日刊サイゾー トップ > 社会  > 藤原紀香の「顔」は誰のもの!? “音事協”に聞く肖像権の行方(後編)

藤原紀香の「顔」は誰のもの!? “音事協”に聞く肖像権の行方(後編)

onjikyo3.jpgときに肖像権侵害との指摘を受ける可能性がある
出版物たち。ところで音事協とは長く対立関係に
あったコアマガジン「BUBKA」(12月号)の表紙
に中川翔子(音事協の中心的事務所・ワタナベエ
ンターテインメント所属)が、事務所承認のもと
登場。何があった!?

前編はこちらから。

中編はこちらから。

──そのほか、タレントの肖像権を考える上で、インターネットは無視できませんが、前述された通り、音事協としては手が回らない状況ですか?

【音】 個人のHPやブログに関してはそうですね。個別のプロダクションで対応はしていても、音事協としてはできていない。今は動画を重点的にチェックして、テレビやDVDなどのタレントの映像が無断で動画サイトなどに転載されているときは、業者と連携して削除するという作業は行っています。

──ただ、YouTubeなどに無断転載された動画が、新人タレントにとってはいいプロモーションになっているという現実もありますね。

【音】 これも、会員社によって温度差はあります。プロダクションによっては、今は露出を高めたい時期だから、この程度の肖像使用は見過ごそうと思うところもあるでしょう。やはり、物差しはあってないようなもの。ただ、動画の出元であるテレビ局などに対しては、「違法行為をされていると思いませんか? 著作権者として、しっかり管理しませんか?」と言い続けています。それと、プロダクションの思いとしては、ネットというメディアが、他のメディアのコンテンツを流用するだけのメディアになってほしくないというのはあります。もっとネットオリジナルのタレントの生かし方とかが出てきて、プロモーションメディアとしても、タレントに対価が落ちるメディアとしても機能してほしい。ネットは困り者のところもあるけど、芸能界にとっては期待も大きいんですよ。結局、出版にしても、ネットにしても、作り手の意志というか大義があるかどうかが、音事協の会員社が付き合う相手としては重要だと思うんです。タレントのお宝写真や悪口を並べて、人のふんどしで金儲けしようというメディアには、厳しい対応をしたくなる。反対に、強い意志のもとに行われていると感じられる批判や報道に関しては、タレントにマイナスになることがあっても許せるものが多い。決して、ヨイショばかりするメディアを望んでいるわけじゃないです。結局は、生身の人間同士がタレントという人間を扱うわけですから、お互いの気持ちを理解して、かつ共存共栄を目指すということが大事だと思うんです。

 * * *

 この取材で明確になったのは、音事協が「何をもって肖像権パブリシティ権侵害」を訴え出るかということについては、使用様態によりケースバイケース、”明確な統一規定はない”ということだ。「ブブカスペシャル」裁判のように高額の賠償金が認められたり、かつて、雑誌にアイコラを掲載したミリオン出版の社長らを名誉毀損罪で刑事告発し、逮捕にまで導いたという過去があるため、メディア側からしてみれば、音事協を恐れている面もあることは事実だろう。そのため、本文でも指摘した通り、メディア側による過剰な表現規制が危惧される。だが、現実は、音事協に警告を受けては平謝りをしておいて、時間がたったら、再度同じことを繰り返したり、写真の扱いを小さくして誌面の印象を変えたり、写真に目線やモザイク、マスク処理をしたりと、したたかな対応を見せているメディアも少なくない。

 あるお宝雑誌編集者は「どうせイタチごっこになるのだから、自由に肖像を使用させることを前提に、雑誌の売り上げの数パーセントを音事協が徴収し、タレント側に分配するような仕組みを作ればいい。協定書を結んで、いちいち許可を取っていたら、何日も待たされて締め切りに間に合わないし、待たされた挙げ句、許可が下りなかったときが大変だ」という。もちろん、音事協にとっては肖像使用によって対価を得るのが第一義ではなく、肖像使用のされ方をコントロールしたいという意向が強いのだから、この言い分は受け入れられるものではないだろう。だが、今後、黙っていても、タレント側にとっては歓迎されざる肖像使用がネット上には氾濫していく。一方で、読者の雑誌離れも食い止めようがない。そうした流れの中で、芸能界と雑誌を中心とした芸能メディアが共存共栄していくための新たな関係性の構築が求められているのは確かだ。

 ちなみに、本誌としては、プライベート写真やお宝写真、ゴシップ記事などから見えるタレントたちの人間模様があってこそ、芸能という世界が、より深みや彩りを持つと思うのだが……こんなことを言ってると、音事協からイエローカードを出されてしまうかも!?
(編集部/「サイゾー」1月号より)

プライバシー権・肖像権の法律実務

実際、訴訟になったら……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 やっぱり4000万!? 西川史子”アラフォーヌード”のお値段
【関連記事】 使途不明金40億円!? 光文社取締役が突然辞任の怪
【関連記事】 仕組まれてた? 倒産した新風舎を”買った”文芸社の真の狙い

最終更新:2009/01/14 19:00

藤原紀香の「顔」は誰のもの!? “音事協”に聞く肖像権の行方(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

 しずるとライスとサルゴリラの同期芸人たちがユニットを組んで新たに「メトロンズ」とし...
写真