人気連載

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

殺人容疑で逮捕! 講談社エリートに何があったのか……マンガ編集は「電通をはるかに凌ぐ長時間労働」
写真

オススメ情報

斉藤舞子アナが挑む!アイドルアナから実力派への華麗なる転身

生意気発言で総スカンも、態度を改めたこともあり、次第に仕事も増えていったという。
写真

イチオシ企画

「SMAPがいない2017年」幕開け

昨年12月31日をもって解散したSMAP。キムタク抜きで行われた「食事会」が波紋を広げる。
写真



 >   > 「頑張れ」が放送禁止用語に?

「頑張れ」が放送禁止用語に!? 異常事態のTV自主規制2パターン

テレビ番組の中で使ってはならない“放送禁止用語”の存在は、今や一般の視聴者にも広く知られている。これは、正しくは放送注意用語と呼ばれ、法規制ではなくテレビ局側の判断によって様々な言語の使用が自粛されているものだ。この放送禁止用語は常に増えているが、近年は意外な言葉まで対象となりつつあるという。関係者に話を聞いた。

[ 関連記事 ]

[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。