日刊サイゾー トップ > 社会  > 「編集部はばか者」mixiでマンガ家の彼女がジャンプを痛烈批判!

「編集部はばか者」mixiでマンガ家の彼女がジャンプを痛烈批判!

jump_mixi.jpg当該アカウントは削除されているが、一度ネット上
にアップされたデータを完全に消滅させることは決
してできないのだ

 mixiで週刊少年ジャンプ(集英社)のマンガを批判した女性が話題になっている。女性は日記において「ナルトはもう死ね」「銀魂はひどい作画」「ダブルアーツは読みにくい」などなど、ジャンプのベテラン連載陣に対して痛烈な批判を展開。さらには「何が面白いか。それを把握するのが編集長の仕事だろう」と編集長への提言で文章を結んでいる。これだけなら普通の読者の感想文なのだが、実はこの女性、今週のジャンプに読み切りマンガ『べるぜバブ』を掲載したマンガ家・田村隆平の恋人であることを公言しているのだ。こともあろうか、自分の彼氏が仕事をしている雑誌を堂々と批判してしまったわけだ。


 さらに女性は日記上に、ボツになった『べるぜバブ』のネーム(マンガの下描き)を掲載。日記によると掲載された作品には作者の田村自身も納得していないらしく「相方も『あんなマンガが描きたかったんじゃない』と言ってます。」などとしたうえで「編集部はばか者どもの集まり」と一刀両断。また、「うちの相方もとにかく連載取れて、一年続いたら見切りつけるらしい。」と、田村隆平がジャンプに固執しない姿勢であることを示唆している。

 この日記が2ちゃんねるなどで注目され始めたのが、13日の未明のこと。ネットユーザーの間では「言ってることは正しいが、おまえが言っちゃダメ」「これは彼氏かわいそう」など、女性の軽率な書き込みに対する批判が続出。騒ぎに気づいたのか、数時間後には女性の日記は削除されたが、すでにネット上には当該日記や画像のコピーが大量に出回っており、誰もが閲覧できる状態になっている。

 mixiや2ちゃんねるを中心に、ネットへの不用意な書き込みによるトラブルが後を絶たない昨今だが、今回の騒動に誰よりも驚いているのは、マンガ家・田村隆平本人かもしれない。

12歳からのインターネット

学ぼう。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 炎上寸前!? 新山千春のブログがアツい(イタい?)!
【関連記事】 芸能プロも頭を抱える!? タレントブログの“管理”問題
【関連記事】 「川田アナは世間知らずで打たれ弱い」電撃・南部のブログが炎上!

最終更新:2008/08/14 09:03

「編集部はばか者」mixiでマンガ家の彼女がジャンプを痛烈批判!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真