日刊サイゾー トップ > 社会  > 日本が欲しがる新戦闘機 買えるか否かはオバマ次第!?

日本が欲しがる新戦闘機 買えるか否かはオバマ次第!?

f22rapter.jpg高いステルス性を備えたF22。08年現在、配備され
ているのは米軍のみ。

 日本の現主力戦闘機であるF15を遥かに凌ぐ空戦性能、レーダーに映りにくいステルス性能を備えている米空軍の新主力戦闘機F22ラプター。ハイテクの塊である同機は、完成時から、米議会が技術流出を恐れて、輸出を禁止している。

 にもかかわらず日本の防衛省はF22にご執心、本年度中に導入を決定する路線が敷かれ、次期主力戦闘機の”本命”として見られていた。米政府に対し同機に関する情報提供を求め、輸出を可能にするべく、たびたび働きかけてきたのだ。

 だが、米国の態度は変わらず、8月28日に防衛省はFX(Fighter-X=新戦闘機)選定を白紙に戻した。当面は現用のF15の電子装備をバージョンアップして凌ぎ、FXは2010年以降に改めて検討すると発表したのだ。

「防衛省はF22を諦めきれず、FX導入計画を変更までしました。その背景には大統領選の結果次第で、今後は米国の態度が変わる可能性があるからです」(軍事アナリスト)

 米大統領選は、現時点においては、オバマ勝利の方向に傾きかけている。オバマは経済再建を第一に掲げているため、貿易赤字を解消すべく、F22の輸出を認める可能性がある。1機の価格も非常に高額なため、買おうという国は、今のところ日本ぐらいしか見当たらない。そのため、生産しているロッキード・マーチン社は、対日輸出に大きな期待をかけており、輸出を解禁するよう米議会に盛んなロビー活動を行っているという。

「防衛省が決定を先送りにしたのは、オバマの対日政策がいまだ不透明だからです。今後、それが明らかになれば、再び米国に強く働きかけることになるでしょう」(前同)

 近年、防衛問題をめぐり、自主自立、核武装など威勢のいい論調が目立つが、主力戦闘機も結局、米国にお願いせねばならないのが、いつまでたっても変わらない日本の現実なのだ。
(賀谷徹/「サイゾー」10月号より)

ディスカバリーチャンネルF/A-22 次期主力戦闘機の誕生

マニアならずとも。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “防衛フィクサー”逮捕も政界ルートは着手せず!
【関連記事】 防衛省腐敗を生む元凶 ずさんな装備調達とは?
【関連記事】 こんな戦車、必要なの? “無駄”で潤う三菱重工

最終更新:2008/09/22 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed