日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 花魁インリン様、お江戸でも悩殺M字披露

花魁インリン様、お江戸でも悩殺M字披露

ryu_top.jpg

 ハマリ過ぎです。まさに“煩悩の権化”。

 とても撮影用の衣装とは思えません。インリン様がもし江戸時代に生まれていたなら、恐らく天職となったことでしょう(いや、悪い意味ではなく)。

 実はこれ、12月4日に開かれた、2008年3月6日に発売予定のPLAYSTATION3用ゲームソフト『龍が如く 見参!』の記者会見の様子。『龍が如く』と言えば、現代の歓楽街を舞台に人間模様が繰り広げられる、SEGAの人気アドベンチャーゲーム。

 なぜこんなところに、こんな格好のインリン様が?

 実はインリン様、このゲームにキャラクターとして起用されているのだ。今回の『龍が如く 見参!』は、江戸時代の京都・祗園が舞台になっており、他にも松方弘樹、竹中直人、寺島進、松田翔太など、そうそうたる顔ぶれが出演している。さらに、オープニングテーマがZEEBRA、エンディングテーマがケツメイシと、もう時代もキャストも音楽もごった煮状態になっている。

 インリン様の役どころは、滝修行にやってくる主人公を誘惑する「滝の煩悩」。遊女、くの一、水着など、様々なセクシーポーズと声で主人公の修行の邪魔をしてしまう。おそらくキャスティングを担当したSEGAのスタッフも、このチョイスには一寸の迷いもなかったのではないだろうか。

 ちなみにこれが「滝の煩悩」。

taki_1.jpg

taki_2.jpg

taki_3.jpg

 ところでインリン様と言えば、10月27日に開かれたナイタイグループ主催の「ミスシンデレラ・コンテスト2007」において、キャスティング会社に騙された(キャバ嬢中心のミスコンと聞いて仕事を受けたら、ほとんどが風俗嬢で平気でトップレスやあえぎ声を披露していた)としてかなりご立腹の様子だったことを先日の記事で伝えた。

 コトの発端となったキャスティング会社「トータルサプライズ」がインリン様に謝罪して終わりかと思いきや、11月20日のブログを見てみると、どうやらまだ事態は沈静化していないようだ。ブログの内容だけでは詳細は把握できないが、「最近、トータルサプライズが弁護士を入れてきたので、こちらも弁護士さんに依頼しました」など、穏やかでない記述が見られる。

 今回の記者会見では、本人もこの役柄に満足していたのか、終始笑顔だったインリン様。今後も引き続き彼女の悩殺ポーズを拝めるよう、早く問題を解決して、元気に頑張っていってもらいたいものである。

【関連記事】 インリン様、ナイタイに「つぶれろ!」 何に激怒しているの??
【関連記事】 本物よりカワイイ? 人気モデルたちがリカちゃんに変身♪
【関連記事】 仲村みう所属事務所社長が逮捕!! 今明かす“みうみう”の本音

最終更新:2008/06/27 21:24
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed