日刊サイゾー トップ > カルチャー  > SFにも女流作家の波! 小松左京賞に作歴わずか1年の森深紅

SFにも女流作家の波! 小松左京賞に作歴わずか1年の森深紅

komatsusakyoushoutaishou.jpg受賞した森さんは終始緊張した面持ち。

 1日、都内のホテルで第9回小松左京賞(主催・角川春樹事務所)の授賞式が行われ、『エスバレー・ポワンソン・プティタ』の森深紅(もり・みくれ=応募時のペンネームは「林葉勇武」)に副賞100万円などが送られた。

 受賞作『エスバレー・ポワンソン・プティタ』は、ロボットメーカーに勤める女性を主人公にしたSF作品。選者である作家・小松左京の選評によると、「SFにデカダニズムをもり込んだ斬新さ」が評価されての受賞となった。

 作者の森深紅は都内の会社に勤める29歳。本人の弁によれば、作歴わずか1年足らずでの受賞になるという。

 同作は09年2月初旬頃、タイトルを変更して刊行される予定。

 02年受賞作の『神様のパズル』が映画化された機本伸司など、SF、ファンタジーの分野で次々に人気作家を輩出している同賞だけに、森深紅にも大きな期待がかかることになる。

この不思議な地球で―世紀末SF傑作選

名著です。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 パンチラ狙う不届き者も? 文学賞贈呈式での報道陣の過熱ぶり
【関連記事】 『文学賞メッタ斬り!』が文壇に取り込まれる!?
【関連記事】 絶好調の川上未映子 文芸編集者が語る氏の”実力”とは?

最終更新:2008/10/01 20:58
関連キーワード

SFにも女流作家の波! 小松左京賞に作歴わずか1年の森深紅のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

北野武の新作撮影は前途多難

 お笑い界の重鎮・ビートたけしが、映画監督・...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真