日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ネトフリが篠田麻里子にロックオン

篠田麻里子が広末涼子の後釜に…不倫ドラマ大バズリでネトフリがロックオン

篠田麻里子が広末涼子の後釜に…不倫ドラマ大バズリでネトフリがロックオンの画像1
広末涼子

 広末涼子の近況を3月26日発売の「FLASH」(光文社)が報じている。

 昨年6月に報じられた鳥羽周作氏との不倫騒動から約10カ月。同誌の直撃に「大変ありがたいことに、オファーをいただいております」と答えた広末だが、完全復活できるかはいまだ不透明な状況だ。

「同誌によればすでに映画の出演依頼が複数あり、艶っぽい役柄で大胆演技に挑戦すれば、3000万円程度のギャラもあり得る、とのこと。ただ、広末は2月16日に26年間所属した芸能事務所を退社して個人事務所を設立しており、かねてから不安定なメンタルを指摘され、“直”で起用することにはリスクも付きまとう。一部スポーツ紙では鳥羽氏と今夏にも再婚するとも報じられており、そうなれば世間の風当たりも強まりそうです」(芸能記者)

 そんななか、「ポスト広末」としてにわかに脚光を浴びているのが篠田麻里子だという。

 彼女は今年1月期のドラマ『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』(テレビ朝日系)にて、不倫妻を熱艶。昨年世間を賑わせた自身の離婚騒動を彷彿とさせるかのような体当たりに次ぐ体当たり艶技で、ABEMA・TVerをはじめとする初回の見逃し配信再生数は同局の歴代全番組史上トップを記録している。

「Netflixの『金業妻』シリーズで篠田に白羽の矢が立っているようです。同作は過去に篠原涼子と岩田剛典と禁断の不倫愛を演じ、世界トップ10入りしています。二匹目のどじょうを狙って、いったんは広末の起用で話が進められていたが、彼女が事務所を退社したことで立ち消えとなってしまった。そこで、主演候補に篠田が浮上。露出次第にはなりますが、1200万円のギャラが提示されたとも言われており、篠田も前向きになっているとか」(テレビ関係者)

『離婚しない男』の追い風を受け、篠田はさらなるハード路線に踏み込むのだろうか。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2024/04/02 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真