日刊サイゾー トップ > 芸能  > アッコも登場! アニメ『ヤッターマン』がヤバイくらいに暴走中

アッコも登場! アニメ『ヤッターマン』がヤバイくらいに暴走中

yatta-man.jpg読売テレビ「ヤッターマン」HPより

 30年ぶりのリメイクということで話題のアニメ『ヤッターマン』(日本テレビ系)。月曜7時という、『ネプリーグ』(フジテレビ系)、『東京フレンドパーク2』など高視聴率番組の裏で、常時10%前後の視聴率を獲得、安定した人気のようである。

 ストーリーのフォーマットやキャラクター、メカなどは、30年前と基本的に変わっていない。その一方で、子ども向けアニメとは思えないぐらいの遊びやコネタ、パロディといたリメイクならではの暴走ぶりが、一部で話題を集めている。

 まず、「ガッチャマン」や「キャシャーン」、「ウラシマン」など、竜の子プロダクションの作品の人気キャラが、通行人や観客などとして、しょっちゅう登場する。そして、今回の新シリーズの大きな特徴は、タレントネタがやたら多いこと。

 たとえば誰がどう見ても小倉優子な“ようこるん”という不思議系アイドルが登場。不思議キャラを演じ続けるのを悩んだうえ、「“こるん星”じゃなくて、千葉県茂原市出身です」とカミングアウトしていた。この回には、敵メカ「ワダアッコー」として、和田アキ子が登場。巨大ロボにもかかわらず、テレビ局の守衛に「ああ、アッコさんでしたか」と、簡単に通されてしまう。

 ゴールデンウィークの特番では、みのもんたが実名で登場、叶姉妹も、「カノウ姉妹」という役で、声も本人が担当した「ホンモノ」として登場と、やりたい放題。

 また、声優の遊びも多く、5月12日放送分では、「巣鴨ぶらり旅」というつくりで、ドクロベエ役の声優・滝口順平氏が『ぶらり途中下車の旅』のナレーターであることを逆手にとり、「おやおやドロンジョさん、どこいくんですか?」といったナレーションをつけてみたりした。

 さらに前出の特番では、トンズラーの声優が、かつての『ドラえもん』でのジャイアン役、ドロンジョがのび太役だったことから、脈絡なくトンズラーが「のび太ァ!」といきなり叫び、ドロンジョが「どっかで聞いたことある声だねえ」とボケるという一幕まであった。

「タイムボカンシリーズは、もともと、いわゆるネタの多いアニメでした。10年以上前に発売された、ヤッターマンたちのその後を描いたOVAでも、ガッチャマンの博士がボヤッキーの経営するソバ屋でソバを食べてたりしてましたし、こういった遊びは『お約束』でもあるんです」(アニメ誌編集者)

 しかしそれにしても、「のび太ァ!」の件は、声優陣を総取っ替えし不評をかった「ドラえもん」に対する、「こっちが本家だよ」という叫びにも聞こえてしょうがないが。

「それも十分あるかと思います。長年やってこられた声優さんたちには、『私がホンモノの、のび太だ』といったような自負は大きいかもしれませんから」(前出・編集者)

 それでは、これらの数々の「ネタ」、いったい誰がチョイスしているのだろうか。番組プロデューサーの読売テレビ・永井孝治さんに話を聞いた。

「小ネタに関しては、脚本家が書いてくるもの、シナリオ会議で決まるもの、さらに各話の演出家や監督が入れたりする場合など、そのときによります」

 タレントの登場に関しては、「本人をいじりたいので、本人に相談させていただくこともあれば、演出上、なんとなく“似てるキャラクター”になることもあります。みのもんたさんの場合も、両面で考えたのですが、タイトルも『ヤッターマン 今夜限りのドロンボーvsみのもんた』というものだったのですが、これが『ドロンボーvsみのぽんた』とかだと、よくわからないでしょ? みのさんご本人にも、楽しんでテンション高くやっていただけたようです」

 09年には嵐・櫻井翔主演での実写映画の制作が進む『ヤッターマン』だが、こちらもまた、ネタ満載ムービーになるのだろうか。
(太田サトル/サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より))

【関連記事】 原作モノ続きの映画業界 「ヤッターマン」の前評判は?
【関連記事】 『墓場鬼太郎』で、鬼太郎の“二重人格”ぶりはもう見た?
【関連記事】 よゐこも興奮! キン肉マン29周年で記念プロジェクトが続々
【関連記事】 『GOLDEN EGGS』のキャラが緊急来日!! ローズ&マリーも登場

最終更新:2008/06/06 18:54

アッコも登場! アニメ『ヤッターマン』がヤバイくらいに暴走中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真