日刊サイゾー トップ > カルチャー  > “神に最も近い男”角川春樹 宇宙、宗教、映画を斬る!(前編)

“神に最も近い男”角川春樹 宇宙、宗教、映画を斬る!(前編)

20080503_kadokawaharuki1.jpg

 昨年、「血を流さず、文化侵略によって、世界を平和的に席巻するのがオレの夢。そのためにも、脳細胞の覚醒が必要なんだ」と本誌に熱く語った、出版界・映画界の風雲児、角川春樹氏。そんな彼が今年6月、新作映画『神様のパズル』をいよいよ公開させると聞き、自宅を訪ねた。男は袴姿で現れ、来たる脳細胞の覚醒、つまり人間から神への脱皮に備えるべく、この日も木剣を振って肉体改造に励んでいた。

 本誌07年8月号に登場した際に、「人間から脱皮し、神の領域に近づいている段階。あと3年以内に確実に覚醒する」と断言した角川春樹氏。あれから9カ月、神へのカウントダウンはどこまで進んだのだろうか? また、エグゼクティブ・プロデューサーを務めた新作ラブコメディ『神様のパズル』では、鬼才・三池崇史監督と初タッグを組み、“宇宙はどのようにして誕生したのか?”という人類にとっての永遠の謎に挑んでいることでも注目される。

 麻薬取締法違反の罪による2年5カ月の服役経験を含め、破天荒な人生を歩んできた出版者であり俳人でもある角川氏にとって、“神”とはどのような存在なのか? メディアミックス戦略により社会を席巻した映画プロデューサーとして、テレビ局主導でなくてはヒット作を生み出せなくなってしまった現在の邦画業界をどう見ているのか? 市ヶ谷の陸上自衛隊駐屯地を見下ろすペントハウスにて、木剣を手に人間の肉体からの脱皮を図る角川氏から、スピリチュアル・メッセージを受け取った。

「木剣をいくら振っても、まったく疲れないんだ。前回のインタビューでは1万回を目指していると答えた? いや、今はもう2万5000回に達しているよ! この木剣というのは非常に重くて、剣道の国体級の選手でも1000回も振れないもの。全脳細胞を覚醒させるために、まず肉体を強化せねばと始めたんだが、もう肉体的には人間の領域を超えてしまった。脳細胞も今年中には覚醒しそうなんだ。ただ、残念なのが『神様のパズル』が公開される6月7日には間に合わないということ。公開前までにオレの脳が“開いて”いれば、今までにない公開戦略が立てられたんだけどな(笑)」

 人間の脳はフィルターをかけられた状態にあり、通常3%程度しか活用されていないが、肉体を強靭化した上でフルに覚醒させようというのが角川氏の考えだ。「50%開けば、すでに神の領域」と言う角川氏。そうなると、今回が〝人間〟角川春樹としての最後のプロデュース作品なのか?

「ん、人間としての最後の作品?(笑)まぁ、脳が開いても肉体的には人間ではあると思うがね。でも、
その時は映画宣伝・配給とか、そういうレベルじゃなくて、もっと根本的に変わっているだろうな。観音さまにチャネリングできる尼僧の白石慈恵氏によると、木剣1万5000回を超えた段階で、すでに人間ではなく超人の領域らしい。過去にさかのぼって、柳生石舟斎や宮本武蔵とイメージの世界で向き合っても、負ける気がしないんだよね。人間は、神話の時代は200~300歳まで生きていたのに、なぜ現代人は短命になったのか。“ブラフマー”の封印といわれているんだが、宇宙の創造主であるブラフマーが人間の脳にフィルターをしていると考えられている。自分の場合は、その封印が解けかかっているわけだ。自分は200歳は生きるんじゃないかな。だって、ちっとも老化してないからね。木剣をいくらでも振れるんだ。交代でそれを数えている社員たちのほうが、大変だよ(笑)」

 どうも凡庸な我々人間の肉眼ではとらえられないものが、角川氏にはいろいろと見えるらしい。具体的には、どのようなビジュアルなのか?

「1万5000回を超えた瞬間に、いろいろな神々が祝福に現れてね、『あ、これが神の領域か』とわかったんだよ。目を閉じて木剣を振っていると、世界中の祭りのような、予想もしなかったビジュアルが次々と浮かんでくるんだ。本当は“キング・オブ・ヨーガ”とインドでも公認されているヨーガ指導者の成瀬雅春氏と一緒にインダス河の上流で修行して、6月中に脳を開きたかったが、映画の公開があるからインド行きは9月に延ばした。大自然の中でのほうが開きやすいんだ。でも、やはり6月中に開きたいという思いがあるから、木剣3万3000回を6月までにクリアできるようにしたいと考えている。1秒で1回振るとしても、12時間はかかるだろう。途中で食事2回と水分を補給する時間を含めてだがね」
(長野辰次|文 伊丹 豪|写真/後編へ続く

0805hyoushi.jpg

わが闘争―不良青年は世界を目指す

角川春樹はいかに出版革命を起こしたか。アンチ・角川をもうならせる一冊

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 妨害でどうなる? 映画『靖国』緊急会見の他誌が報じない裏話
【関連記事】 中東の“裏歴史”を伝えるドキュメンタリー映画『NAKBA』
【関連記事】 EXILE・ATSUSHIも巻き込んだ詐欺映画『純愛』の手口

最終更新:2008/05/12 16:54
こんな記事も読まれています

“神に最も近い男”角川春樹 宇宙、宗教、映画を斬る!(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真