“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士が2020年を占う!「人生3回目の花が咲く?」

文=瓜田 純士(うりた・じゅんし)

2020年も舌好調な瓜田夫婦。新曲「WHO IS JOKER?」も要チェック!

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を持つ“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(40)が、芸能界、アウトロー界、ファッション界、そして自らの2020年を占う!

***

――昨年はYouTubeチャンネル「瓜田純士プロファイリング」で大活躍した瓜田さん。その類いまれなるプロファイル力と予知能力を駆使し、2020年の日本を占ってもらおうというのが今回の企画趣旨です。

瓜田純士(以下、純士) 基本的に俺、自分のこと以外にはほとんど興味がないんですけど、仕事なので頑張ります。

――日本全体を見て、昨年はどんな年だと感じましたか? そして今年はどんな年になると予想しますか?

純士 去年は平成から令和に時代が変わり、世の中のいろんな古いものが淘汰されていく瞬間を見た、という気がします。時代に取り残された連中は、生き残れない世の中になってきたな、と。子どものユーチューバーが、昔ながらの芸能人より稼ぐようになったというのも、そのひとつの表れかも。

 また去年は、東京五輪に向けて“クリーンな日本”というイメージづくりが加速していく一方で、川崎の通り魔や京都アニメーション放火殺人などの悲惨な事件も相次ぎました。それらの事件は、時代の流れに乗れない人たちの“負のパワー”が噴出したもののように感じました。そんな中、格差社会をテーマにした映画『ジョーカー』が公開されたのは、何やら象徴めいていましたね。

 今年は5Gがスタートしますから、「ついていける人」と「落ちこぼれる人」の二極化が、ますます進むんじゃないでしょうか。世知辛い世の中になりそうですが、俺も脱落せぬよう踏ん張って生きていくしかないですね。

――では、ここからは、業界別の2020年の予想をお願いします。まずは芸能界から。昨年は芸能人の薬物事犯が相次ぎましたが、今年パクられそうなタレントはズバリ、誰でしょう?

純士 俺に芸能界のことなんかわかるわけねーだろ! と言いつつ、ある筋から聞いたウワサ話を紹介すると、大物音楽プロデューサーのKと、ビジュアル系ミュージシャンのKと、ベテランJ-POPシンガーのKが怪しいらしいですよ。

――3人ともイニシャルが「K」!

純士 ええ。ですから「今年はKが捕まる」と言っておけば、どれかが引っかかるんじゃないでしょうか(笑)。

123

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士が2020年を占う!「人生3回目の花が咲く?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真