日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 競泳パリ五輪選考会“五輪行きアピール合戦”

競泳パリ五輪選考会、女子アナたちも繰り広げた“五輪行きアピール合戦”大展開

競泳パリ五輪選考会、女子アナたちも繰り広げた五輪行きアピール合戦大展開の画像1
パリ五輪(写真/Getty Imagesより)

 今夏のパリ夏季五輪開幕まであと120日を切った。国内のテレビ局では、水面下ではまだ決まっていない五輪キャスター枠をめぐっての争奪戦が佳境を迎えている。

 テレビ局は五輪中継の権利をあらかじめ保有しているため、「ライツホルダー」と書かれた身分顔写真付きの取材パスが夏季、冬季を問わず国際オリンピック委員会(IOC)から発行される。

「今年2月上旬時点では、まだ具体的に在京テレビキー局に対して何枚パスが発行されるか不透明でした。2月下旬になってようやく枚数が確定、仮の形ですが、派遣するスタッフの名前を入れて申請しています。一定の時期までは名前の変更は可能です」(五輪担当デスク)

 3月下旬現在のところ、パリ五輪中継の出演者として大々的に発表されたのは、元競泳オリンピアンの萩野公介が日本テレビ系のアスリートキャスターとして発表されているだけ。他局を含めてその布陣は明らかになっていない。

 前出関係者は「パスの枚数が確定したのが例年よりも遅かったこともあり、キャスティングが最終決定していないテレビ局も多い。そのため現在でも『五輪に行きたい』と猛アピールする演者が多い」という。3月24日まで東京アクアティクスセンターで行われた競泳パリ五輪代表選考会はまさにその場だった。

「会場にはフジテレビ・佐久間みなみアナウンサー、テレビ朝日・安藤萌々アナウンサー、TBS・熊崎風斗アナウンサーなどの姿がありましたね。皆、真剣に競技を見入っていたり、取材対応する選手のコメントを聞き入っていました。いつもと違うあまりの真剣な雰囲気に周囲が声をかけるのをはばかるくらいでしたよ」(スポーツ紙運動部記者)

 では実際にパリ行きが決まるのはいつになるのか。

「NHK、民放テレビ局合同で中継制作するJC(ジャパンコンソーシアム)のメンバーは既に決まっています。テレビ各局の出演者は5月ごろまでには最終確定させる見通しで、視聴者に向けて大々的に発表するのは6月末か7月に入ってからになるでしょう。五輪担当になればアナウンサーとして箔(はく)がつくことは当然のこと、その後のキャリアにも大きくプラスに作用します。他方、タレントや外部のスポーツキャスターもポジションを獲得しようとして水面下で制作陣らに激しい売り込みをしています」(在京テレビキー局編成マン)

 水中では選手たちが金メダリストを目指してパリ行きを賭けた戦いを繰り広げていたが、時同じくして五輪というハレの舞台に向けて演者たちも激しいバトルを繰り広げていたとは何とも興味深い話である。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2024/03/30 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真