日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新ドラマ『働きマン』にあの創価学会が撮影協力!?

新ドラマ『働きマン』にあの創価学会が撮影協力!?

20071016_hatarakiman.jpgコミックス『働きマン』第1巻/講談社

 昨年10月にフジテレビ系でアニメ化され、初回4.6%、全11回の平均視聴率も4.0%(共に、ビデオリサーチ調べ)と、深夜枠としてはおおいに健闘した、安野モヨコ原作のマンガ『働きマン』(講談社「週刊モーニング」に連載中)。この度日本テレビ系でのドラマ化が決定し、去る10月10日22時より第一話が放送された。

 この秋クールに放送予定のドラマに関してはまだ第一話の放送が終了していないものも多いため、現時点では、ほかのドラマと比較した場合の“視聴率競争”についてはなんとも言えないが、菅野美穂を主演に据え、テレビ、雑誌、WEBにおいて大量の前宣伝を展開しており、この初回放送の視聴率は15.7%(ビデオリサーチ調べ)と、まあまずまずの数字をたたき出した。

 しかし、第1回の放送を観たそれら視聴者の一部から、早くも非難の声が上がっていることをご存じだろうか?

「原作マンガを読んでいる私からすると、『寒かった』の一言に尽きます。菅野演じる主人公・松方弘子がスクープをゲットし、「働きマン」に“変身”する場面など、わりと原作に忠実にそのまま映像化していたんです。そういったコミカルな場面もマンガだとまったく不自然でないんですが、それをそのまま実写でやられてしまうと、ちょっと……」(出版社勤務の29歳女性)

「エンディングではなぜか、原作にはない『働きマン音頭』なるものが登場していて、私の大好きな菅野美穂ちゃんがなんだか痛々しくて……。もう少し、実写版ならではの工夫がほしかったですね」(メーカー勤務の26歳女性)

 原作マンガは、「週刊JIDAI」なる架空の週刊誌編集部が舞台。恋愛を後回しにしてまでも仕事に生き、そのことに悩みながらもなお仕事に突き進む熱血女性編集者が主人公で、青年誌に連載されながらも、その点が女性にも受け、多くの熱狂的な女性ファンを獲得しているベストセラーである。マンガや小説を原作にした過去の多くのドラマがそうであったように、原作を愛するあまり、どうしてもドラマにはケチをつけたくなるファンがいるのはうなずける。

 しかし、実写ドラマ版『働きマン』についた“ケチ”は、これだけではなかった。あるテレビウォッチャーは語る。

「『働きマン』第1回放送のエンドロールの撮影協力クレジットに、『創価学会』の名前があったんです。おそらくいずれかの場面の撮影の際に、あの創価学会がロケーション協力したのでしょうが、それがどの場面だったのか皆目見当がつかないんです。タレントやテレビ業界関係者に創価学会員が多いというのは、以前より一部の雑誌などでまことしやかに語られている噂。しかし、まさか本作の出演陣に学会信者がいる、なんて意味では、さすがにないでしょうし……」

 そこで本誌取材班は、この件に関して日本テレビを直撃。すると、以下のような回答が得られた。

「夜道のロケシーン撮影時に、路上の出演者に照明を当てるために、道路に隣接している建物の屋上をお借りしました。この建物の管理者が創価学会でした。照明機材を屋上に上げることをはじめ、機材やスタッフを運ぶ車両の駐車場や施設内のトイレをお借りするなど、撮影にご協力いただきましたので、『撮影協力』のクレジット表記をしたものです」(日本テレビ総合広報部)

 というわけで、前出のテレビウォッチャーが呈した“疑惑”は、杞憂であった模様。結局その建物が、創価学会のどこのどんな施設だったのかは多少気になるところではあるが、同ドラマはまだ始まったばかり。池田大作先生の“協力”も得られたことであるし、寄せられる多くの“ケチ”などもろともせず、より面白く、そしてよりよい“数字”の取れるドラマとなるよう、大いに期待したいものである。
(編集部)

【関連記事】 『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いか
【関連記事】 現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」(前編)
【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制
【関連記事】 『アメトーーク!』が業界内視聴率王のワケ

最終更新:2008/06/09 19:40
こんな記事も読まれています

新ドラマ『働きマン』にあの創価学会が撮影協力!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真