、それは本来『キングオブコント』などの賞レースで優勝したその先にあるものだったはずだ。

 テレビ東京の深夜番組『ざっくりハイタッチ』で「ケンカ芸」が注目を集めたのは2014年、あれからもう10年になる。

 当初、鬼越はこの「ケンカ芸」でさまざまな番組に呼ばれ、そのたびにケンカを止めにきた芸能人に「芯を食ったことを言い返す」という極めて難しいミッションを課せられていた。『ざっくり』時代は相手が芸人だけだったので自由に暴れることができたが、大御所タレントや俳優を相手にしなければならなくなると、2人はその日スタジオにいる出演者全員を調べ上げ、ネタを「食って」収録に臨んでいたという。

「うるせえなぁ」と坂井良多が怒鳴りながら、視聴者が考える一枚上のワードを繰り出し、金ちゃんが「本当はそう思ってないと思うんですけど」と言いながら、もう一枚上をかぶせるというパターンはスベることも少なくなかったというが、その姿はあらゆる芸能人を餌食にしていった有吉弘行の「あだ名芸」を彷彿とさせるものだった。

 そのころの鬼越トマホークが自らのYouTubeなどで、よく口にしていたことがある。

 自分たちは悪口ばかり言って、イメージが悪い。だからCM仕事が入らないので、いくら働いてもこれ以上収入は上がらない。

『チョコプランナー』で袋叩きに遭った翌日の1日、そんな鬼越トマホークのYouTubeで1本の動画が公開されている。「ファミリーマートさんに呼び出されました」。まごうことなきCM仕事である。

 しかも、ファミリーマートの公式アプリ内で、鬼越の「ケンカ芸」がゲーム化されるのだという。10年前、彼らを芸能界に押し上げた悪口という一芸が、そのままナショナルクライアントのPRに利用されているのだ。これは、鬼越トマホークというコンビがまったくイメージを変えないまま、好感度だけを上げてきたことを意味する。

 繰り返しになるが、昨年の『キングオブコント』放送中のカーネクストのCMを見たとき、彼らは賞レース重視のお笑い界の横っ腹に穴を開けたのだと思った。鬼越トマホークのたどってきた道のりは、誰かが狙って再現できるキャリアではない。

 積極的に更新しているYouTubeでは話術の高さやインタビュアーとしての適性も証明している鬼越トマホーク。今後、どんな芸人になっていくのだろうか。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/02/01 21:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真