日刊サイゾー トップ > 社会  > 『文学賞メッタ斬り!』が文壇に取り込まれる!?

『文学賞メッタ斬り!』が文壇に取り込まれる!?

metta.jpgそれでも、直木賞作家・石田衣良が
天然発言を繰り広げる章「受賞作家
の逆襲・下」は必見&必笑!

 出版業界にあって批判がタブーな作家たちを小気味よく斬り倒して熱烈な支持を集めてきた『文学賞メッタ斬り!』シリーズ(PARCO出版)。ライター・豊崎由美氏と翻訳家・大森望氏の2人が、芥川賞・直木賞ほか、各文学賞受賞作から、選考委員、選評までを毒舌批評するのが最大のウリだが、先頃刊行されたシリーズ4冊目となる最新刊『~2008年版 たいへんよくできました編』には、文芸関係者から戸惑いの声が上がっている。

「渡辺淳一はじめ、石原慎太郎や宮本輝といった大御所作家たちを臆せず批評する姿勢は敬服に値しますが、他方で、その評価はいかがなものかと思うものも少なくない。たとえば、芥川賞受賞作となった川上未映子の『乳と卵』の場合、彼女の特徴でもある難解さを押さえて、いわば“ゆるく”書かれている。にもかかわらず、これまでそうした“受賞狙い”に冷ややかなコメントを加えてきた2人がなんのツッコミも入れていません」(文芸誌編集者)

 そのほか、かつては手厳しく批判していた山田詠美を最近では批判しなくなったどころか、同書では、前作でゲスト登場した作家・中原昌也氏の山田批判に関して、『山田さんにもご迷惑をおかけしたみたいで、わたしたちも心配してた』というくだりも。従来のタイトルに比べ、各所への気づかいが垣間見えるのだ。

「とりわけ豊崎氏は、“情が芽生えるから”という理由で作家と直接接触することなく辛口批判をしてきましたが、最近では、授賞式やその二次会などにも顔を出して、文壇人と近い関係を築いている。それ自体は悪いことではありませんが、それによってむしろ彼女のほうが文壇に取り込まれているように見えて気になります」(同)

 最新の芥川賞・直木賞受賞予想をWで的中させ、『~2008年版 たいへんよくできました編』の裏表紙の帯には、“まさかのメッタ褒め?”という惹句が踊ったが、今後はさらに、文壇事情に配慮したメッタ褒めが展開される……なんてことは、ないですよね?
(編集部/「サイゾー」7月号より)

「文学賞メッタ斬り! 2008年版 たいへんよくできました編」

作品選考の裏話あたりもオモシロイです

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 川上未映子、パンチラ狙われる?
【関連記事】 絶好調の川上未映子 文芸編集者が語る氏の“実力”とは?
【関連記事】 芥川賞作家・金原ひとみが極秘出産!?
【関連記事】 世界は「モテない男」が救う! 本田透の痛快すぎる文学論

最終更新:2008/07/03 12:06

『文学賞メッタ斬り!』が文壇に取り込まれる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

 しずるとライスとサルゴリラの同期芸人たちがユニットを組んで新たに「メトロンズ」とし...
写真