日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?

フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?

fujitv.jpg最近迷走気味のフジテレビ

 9月中旬にフジテレビの深夜枠で放映された『印税スター誕生』という番組が物議を醸し出している。なんと、「フジテレビ vs 出版界」のトラブルが勃発していると囁かれているのだ。

 同番組は、ドラマチックな人生を送ってきた芸能人が自叙伝出版を目的に、審査員の出版関係者に直接プレゼンして、実際に本の出版契約を取り付け、印税スターになろうといった番組だ。

 番組司会は、俳優の内藤剛志が務め、特別アドバイザーとして作家の室井佑月が起用された。制作関係者が明かす。

「当日の収録では、審査員として大手出版者の編集者が10名程集められました。本を出したい芸能人として大沢あかね、はるな愛、安田大サーカスのクロちゃん、芋洗坂係長が自らの出版企画を売り込みに登場し、次々審査員を前にプレゼンを行ったんですよ」

 ところが、この収録を前に、あるトラブルがフジテレビと出版社の間で起こったのだという。

「なんと当日まで一切、説明がなかったというんですが、フジテレビの制作番組プロデューサーが、『企画が成立した場合、フジテレビはそれぞれ印税5%をもらう』と言い出したというんですよ」(某放送作家)

 しかし、これに各出版者は反発。声を荒げて怒ったり、出版界の常識を知らな過ぎる、と激怒した関係者もいたという。

「通常のタレント本の出版の場合、著者への印税は10%が一定の取り決めとなっていますからね。ところが、フジテレビが印税を5%欲しいということになると、タレント側が10%の印税を主張した場合、トータルで15%の印税支払いとなってしまい、これではコスト的に赤字。本の出版は成立しないですよ」(大手出版社幹部)

 これでは、フジテレビが出版ビジネスをなめて、暴利の印税を吹っかけたと揶揄されたとしても、致し方ない。

「フジテレビは現在広告収入も減り、番組制作費がカットされるなど、不振に喘いでいます。このため、こうした番組から派生するロイヤリティービジネスで収益を上げざるをえないのではないのでしょうか。それにしても、出版ビジネスを小バカにしているとしか思えないですよね」(某放送評論家)

 どうやら、今回の出版社とのトラブルは、フジテレビの構造不況に原因の一端が隠されていたようだ。

サイゾー 2007年 03月号

昨年3月にはサイゾー本誌でフジテレビ特集も。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 B’zにミスチル、宮崎あおい…血眼のNHK『紅白』人選事情
【関連記事】 「ポストキムタク?」今期ジャニドラ視聴率王はNEWS山下智久!
【関連記事】 深夜の”放送禁止”番組 人気の秘密は新感覚ホラーにあり!?

最終更新:2008/09/27 20:52
こんな記事も読まれています

フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

 神々のたそがれならぬ、日本企業のたそがれなのか。人気女優・宮崎あおいが2007年か...
写真