日刊サイゾー トップ > 社会  > 「人間として考えられない」──『救う会』、加藤発言に厳重抗議へ

「人間として考えられない」──『救う会』、加藤発言に厳重抗議へ

 7日夜の加藤紘一議員による発言に対する波紋が広がっている。

 問題の加藤発言は、2002年に北朝鮮から一時帰国した拉致被害者・曽我ひとみさんら5人を「北朝鮮に戻すべきだった」としたもの(Yahoo!ニュース記事参照)。加藤議員は、当時の日本政府が北朝鮮との約束を反故にし、同国に被害者を差し戻さなかったことに対して批判。現在北朝鮮との対話が進まない原因として、当時の政府決定を問題視した。

 この発言に対し、ネット上は紛糾。

「加藤は人命を外交のカードとして切り捨てるつもりか」「法治国家の立法府に身を置く人間の発言とは思えない」などと、批判的な書き込みが相次いでいる。

 また、『北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会』(以下『救う会』)は8日、日刊サイゾーの取材に応じ、「一両日中にも議員に対して厳重な抗議を申し入れる予定だ」と語っている。

■『救う会』平田隆太郎事務局長のコメント

拉致された被害者を犯人の元に返すべきとは、まったく言語道断。もし本人や家族がその立場でも同じことが言えるのか。議員として、と言うより、人間として考えられない発言だと捉えている。

【関連記事】 金融庁もタヌキ寝入り!? ゆうちょ銀は“政治タブー”
【関連記事】 警視庁のエースも登場! 文科省摘発にビビる文教族
【関連記事】 役人がスパイ活動!? 混迷する永田町に拍車

最終更新:2008/07/28 18:38
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「人間として考えられない」──『救う会』、加藤発言に厳重抗議へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真