日刊サイゾー トップ > カルチャー  > レゲエシンガーH-MANがディスったアノ宗教団体

レゲエシンガーH-MANがディスったアノ宗教団体

20071217_rap.jpg日本を代表するレゲエシンガーのH-MAN

 レゲエシンガーのH-MANが、今年の夏に発売したアルバム『諸法無我』(オーバーヒートミュージック)の中に収録されている「そうかがっかり…」という曲がにわかに注目を集めている。というのも、この曲はタイトルからもわかる通り、某巨大宗教団体について、批判的に歌った曲なのだ。

20071217_rap2.jpg「そうかがっかり…」が収録された『諸法無我』
/オーバーヒートミュージック 価格:2940円(税込)

某巨大宗教団体とは?

 若者に絶大な人気を誇るストリートカルチャーのカリスマ・藤原ヒロシも自身のブログで「そうかがっかり…」について、「こういうの、好きです。言論の自由です。思った事を好きなように歌う、これって素直で素晴らしい」と語っている。歌詞を一部引用してみると、「やめたら地獄と脅される 金を出したら救われる つもりで足下すくわれる(略)折伏折伏大行進 着服着服する法人」と、かなり過激な内容だ。名指しではないが、某巨大宗教団体のことを歌っていることは明らか。さらに、歌ってはいるが、歌詞カードには書かれていない(書けない)歌詞も存在する。

 この曲が原因で、同団体からの嫌がらせや、CDをリリースしたことによる弊害はないのか、レコード会社に問い合わせてみた。

「曲が曲だけに、何かあるかも知れないと多少は想定してたんですが、実際には何もないですね。音楽関係者からは『よく出したね』と評判です。でも、CSの某音楽チャンネルからは、放送を拒否されました」(オーバーヒートミュージック関係者)

 そもそも、ストリートから生まれたパンクやヒップホップ、そしてレゲエには、反逆・反体制の精神がある。それらには、社会問題を歌った曲も多く、「そうかがっかり…」も自らが疑問に思うことを歌にした、反体制的な曲。

「『そうかがっかり…』は某宗教団体についても歌っているのですが、細木数子や今のスピリチュアルブームなど、世の中の怪しいものや、胡散臭いものをおちょくってるんです」(前同)

 テレビや政界にまで影響を及ぼすこの団体の信者たちは、H-MANの歌をどう聞くのだろうか。
(編集部)

【関連記事】 下北沢“伝説のクラブ”SLITSのための証言集
【関連記事】 マーティもベタ褒めする“初音ミク”の新展開とは?
【関連記事】 新ドラマ『働きマン』にあの創価学会が撮影協力!?
【関連記事】 史上初! 中国人監督が、日本のタブー“靖国神社”を撮ったワケ
【関連記事】 デビュー曲はあの放送禁止歌!笹生実久の世界

最終更新:2008/06/27 21:47
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed