日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?

フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?

fujitv.jpg最近迷走気味のフジテレビ

 9月中旬にフジテレビの深夜枠で放映された『印税スター誕生』という番組が物議を醸し出している。なんと、「フジテレビ vs 出版界」のトラブルが勃発していると囁かれているのだ。

 同番組は、ドラマチックな人生を送ってきた芸能人が自叙伝出版を目的に、審査員の出版関係者に直接プレゼンして、実際に本の出版契約を取り付け、印税スターになろうといった番組だ。

 番組司会は、俳優の内藤剛志が務め、特別アドバイザーとして作家の室井佑月が起用された。制作関係者が明かす。

「当日の収録では、審査員として大手出版者の編集者が10名程集められました。本を出したい芸能人として大沢あかね、はるな愛、安田大サーカスのクロちゃん、芋洗坂係長が自らの出版企画を売り込みに登場し、次々審査員を前にプレゼンを行ったんですよ」

 ところが、この収録を前に、あるトラブルがフジテレビと出版社の間で起こったのだという。

「なんと当日まで一切、説明がなかったというんですが、フジテレビの制作番組プロデューサーが、『企画が成立した場合、フジテレビはそれぞれ印税5%をもらう』と言い出したというんですよ」(某放送作家)

 しかし、これに各出版者は反発。声を荒げて怒ったり、出版界の常識を知らな過ぎる、と激怒した関係者もいたという。

「通常のタレント本の出版の場合、著者への印税は10%が一定の取り決めとなっていますからね。ところが、フジテレビが印税を5%欲しいということになると、タレント側が10%の印税を主張した場合、トータルで15%の印税支払いとなってしまい、これではコスト的に赤字。本の出版は成立しないですよ」(大手出版社幹部)

 これでは、フジテレビが出版ビジネスをなめて、暴利の印税を吹っかけたと揶揄されたとしても、致し方ない。

「フジテレビは現在広告収入も減り、番組制作費がカットされるなど、不振に喘いでいます。このため、こうした番組から派生するロイヤリティービジネスで収益を上げざるをえないのではないのでしょうか。それにしても、出版ビジネスを小バカにしているとしか思えないですよね」(某放送評論家)

 どうやら、今回の出版社とのトラブルは、フジテレビの構造不況に原因の一端が隠されていたようだ。

サイゾー 2007年 03月号

昨年3月にはサイゾー本誌でフジテレビ特集も。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 B’zにミスチル、宮崎あおい…血眼のNHK『紅白』人選事情
【関連記事】 「ポストキムタク?」今期ジャニドラ視聴率王はNEWS山下智久!
【関連記事】 深夜の”放送禁止”番組 人気の秘密は新感覚ホラーにあり!?

最終更新:2008/09/27 20:52

フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真