日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 角刈り芸人急増も…ブームは打ち止め?

ランジャタイ伊藤も!ジェラードン西本、ミルクボーイ内海…角刈り芸人急増もブームは打ち止め?

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

ランジャタイ伊藤も!ジェラードン西本、ミルクボーイ内海…角刈り芸人急増もブームは打ち止め?の画像1
(左)ランジャタイ 伊藤幸司、(右)ジェラードン アタック西本(ランジャタイ伊藤Twitter @ranjyatai11より)

 昨年末の『M−1グランプリ2021』決勝戦に進出した漫才コンビ・ランジャタイが、2月15日放送の『相席食堂』(ABCテレビ)の「街ブラ-1グランプリ」に登場。ツッコミ担当の伊藤幸司が角刈り姿を披露し、衝撃を与えた。

 綾波レイ風のおかっぱスタイルがトレードマークだった伊藤。しかし、ツッコミの国崎の“実家”を訪れるというロケの最後で、いきなり伊藤のヘアスタイルが角刈りになっているという、衝撃のボケを繰り出したのだ。さらに、ランジャタイの公式YouTubeチャンネルの『伊藤幸司、角刈りにする ランジャタイのぽんぽこTV 第42回』という動画では、理髪店で角刈りにする動画も公開された。

『相席食堂』での“ロケ中に髪型が変わる”というボケは、過去に見取り図も実践するなど、ある意味定番だ。今回もランジャタイだけでなく、真空ジェシカのガクもロケ中にマッシュルームカットからリーゼントに変わるというボケを繰り出していた。ま2月18日放送のTBS系ラジオ『真空ジェシカのラジオ父ちゃん』では、この時に角刈りにする案もあったことを明かしている。

 現代社会ではあまり見かける機会のない(?)角刈りだが、芸人の間では角刈りは決してめずらしいものではない。『M-1グランプリ201』王者・ミルクボーイの内海崇、『キングオブコント2021』ファイナリスト・ジェラードンのアタック西本は、角刈りキャラでおなじみ。かつて西本はスリムな体型かつ今風の髪型をしていたこともあり、ネットでは「錦戸亮似のイケメンだった」と言われることも多いようだ。さらに、古くはレギュラー・西川晃啓、シベリア文太なども、長く角刈りをキープしている。

「『相席食堂』でも千鳥の大悟さんが角刈りを“いちばんおもしろい髪型”と話していましたが、やはり角刈りはウケるんですよね。一般人でやっている人があまりいないということもあるし、適度な“ダサさ”を演出できる。かといって、ドン引きするような奇抜な髪型でもないので、すんなり受け入れられます。ボケとしても成立するし、かといって芸風を邪魔するほどでもない、ちょうどいい“おもしろい髪型”なんです」(構成作家)

 また、ミルクボーイの内海は、角刈りにしてからメキメキと頭角を現してきたとも言われている。

「ミルクボーイというと、賞レースでなかなか結果が出ずに腐っていた時期があったのですが、その後気持ちを入れ替え、さらには内海が角刈りにした後に、どんどん漫才がウケるようになっていったといいます。角刈りで笑いを取っているわけではないのですが、見た目の違和感が芸人“らしさ”につながり、漫才と本気で向き合っている空気感が演出されたのも事実。角刈りは、“芸人が得をする髪型”といえるかもしれません」(同)

 ジェラードンについては、西本の角刈りがネタのおもしろさを増幅させている。

「西本はセーラー服を着て乙女チックな役を演じることも多い。でも髪型は角刈りなわけで、そのギャップは単純におもしろい。わかりやすい笑いを届けるには、角刈りはとても有利なアイテムだと言えます」(同)

 芸人にとってはメリットも多い角刈り。しかし、角刈り芸人が増えてきたいま、その効果が薄れる一方だという。

「芸人の世界では“かぶり”は基本的にタブー。いまから若手芸人が角刈りにしたところで、ランジャタイ伊藤のマネをしただけだということになってしまう。当分は、新たな角刈り芸人も出てこないんじゃないですかね。ただ、逆に角刈り芸人が激増すれば、それはそれで面白くなっていく可能性もある。筋肉芸人だけでいろいろな企画ができるように、“角刈り芸人”がまとまってバラエティーに出てくれば、かなりおもしろそうです。意外とそういった挑戦的な企画をやってみるのもいいかもしれないですね」(同)

 今年のお笑い賞レース決勝戦では、角刈り芸人が何人も登場する……などという信じられない未来がくるかもしれない。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2022/02/26 11:00

ランジャタイ伊藤も!ジェラードン西本、ミルクボーイ内海…角刈り芸人急増もブームは打ち止め?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

橋本梨菜、「ムチで思い切り叩いて」に衝撃…

絶対に観ない方がいいと言われたら観たくなるのが本能。『ほんトカナ!?ケンドーコバヤシ...
写真