日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 『ポニョ』独走も市場は縮小傾向 洋画不調の原因を徹底分析!

『ポニョ』独走も市場は縮小傾向 洋画不調の原因を徹底分析!

shinetawa-.jpg映画産業の明日はどっちだ!?

 今年も夏休みが終わってしまった。夏休み映画はといえば、『ポニョ』が市場を席巻し(記事参照)、それなりに盛り上がった感があるが、全体の状況はあまり健全とは言えない。参考までに、現時点での夏休み映画の興収上位作品を並べてみよう(題名後のカッコ内は公開日と配給会社)。


1.『崖の上のポニョ』(7月19日・東宝)150億円~
2.『花より男子 ファイナル』(6月28日・東宝)75億円
3.『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(6月21日・パラマウント)57億円
4.『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール/ギラティナと氷空(そら)の花束シェイミ』(7月19日・東宝)50億円
(文化通信調べ・数字は一部推定)

 5位以下はかなり流動的なので省略するが、結果として『ポニョ』の1本かぶりである。先日、『ポニョ』は観客動員が1000万人を超えたとの発表があったが、最終的に興収150億円は超えそうで、まさに宮崎アニメの面目躍如と言っていい。

 また、2番手の『花より男子』は予想以上の大健闘。07年公開の『HERO』(81.5億円)には及ばなかったが、70億円を突破する堂々たる成績。以上、東宝作品が1位と2位、加えて4番手の『ポケモン』も同様に東宝作品。

 日本市場の問題点は、東宝以外の邦画がなかなか稼げない点にある。5位以下で、東宝以外の邦画は、松竹の『ゲゲゲの鬼太郎』の13.5億円が一番上位である。評価の高かった『クライマーズ・ハイ』(東映・ギャガ)にしても興収は11億円。この、東宝1人勝ちの状況はなかなか動かない。

 そして、ここに来てさらに問題視されているのが、ハリウッド映画を中心とする洋画陣営の不振である。『インディ・ジョーンズ4』こそ、興収50億円を突破してこの夏の3番手につけたが、当初の配給側の目標は100億円だった。そして、これに次ぐ洋画の2番手は恐らく『ハムナプトラ3』だが、興収は20億円程度に止まる見込み。話題になった『セックス・アンド・ザ・シティ』にしても、10億円を上回るのが精いっぱいである。

 最近、ハリウッド映画が不振をかこっている原因は色々考えられるが、その一番目は、映画の内容的に日本市場と相性が悪いという点であろう。

 ちなみに、今年の全米興行収入上位10傑は、現在までに下記のようになっている(10万ドル以下の数値は切り捨て)。

1.『ダークナイト』4億9300万ドル
2.『アイアンマン*』3億1700万ドル
3.『インディ・ジョーンズ4』3億1500万ドル
4.『ハンコック』2億2600万ドル
5.『WALL・E/ウォーリー*』2億1600万ドル
6.『カンフー・パンダ』2億1200万ドル
7.『ホートン/不思議な世界のダレダーレ』1億5400万ドル
8.『セックス・アンド・ザ・シティ』1億5200万ドル
9.『ナルニア国物語』1億4100万ドル
10.『ハルク』1億3400万ドル
(5月1日以降公開作品。*印は日本では未公開)

 このランキング中、まず『ダークナイト』『ハルク』といったアメコミ作品が日本ではパッとしない。9月27日公開の『アイアンマン』にしても、日本では知名度の低いキャラクターなので、苦戦が予想される。

 かつて『アメコミ映画は日本ではヒットしない』という定説があって、それは『スパイダーマン』で払拭されたかのように喧伝された。しかし、定説は相変わらず生きていて、『スパイダーマン』の方が例外だったと考えるのが妥当である。

 また、6位の『カンフー・パンダ』と7位の『ホートン』はファミリー向けのアニメ作品だが、これまた日本ではヒットしないジャンル(アメリカ製アニメ)である。事実、この2作、今夏の日本での興行は厳しい結果に終わっている(ただし、例外はピクサー作品で、5位の『ウォーリー』は日本では次の正月の大ヒット作と目されている)。

 思えば、昨年の夏は『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『ハリー・ポッター』の新作があって、その他にも『ダイ・ハード4』や『トランスフォーマー』といったアクション大作があり、ハリウッド映画はかなりの賑わいを見せていた。たまたま今年の夏が、ジャンル的に日本と合わなかったという巡り合わせであれば、まだ納得もできる。

 しかし『バットマン』はまだまだ続くし、今年1作目がヒットした『アイアンマン』もシリーズ化が決定している。『ハルク』も同様だろう。何年か後に、また悪い巡り合わせはやってくる。何か、対策が必要である。
(eiga.com編集長・駒井尚文)

作品の詳細は以下より。
『崖の上のポニョ』
『花より男子ファイナル』
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール/ギラティナと氷空(そら)の花束シェイミ』

キネマ旬報 2008年 9/1号

『20世紀少年』はだいじょうぶなんでしょうか。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 大作だけが映画じゃない! 今年も豊作“ミニシアター”のススメ
【関連記事】 熱戦の余韻冷めやらぬ晩夏は“野球”映画に大注目!
【関連記事】 映画『フロンティア』劇場鑑賞券を5組10名様に!

最終更新:2008/09/01 19:25
こんな記事も読まれています

『ポニョ』独走も市場は縮小傾向 洋画不調の原因を徹底分析!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真