日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 大きいお兄ちゃんが萌え狂う ショタアイドル「ぴこ」(前編)

大きいお兄ちゃんが萌え狂う ショタアイドル「ぴこ」(前編)

pikopiko.jpg都内のスタジオ「スナッピー」で開催された、女装男子コスプレイベント
「『ぼくのぴこ』になろうよ!ナイト」。手前の金髪がぴこ

 上の写真の異様な光景は、5月31日に開催されたイベント「『ぼくのぴこ』になろうよ!ナイト」での1コマ。『ぼくのぴこ』とは、大手AVメーカーのソフト・オン・デマンドから販売されている成人向けOVA「シリーズぴこ」(発売/ナチュラルハイ)の第1作目であり、少年・ぴこ(写真手前の青ブルマ姿。このかぶり物ぴこは、ファンから『リアルぴこ』と呼ばれている)のひと夏の儚い恋を描いた“世界初の18禁ショタエロアニメ”だ。

 ちなみに「ショタ」とは、少年を扱うジャンルのことを指し、そのジャンルを偏愛する人や少年そのものに愛情を抱く人のことを「ショタコン」と呼ぶ。本作では、一見すると少女のようなぴこが「ボク……男の子だよ?」と照れながら女装し、青年相手に濃いラブシーンを繰り広げる。06年9月に発売されるやいなや、アマゾンのアダルト総合ランキングをはじめ、数々の通販サイトで1位を獲得。販売数は1作目だけで1万本を超えるなど、成人向けOVAとしては異例のヒット。そして、続く第2作目『ぴことちこ』によってファンを増やし、最近はCDリリースや着うた配信などメディアミックスも著しい。冒頭のイベントは、そんなぴこファンに向けた“女装男子オンリーコスプレイベント”であり、この写真はぴことファンたちを記念撮影したものなのだ。

bokunopiko.jpg「シリーズぴこ」の1作『ぼくのぴこ』

 現在、ぴこファンの7~8割は20~40代の男性で、BL好きの腐女子からも支持を受けている。イベントに来ていた男性ファン数人に「ぴこの魅力」を尋ねると、「“女の子に見えて、実は男の子”というギャップに萌えますね。ショタの魅力? 女の子だと“甘えてもらう”しか選択肢が浮かばないけど、男の子なら男同士で“一緒に遊べる”ところかな」(ファンの「博士」さん)、「確かに設定上は男の子ですが、個人的には女の子としてとらえています。キャラの魅力はもちろん、視聴者が妄想できるように余白を残したストーリー構成にもハマッちゃいますね」(ファンの「抱き枕大魔王」さん)など、さまざま。こうした“おっきいお兄ちゃん”を虜にするショタアイドル・ぴこは、どうやって作られたのか? まずは、その誕生の経緯から探ってみよう。

 『ぼくのぴこ』を語る上で、重要な人物が2人いる。AVメーカーのナチュラルハイ代表であり、同作の製作総指揮を執るAV監督のとっちん氏と、アダルトアニメプロデューサーの金子政路(GOLDENBOY)氏だ。前代未聞のショタエロアニメのプロジェクトは、とっちん氏が用意した1枚のイラストから始まった。

「『アダルトアニメを作りたい』と思ったものの、何しろ経験がなかったので、金子さんに相談したんです。何度目かの打ち合わせの時に、以前からネットのサイトを見て『いいなー』って気になってたショタイラストを、プリントアウトして見せました」(とっちん氏)

 とっちん氏が一目惚れしたそのイラストは、「可愛い男の子がタンクトップを乳首の上まで捲り上げ、オチンチンを勃起させたもの」(金子氏)だったという。後に、それが人気同人誌サークル「彩画堂」が発行した『ショタナイズ』(現在は頒布終了)の収録作品だとわかり、キャラクターデザインの原案を彩画堂氏に依頼。さらに、『恐竜キング』(テレビ朝日)などの監督・谷田部勝義氏をはじめ、成人向けOVAとしては例を見ない豪華スタッフが集結した。

 そもそもとっちん氏がショタに興味を持ったのは、「ある時、ネットで可愛い少女の写真を見つけて、下にスクロールしたらオチンチンが付いていた」という“事件”がきっかけだそう。

「僕のように“勘違い”から入ることもあったり、ショタの間口は意外と広い。その間口をもっと広くし、ショタへの取っ付きやすさを出すため、ぴこに女装をさせました。とにかくたくさんの人に興味を持ってもらい、“可愛いものは性別関係なく可愛い”ということが伝わればな、と」(とっちん氏)

 金子氏も、「ぴこは、性別を超えた究極のアイドル。男性に『この男の子だったらエッチしてもいいな』と思えるキャラにすることが大前提でした」と続ける。そのため、設定にはかなりの時間が費やされたようだ。

「2週間に1回、監督をはじめスタッフが全員集結して、髪の長さからお尻の形に至るまで、いくつもパターン案を出し合ってぴこを作っていきました。名前も当初はぴこではなく、『ぱお』だったんです(笑)」(同)

 ちなみに「ぱお」の由来とは?

「包茎の“包”(中国語で「パオ」)。『ぞうさんパオ〜!』とか言わせたかったんだけど、すでに某ゲームにパオというキャラがいたので、断念しました。あと、『ぴこの由来は“ぴんこ勃ち”』『ちこの由来は“ちんこ”』との説がまかり通っていますが、実はぴこは男性の名前によく使われる“彦”、ちこは“ちっこい”が由来なんですよ」(とっちん氏)
(アボンヌ安田/後編へ続く

『ぼくのぴこ』

見たら案外ハマっちゃうかも?

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 4歳男児のイメージDVDがついに登場! ターゲットは女?男?
【関連記事】 ●●受けが良すぎる? 山上兄弟の苦悩
【関連記事】 Tバック・手ブラは当たり前! 迷走するジュニアアイドルの未来

最終更新:2014/03/03 15:55

大きいお兄ちゃんが萌え狂う ショタアイドル「ぴこ」(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真