日刊サイゾー トップ > 芸能  > 花魁インリン様、お江戸でも悩殺M字披露

花魁インリン様、お江戸でも悩殺M字披露

ryu_top.jpg

 ハマリ過ぎです。まさに“煩悩の権化”。

 とても撮影用の衣装とは思えません。インリン様がもし江戸時代に生まれていたなら、恐らく天職となったことでしょう(いや、悪い意味ではなく)。

 実はこれ、12月4日に開かれた、2008年3月6日に発売予定のPLAYSTATION3用ゲームソフト『龍が如く 見参!』の記者会見の様子。『龍が如く』と言えば、現代の歓楽街を舞台に人間模様が繰り広げられる、SEGAの人気アドベンチャーゲーム。

 なぜこんなところに、こんな格好のインリン様が?

 実はインリン様、このゲームにキャラクターとして起用されているのだ。今回の『龍が如く 見参!』は、江戸時代の京都・祗園が舞台になっており、他にも松方弘樹、竹中直人、寺島進、松田翔太など、そうそうたる顔ぶれが出演している。さらに、オープニングテーマがZEEBRA、エンディングテーマがケツメイシと、もう時代もキャストも音楽もごった煮状態になっている。

 インリン様の役どころは、滝修行にやってくる主人公を誘惑する「滝の煩悩」。遊女、くの一、水着など、様々なセクシーポーズと声で主人公の修行の邪魔をしてしまう。おそらくキャスティングを担当したSEGAのスタッフも、このチョイスには一寸の迷いもなかったのではないだろうか。

 ちなみにこれが「滝の煩悩」。

taki_1.jpg

taki_2.jpg

taki_3.jpg

 ところでインリン様と言えば、10月27日に開かれたナイタイグループ主催の「ミスシンデレラ・コンテスト2007」において、キャスティング会社に騙された(キャバ嬢中心のミスコンと聞いて仕事を受けたら、ほとんどが風俗嬢で平気でトップレスやあえぎ声を披露していた)としてかなりご立腹の様子だったことを先日の記事で伝えた。

 コトの発端となったキャスティング会社「トータルサプライズ」がインリン様に謝罪して終わりかと思いきや、11月20日のブログを見てみると、どうやらまだ事態は沈静化していないようだ。ブログの内容だけでは詳細は把握できないが、「最近、トータルサプライズが弁護士を入れてきたので、こちらも弁護士さんに依頼しました」など、穏やかでない記述が見られる。

 今回の記者会見では、本人もこの役柄に満足していたのか、終始笑顔だったインリン様。今後も引き続き彼女の悩殺ポーズを拝めるよう、早く問題を解決して、元気に頑張っていってもらいたいものである。

【関連記事】 インリン様、ナイタイに「つぶれろ!」 何に激怒しているの??
【関連記事】 本物よりカワイイ? 人気モデルたちがリカちゃんに変身♪
【関連記事】 仲村みう所属事務所社長が逮捕!! 今明かす“みうみう”の本音

最終更新:2008/06/27 21:24
こんな記事も読まれています

花魁インリン様、お江戸でも悩殺M字披露のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...
写真