日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > これじゃ破綻も必然?『私のしごと館』に行ってみた
【退屈巡礼】vol.01

これじゃ破綻も必然?『私のしごと館』に行ってみた

tokyokaseryo.jpgガラス張りのやたらクールな外観。さすがお金がかかってるだけのことはあり。

この退屈なご時世に、退屈しのぎに退屈な場所に行ってみるシリーズ【退屈巡礼】。第一回はオープン5年目で早くも民間委託が決まった、京都の『私のしごと館』に行ってきました。

 数ある”血税無駄遣いのハコモノ”の中でもボス級の赤字施設「私のしごと館」(京都府)が、とうとう廃止の方向で話が進んでいるようです。建設費およそ581億円、そして年間約20億円の赤字……と、これだけのお金がタレ流し的に使われたんじゃ、そりゃ皆さん怒りますよね~。でもまぁ、そういう問題の追及はとりあえず横に置いておくとして、「せっかくあるんだから、どんなところか行ってみよう!」という方針で楽しんでみることにします。今後は民間に委託されるとはいえ、いつ無くなっても不思議じゃないですからね。
館内の様子はこちらから

 そもそもこの「私のしごと館」、何をするところなのかと言えば、いろんな職業を体験する事で「働く喜び」を知ってもらおうという、「キッザニア」のちょっとアダルト版という感じ。体験できる職業も日本の伝統工芸から美容師やピアノ調律師、声優、ケーキ職人に消防士、果ては宇宙開発まで、憧れの職業や夢のお仕事がズラリと勢揃い。そしてほとんどの職業が「実際に現場で使われているホンモノ」で体験できるというのが特徴とのことなので、どうせなら普通は絶対に体験できそうもない「宇宙開発」にトライすることに。

 宇宙開発のブースに使われている、円筒状の宇宙ステーションの一部もホンモノと同じものらしく、これだけで数億円かかってるとか……そりゃどんだけお金があっても足りないよ!

 しかも「宇宙開発」って何をやるのかと思えば、単に地上チームと宇宙チームに分かれて、マニュアル通りに「通信ごっこ」をするだけ! こ、これは……せっかくの設備がほぼ意味ナシでは……。

 たまたま社会見学で来ていた女子高生と通信できたのはささやかなラッキーでしたが、これは明らかに職業のチョイスを間違った気が! 隣でやっていた「消防士」(こちらも本物の消防車や消防服を使用)の方がずっと楽しそうでした。やっぱり職業選びは大事だな、と思い知りましたよ。

 とまぁ、今回は運悪くとんでもなくつまらないコースをチョイスしてしまいましたが、選び方を間違えなければ貴重で楽しい体験ができるはず。中には、オリジナルのリカちゃん人形を作ってお持ち帰りできる「玩具製作」なんていうマニアックなコースもあるので、ムダに豪華なこの施設がまだ残っているうちに行ってみるのも悪くないんじゃないでしょうか。問題は、京都の郊外(ほぼ奈良)という、ほとんどの人にとってすごく不便な場所にあることですけどね。というか、場所を決める時点で「人が来ないだろうなぁ」ってのは予見できなかったんでしょうか? 本当に謎です。

tokyokaseryo.jpg体験したところで、将来なれそうな職業が少ないのは気のせいでしょうか?

tokyokaseryo.jpg本物と同じ作りの宇宙ステーションを再現……といっても無重力が体験できるでもなく、
お金がかかったわりには特にやることはナシ。

tokyokaseryo.jpg宇宙ステーションとの通信ごっこの風景。
宇宙はとてつもなく退屈なのですね、わかります。

tokyokaseryo.jpg実際に使用可能な放送機材を使った「マスコミ」。

tokyokaseryo.jpgこちらは実車を使った「消防士」。とにかく設備は豪華。

tokyokaseryo.jpgなにやら物質転送でもできそうな外観ですが、何かと思えばただの「職業適正診断」のコーナー。
あのぉ、家のパソコンでもできそうなんですけど(笑)

tokyokaseryo.jpg一体に数十万円から200万円以上もかけたとされる職業図鑑人形。

tokyokaseryo.jpgちなみに上のスーツの人は「畑作従事者」だって。わかりにく過ぎるだろ!

●ご利用の心得

・いちいち「国民の血税で…」と怒らない!
・「ホンモノ」の機材や装置を存分に堪能しよう
・明らかにおかしな点はツッコミで楽しもう

●あまり親切でないご利用案内

営業時間:午前9時30分から午後5時
休館日:毎週月曜(祝祭日の場合は翌日休)および年末年始(12月25日~1月5日)
入館料:大人700円、大学生500円、中高生300円、小学生200円 ※一部体験については別途料金
住所:京都府相楽郡精華町精華台7丁目5-1
アクセス:JR学研都市線「祝園」または近鉄京都線「新祝園」駅より奈良交通バス、「私のしごと館」下車
HP:http://www.shigotokan.jp/

(取材・文/大黒秀一)

13歳のハローワークDS

DSで職探し?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 こんな戦車、必要なの? “無駄”で潤う三菱重工
【関連記事】 企業の子育て支援策に「効果は皆無」 むしろ悪影響?
【関連記事】 彼らはいったい”誰”の犠牲か?『名ばかり管理職』の実情

最終更新:2015/02/19 13:43
こんな記事も読まれています
関連キーワード

これじゃ破綻も必然?『私のしごと館』に行ってみたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...
写真