日刊サイゾー トップ > カルチャー  > EMINEM働き方改革のススメ

50歳目前の“ラップゴッド”EMINEMが提唱する、ラッパー的「働き方改革」のススメ

文=辰巳JUNK

EMINEM

 50歳目前になっても最前線で活躍するEMINEM(以下、エミネム)、通称「ラップ・ゴッド」は日本でも話題の的だ。最近ではラッパーながら「定時労働」生活を送る情報が衝撃を呼んだ。

8時間労働を守るラップ・ゴッドの「労働改革」とは?

 エミネムと制作を共にしたアーティストのエイコンによると、「毎日午前9時にスタジオ入りし、昼に1時間の休憩を取り、17時になると帰ってしまう」のだという。このルーティンは、収録がどんなにノリノリになろうと厳守されるらしい。

 そんな驚愕するエイコンに対して、エミネムは、「スタジオにいるのは好きだが、本当の仕事のように扱いたいんだ。ストレスにしたくないし、必要以上やりたくもない。家族、娘との時間が欲しい」と説明。ちなみに、処方薬依存症に悩まされた彼は、今もなお10年以上もの禁酒生活を続けている。まさに品行方正、家族を愛するクリーンな定時ワーカーなのだ! 8時間労働を守りながら無敵の人気を保つラップ・ゴッドが行った「労働改革」を探ってみよう。

「9to5」をキープしているからといって、エミネムの音楽への情熱が後退したわけではない。スタジオに入り浸りがちだったエイコンも、クリエイティブ効率に変わりはなかったと回想している。なにより、ラップするために生まれてきた男、エミネムの努力量は凄まじい。2017年には、アルバム『Revival』の宣伝として、制作過程で生まれた約7万枚のリリックノートを巨大看板にしてみせた。

 2018年、エミネムはさらなる「労働削減」に打って出る。10thアルバム『Kamikaze』をサプライズ・リリースし、世間を驚かせたのだ。マーケティング面で考えると、巨額の広告費やメディア露出など、音楽創作から離れた仕事を効率的に減らす結果になったのではないか。

 本人いわく、リリース前から情報を小出しにすることで、外野からあれこれ決めつけられることが嫌だったらしい。確かに、唐突にまるごと一本出してしまえば、リスナー側は素直に没入できる。

12

50歳目前の“ラップゴッド”EMINEMが提唱する、ラッパー的「働き方改革」のススメのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真