日刊サイゾー トップ > スポーツ  > スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(後編)

スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(後編)

yasutaro_matsuki.jpgテレビ朝日のサッカー中継といえば、熱い解説で
お馴染みの松木安太郎氏。近頃は、正統的なサッ
カー解説ではないが、「面白い」「笑える」と各方
面から人気。

前編はこちら

スポーツ中継は素材が勝負
安い演出なんかいらない

──個人的には、日本代表戦の中継に、過剰な演出はいらないと思うんですがいかがでしょう?

倉敷 結局、スポーツ中継は素材が勝負なんですよ。代表チームが弱ければ、誰も見なくなるでしょう。でも、民放の中継は、素材に過剰な演出を施してしまって、本来の姿を見えなくしてしまっている。選手が足をつっていても「大丈夫です、彼ならやってくれますよ!」なんて実況アナが言ってしまうと、見てる人は「そうなのか」と思ってしまう。視聴者が考えるヒマもなく、テレビが勝手に結論まで言ってしまう。


──たとえば、まったく見たことのない外国人選手であれば、どの国のどのクラブに所属していて、といった基礎的な情報は必要だとは思いますが、「アフリカの○○」「中東の○○」みたいにおかしなキャッチフレーズをつけたりするのは、どうなんでしょう。

倉敷 キャッチフレーズをつけるというのも、演出のひとつですが、あまりに奇をてらいすぎて、何も伝わらない、心に響かないのであれば、やらないほうがいいですよね。わかりやすいキャッチフレーズをつけてしまうのは、数字を稼ぎたいプロデューサーの意向やディレクターの功名心もあるかもしれない。あるいは、事前の取材をしてないから、キャッチフレーズだけつけて、お茶を濁しているという部分もあるでしょう。ただひとつ言えるのは、安っぽい演出のせいで、本来の味すらわからなくなってしまうということ。そのまま食べても美味しい野菜に、安いドレッシングをかけたら、変な味になるのと一緒です。視聴者も、そういうものばかりを見させられていると、“味覚オンチ”になってきますよ。

──昨年、SKY PerfecTV!はJリーグ全試合の5年間の放映権を150億で購入しましたよね。ただ、放映権料に見合う数字は出せていないようで、大赤字という話もあります。ある意味で「十字架を背負った」という見方もできます。正直、スカパーが国内のJリーグをどう盛り立てて行きたいのか、よく見えてこないんですが……。

倉敷 昨年1年目と今年2年目で中継スタイルの方針は変わってきています。1年目はすべての試合をスカパーだけで中継しようとして、地方に点在する各Jリーグクラブの事情に精通している地元放送局のスタッフを使わなかった。これが大きな失敗だったと思います。2年目、つまり今年になって、地元の制作スタッフも中継に参加するようになって、少し良くなりましたね。でも、具体的に言えば、試合中継において、オフサイドやファウルなどの微妙なシーンの扱いやフレーミングなどがバラバラで中継の意思統一がとれていない。違うというのが悪いことではないけれど、中継する上でベーシックに共通しているものは必要だと思うんですよ。ところが実際には、その共有まで行っていないのが現状です。ただ、この“十字架”は背負い甲斐のあるもので、スカパーで仕事をする人にとっては、少なくともこの先3年間は続けて同じ中継に関われるわけです。これまで海外のコンテンツを数多く中継してきたスカパーが、国内のサッカー中継でどういう絵を作っていくかというのは楽しみなところです。たとえば、欧州チャンピオンズリーグ中継のフレーミングやスイッチングをJリーグ中継でもやってみたい、という意識があれば、Jリーグ中継も当然変わってくるでしょう。地上波のスポーツ中継関係者も見てくれている人がいるでしょうし、相乗効果でスポーツ中継全体が向上していくのが理想ですね。

倉敷保雄(くらしき・やすお)
1961年、大阪府生まれ。SKY PerfecTV!やJ SPORTSでサッカー中継の実況アナウンサーとして活躍。ラジオ福島アナウンサー兼プロデューサー、文化放送記者を経てフリーアナウンサーに。愛称はポルトガル語で「名手」を意味する「クラッキ」と苗字の「倉敷」とをかけた「クラッキー」。著書に『実況席より愛をこめて』(徳間書店)、山本浩氏(NHK)との対談集『実況席のサッカー論』(出版芸術社)。

「サイゾー」7月号より/構成・河治良幸)

スターランサー・AS-5472SLB 5号 サッカーボール

テレビで見るより、やっぱり蹴ってるほうがいい?

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 現役ディレクターが吼える「テレビバラエティは死んだか」
【関連記事】 パチンコ解禁は断末魔? 信頼も文化も失ったCMの未来
【関連記事】 “あるある捏造”関西テレビの懲りない「納豆ポスター」

最終更新:2013/02/12 11:23
こんな記事も読まれています

スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真