日刊サイゾー トップ > エンタメ > YouTuber  > イケメンYouTuberが誹謗中傷被害訴え

元Sexy Zoneのファンは「カスみたいな人ら」…イケメンYouTuberが誹謗中傷被害訴え

元Sexy Zoneのファンは「カスみたいな人ら」…イケメンYouTuberが誹謗中傷被害訴えの画像1
timeleszの菊池風磨

 STARTO ENTERTAINMENTに所属する佐藤勝利、菊池風磨、松島聡による3人組グループ・timelesz(4月にSexy Zoneから改名)が4月より開催中の新メンバーオーディション「timelesz project」。これに応募したイケメンYouTuberの“しんたろー”が、timeleszの一部ファンに「きもすぎ」「人間として終わっとる」と本音を連発した。

 チャンネル登録者数約15万人を誇り、「武道館ライブ」を目標に掲げて活動するしんたろーは、4月15日に「timelesz project」への参加を表明。

 すると、コメント欄に「セクゾのファンクラブ、更新して待ってる、マジで頑張って」「第2のケンティーことシンティーになる事を願ってます」と応援コメントが寄せられることに。

 一方、同チャンネルは悪ふざけや下ネタといった内容の動画も目立つことから、「仮に受かったとしてもファンとして認められないです」「選んだらメンバーの人間性疑うわ」と否定的なコメントも見られた。

 その後、同オーディションに絡めた動画を数本公開していたしんたろーだが、7月3日には「不合格でした」と動画で落選を報告。書類選考通過者に6月中に届くメールがこなかったそうで、「一度生で見て判断してほしかった」とメンバーに直接審査してもらえなかったことを悔やんだ。

しんたろー、一部timeleszファンからの誹謗中傷に本音

 また、オーディション応募を発表後、同チャンネルのコメント欄やしんたろーのSNSには誹謗中傷が寄せられていたようで、7月4日には「ジャニオタの誹謗中傷、殺◯予告が止まらないことについて我慢の限界です。」と題した動画を公開。

 落選報告後に「めちゃくちゃ嬉しい」といった心ないコメントが一部timeleszファンから寄せられたことを明かしたしんたろーは、「(オーディションが)終わったし、全部言ってええか」とした上で、「TikTokとかXとかもそうやし、YouTubeも炎上してんねんけど、ずっと。落ちた後にやで、死体蹴りみたいなことする?」「やばいやろ、こいつら。ほんま終わっとるなと思って人間として」と本音を吐露。

 さらに、「もちろん(ファンの)全員がそうじゃないとわかってるけど、こんなカスみたいな人らに応援されて生きてくぐらいやったら、俺別に落ちてよかったわ」「こいつらほんま頭悪すぎやろ、ほんま気持ち悪い」「こんなやばい人間おるんやって、俺、初めて知って」とまくし立てた。

 この動画のコメント欄の上位には、「同じジャニオタとしてほんとに申し訳ないです」「ジャニオタとして恥ずかしい行為です! そのアーティストの評価を下げてることに気付いてほしい」といった書き込みが並んでおり、しんたろーのメンタルを気遣う視聴者も目立つ。

粗品、一番頭悪いファンは「マジでKing & Prince」

 STARTO ENTERTAINMENT所属アイドルの一部ファン絡みの苦言といえば、著名人への“噛みつき芸”が話題の霜降り明星・粗品が先月、千原兄弟・千原せいじのYouTubeチャンネルに出演。

 せいじから「誰のファンが一番頭悪い?」と問われた粗品が、「マジでKing & Prince」「(批判が)度を越えてましたけどね、殺害予告とか。そっちでした」「“殺す”とか“死ね”とかめちゃくちゃ来ましたよ」と語り、自身がKing & Princeについて発言した後、過激なコメントが寄せられたことを明かしていた。

 timeleszファンについて「ほとんどの方は良い方」とも補足しているしんたろー。菊池らメンバーがしんたろーの現状を知っているのか、気になるところだ。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2024/07/05 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed