日刊サイゾー トップ > カルチャー  > つい誰かに話したくなる、最驚のウワサ話”首都神話”の世界!

つい誰かに話したくなる、最驚のウワサ話”首都神話”の世界!

shutoshinwa.jpg10月30日に原宿アストロホールで行われた「首都
神話~第十夜」。ゲストとして、ドランクドラゴンの
鈴木拓も登場。おおいに盛り上がった。

 ライブドアを中国語で書くと”活力門”。これを発音すると”ホーリェーモン”となる……といった、聞いたらすぐ誰かに言いたくなってしまう話を披露する『未確認噂話 首都神話』なるトークライブが、にわかに話題を呼んでいる。レギュラーメンバーは放送作家のタムケン、芸人の島田秀平、インスタントジョンソンのすぎ、キャン×キャンの長浜之人の4人。ここ数年世間を賑わせた、いわゆる都市伝説とはまた違った風合いがあるようだが……。

「都市伝説って『その裏にはアメリカの陰謀が~~』みたいな壮大な話が多くて、今の若い子たちにはわかりづらいし、友達にも話しにくい。首都神話は、もっと身近なネタが多いんです。あのトトロが実は死神だった! みたいな」とタムケンは語る。

 10月30日に行われたライブでは「自民党が選挙を来年にした本当の理由」「中国産の本当の恐怖」など20にも上るエピソードが披露された。どれが真実でどれがウソなのか、推理ゲームのように心震わされる瞬間が実に楽しい。

「ウソかマコトか? って心理的に揺さぶられる感覚を楽しんでもらえればうれしいですね。恋愛もあまり相手を知りすぎてしまうと面白くないでしょう。首都神話もそれと一緒ですよ(笑)」(同)

 首都神話トークライブが、それこそ神話のように口コミで語り継がれ、今後どのように世の中に伝播していくのか、注目するべし!
(金明昱/「サイゾー」12月号より)

●未確認噂話 首都神話
イベントスタート当初は2カ月に1度のペースで行われてきたが、今年5月からは月に1度に。ネタバレ防止のために詳細はお教えできないが、「神隠しにあった子供たちの行方」「携帯電話が突然故障するわけ」「イタリアで卑猥な磯野カツオ」などなどゾッとする話から笑えるものまでバラエティに富んだ話まで満載。
公式HP<http://www.ponycanyon.co.jp/syutoshinwa/

未確認噂話 首都神話 トリハーダ・ストーリーズ 怖い噂話 傑作44選

本も。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 消えた不条理漫才コンビ『象さんのポット』はどこに!?
【関連記事】 「コント冬の時代」に生れ落ちた寵児 ジャルジャル
【関連記事】 予選は吉本&作家の思惑次第 M−1はやっぱり出来レース!?

最終更新:2008/11/21 19:00
こんな記事も読まれています

つい誰かに話したくなる、最驚のウワサ話”首都神話”の世界!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真