日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いか

『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いか

20071015_urasawa.jpgストーリー展開は壮大だが、読了後は「?」が残る

「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で、8年以上も連載された浦沢直樹『20世紀少年』が、昨年から『21世紀少年』にタイトルを変え、今年7月30日号でとうとう最終回を迎えた。

 第48回小学館漫画賞をはじめ数多くの賞を受賞し、来年には堤幸彦監督による実写映画化も決まっているこの作品。多くの読者に支持されている一方で、「たくさんの伏線をはって、一切回収していないという、浦沢作品のお約束のパターン」などという批判の声も多いことをご存じだろうか?

 最終回でようやく明かされた黒幕「ともだち」の正体は、1巻の同窓会シーンで名前が出た程度のまったくなじみのない存在だった。また、「『ともだちは・友力・を使う』とか、どうなったの?」「理科室の第5の人はなんだったの?」「なんでもカンナの超能力で片付けられてしまう」など、細かな矛盾点に対する指摘も多く、伊集院光も自身のラジオ番組で、「収拾つかなくなって、広げた荷物を大八車にぶっこんで夜逃げしたみたいなラストだな! だいたい『MONSTER』もひどかった!!」と、グチをこぼしていたほどだ。

 そう、思えば、第3回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した『MONSTER』(ビッグコミックオリジナル)も、最初はスピード感があったのに、途中からは思わせぶりな引き延ばしが続き、尻すぼみになっていった。

「『20世紀少年』の連載がスタートすると、連載中の『MONSTER』がトーンダウンしました。また、『20世紀少年』連載の途中で『PLUTO』がスタートすると、やっぱり『20世紀少年』がトーンダウン……。これは本人が飽きちゃったのでは、などとと言われてますけど」と、あるマンガ編集者は言う。

 では、ここであらためて問いたい。浦沢作品は本当に面白いのか? マンガ業界での評価はどうなのか?

「編集者たちの間では、『浦沢さんは間違いなく天才』と言われています。画力も構成力もあって、人格者。ただしそれゆえに、全力投球しているように見えにくい」(前出のマンガ編集者)

「私も、最初は天才ゆえに手抜きをする人で、それであんなに売れてしまうなんて……という思いがあったんですが、実は彼はすごく努力していて、腱鞘炎を起こしたり肩の持病を抱えたりして、体中ボロボロになって必死で描いている、意外に泥臭い部分があることを知りました」(別のマンガ編集者)

 また、とある講演会で彼が語ったセリフに、ある編集者は驚愕していた。

「マンガを描くとき彼は、『脳の奥深くに潜り込んで物語を創作するスイッチを、訓練によって自分ですぐに入れられるようになった』と話していたんです。普通は、そういった感覚的な切り替えは意識的にできるものではない。天才としか言いようがないですよ」

 作品に対する先に述べたような一般読者の評価と、関係者によるこの大絶賛との乖離はなんなのだろうか?

「浦沢さんは、プロになる前に『ガロ』に持ち込みをしたことがあるらしい。本来は硬派でマイナーなものが好きで、そういったものにコンプレックスがあるのかも。でも、マンガ界を背負って立つスーパースターになってしまった今、そんな作品を描くのは許されないし、かといって、『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博みたいに、本業そっちのけで好きなことをするというのも、彼のプロ意識では許せないんでしょう」(前出のマンガ編集者)

 浦沢作品に顕著な、意味深な伏線の数々はもしかしたら、文学的に深みのある『ガロ』系作品への・コンプレックス・の表れなのかもしれない。そして、それらの伏線が結局最後まで回収されないことが多いのは、たぐいまれな彼の・プロ意識・が災いして、せいぜいひとつの作品に集中するのがやっとだからなのかも。

 でも、本当に「誰もが認める天才」ならば、どの作品のクオリティも、文句なしのレベルまで引き上げてほしいのだけど……。
(田幸和歌子)

浦沢直樹(うらさわ・なおき)
1960年、東京都生まれのマンガ家。82年にデビュー後、『YAWARA!』『MASTERキートン』『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』など数々のヒット作を世に送り出す。

【関連記事】 現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」
【関連記事】 「ジャンプスクエア」に名を連ねる予定だったアノ大物マンガ家
【関連記事】 再開を喜ぶべき? 『HUNTER×2』富樫とジャンプの罪
【関連記事】 『ジョジョ』荒木飛呂彦先生は永遠に美しいッッッ!?
【関連記事】 新ドラマ『働きマン』にあの創価学会が撮影協力!?
【関連記事】 安野モヨコのせいで『働きマン』になれなかった松たか子
【関連記事】 週刊誌女性記者が提言! もっとしっかり働け『働きマン』
【関連記事】 藤子プロの突き上げが発端 ドラえもん最終話騒動の真相
【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制
【関連記事】 大ヒット漫画『ネギま!』作者はキュートな萌え妻にメロメロ!?

最終更新:2008/06/09 19:38
こんな記事も読まれています

『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真