日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 星野JAPAN惨敗で雑誌業界は”プチバブル”状態!?

星野JAPAN惨敗で雑誌業界は”プチバブル”状態!?

 9日、『NEWS ZERO』(日本テレビ)に出演した北京五輪野球代表監督の星野仙一氏。ネットや雑誌での度重なるバッシングに対して「私をたたけば売れるらしい。日本はいじめ国家になっている」と発言し、さらなる物議を醸しているが、実際に星野監督に対する批判記事を掲載した雑誌の売り上げは上がったのだろうか。

「いや~、不謹慎かもしれませんが星野JAPANが北京五輪で惨敗して良かったですよ。だって、特集を組んだらバカ売れですからね。今年一ですよ」


 こう明かすのは大手出版社のある幹部。活字離れが言われて久しいが、今年も新聞、雑誌の売れ行きは低迷一途だった。そこへメダルは確定だと思われていた星野JAPANが4位に終わったことで、特に週刊誌はこぞって星野バッシング。テレビやスポーツ紙が、いまだ野球界に大きな影響力を持つ星野との関係を気遣った中で、週刊誌では叩き放題の過激な記事が並んだ。これが予想以上に大反響を呼び、次の週も再び特集ページを組んだ週刊誌がほとんどだ。

 この出版界の”プチ星野バブル”にさらに追い風になるかと思われたのが、福田前首相の突然の辞任劇。各週刊誌はさっそく星野JAPANから切り替えて福田辞任の舞台裏などの特集ページを組んだが……

「これがさっぱり。全く売れないんですよ。本当に福田さんは人気なかったんですね。普通はこういった辞任ものはどんなに支持率が低くても、さすがに読者の関心をひくものなんですがね……」(出版関係者)。

 ”惨敗”の重みは、一国の首相のそれより野球のほうが重いということだろうか。

北京オリンピック総集編

柔道内柴「五輪はドラマの強いほうが勝つ」

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 五輪柔道惨敗は「恐怖の本命キラー」東原亜希の”呪い”!?
【関連記事】 【北京五輪】やはりあったか五輪グッズの偽造品!
【関連記事】 媚中報道の元凶!? プレスパス欲するマスコミの談合&自主規制

最終更新:2013/02/12 11:40

星野JAPAN惨敗で雑誌業界は”プチバブル”状態!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真