日刊サイゾー トップ > 芸能  > 人気グラドル南明奈、絶頂期なのに大ピンチって!?

人気グラドル南明奈、絶頂期なのに大ピンチって!?

 グラビアアイドルとして躍進中の「アッキーナ」こと南明奈が、一転してタレント生命の危機に立たされている。

「南は、今年1月に大手芸能プロ・オスカープロモーションから、マネージャーと共に契約解除されたのですが、その理由が2人の〝恋愛関係〟と報じられた。もし本当なら、南が17歳だった時のことですから、違法行為と取られても仕方がない。南側は否定していますが、オスカーと険悪なのは事実で、オスカー時代に決まっていた8月の舞台やCDデビューイベントを終えると、前途は多難です」(スポーツ紙記者)

 また、あるテレビ関係者は、「フジテレビの強い要望もあり『めざましテレビ』への出演は継続されることになりましたが、ほかのテレビ局や番組は、オスカーとの関係を気にして、彼女を起用することはないでしょう」と言う。

 南は、グッドウィル・グループの「モバイト・ドット・コム」のCMにも出ていたことから、同社の折口雅博会長の「お気に入り」との報道も出た。CM撮影以外で、2人に〝接点〟があったということが週刊誌やネットで書き立てられたため、イメージ重視のCM業界も、いくら彼女が旬であろうとも起用するのは及び腰だ。

「南を受け入れる、強力な芸能プロがあればいいのですが、現在はそういう動きはありません」(芸能プロ関係者)

 オスカーとのしがらみが少ない雑誌などでは、南を起用し続けるところもあるだろうが、メジャーな仕事をこなしていくのは困難そうだ。南は18歳になり、これからがアイドルとしては最も「熟れ頃」だった。それゆえに今回の独立トラブルを惜しむ声も多い。

「それでも彼女は、握手会に1000人以上のファンを呼べる逸材。テレビなどには出ず、インディーズ的な活動でも、十分にビジネスはできるでしょう。本人側が、そんな活動をよしとすればですが」(前出・スポーツ紙記者)

 インディーズでよければ、本誌もアッキーナの味方。まずは今月から始まった「メガンテ恋愛塾」への出演なんてどう?(編集部/「サイゾー」9月号より)

最終更新:2013/10/09 19:49
こんな記事も読まれています

人気グラドル南明奈、絶頂期なのに大ピンチって!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真