日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 河原雅彦演出作品『流れ姉妹 たつことかつこ』公演に2組4名様!

河原雅彦演出作品『流れ姉妹 たつことかつこ』公演に2組4名様!

mimokokoromo.jpg演劇ユニット「真心一座 身も心も」
『流れ姉妹 たつことかつこ ~獣たちの夜~』
2月18日(水)~2月22日(日) 下北沢 本多劇場
そのほか、札幌、名古屋、大阪、地方公演
企画・製作/ゴーチ・ブラザーズ

 今やドラマの脚本や数々の舞台演出で引っ張りだこの河原雅彦をはじめ、小劇場界のスターが集結したユニット「真心一座 身も心も」の第三弾の上演が決定!
 日刊サイゾーでは、舞台『流れ姉妹 たつことかつこ ~獣たちの夜~』の上演を記念して、2月19日の東京マチネ公演に2組4名様をご招待させていただきます。詳細は以下より。

襲る! 犯る! 斬る! 殺したはずの母が生きていた!?
たつことかつこ、空前絶後の大ピンチ!!

 姉たつこの母殺しの身代わりで服役していた妹かつこ。二人は過去をひきづりながらもたくましく生きていた。事件の謎を知る保護観察官、旅先で二人を見守る男達。愛し、傷つけられながら、どうにもならない運命と現実の果てに待つのは、不幸か幸福か……。流浪の姉妹、根上たつことかつこが再び事件に巻き込まれる!

■プレゼントの詳細
 日刊サイゾーでは舞台『流れ姉妹 たつことかつこ ~獣たちの夜~』の2月19日東京マチネ公演に2組4名様をご招待させていただきます。下記の公演情報をご確認の上、応募フォームよりご応募ください。ご応募の〆切は2月6日(金)23時59分とさせていただきます。なお、当選の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

・日時
2月19日(木) 開場13:30/開映14:00

・会場
本多劇場
東京都世田谷区北沢2-10-15

ご応募はこちらから!応募は締め切りました

● 「真心一座 身も心も」 とは
 2005年5月、青山円形劇場にて旗揚げした小劇場界の新ユニット、人生の機微に富んだ人情物語をシリーズ化して上演する真心一座、それが「身も心も」である。

 ”座長”に 村岡希美、”座付き作家” 千葉雅子、”座付き演出家” 河原雅彦、そして”にぎやかし” 坂田 聡の4名で結成、目指すは小劇場界の大衆演劇です。

 物語は千葉雅子の演じる「たつこ」と村岡希美の演じる「かつこ」姉妹の関係を軸に展開していきます。そして毎公演「たつこ」が恋する「ゲストラバー」と「かつこ」を凌辱(りょうじょく)する「ゲストレイパー」を招くスタイルも「身も心も」の魅力のひとつです。

 さて今回の「ゲストラバー」は、いま若手で注目される俳優 中村倫也を抜擢し、「ゲストレイパー」には舞台・映画と注目の作品の出演が続く本格派・高橋和也の出演が決定しました。さらに今回大注目なのが、死んだとされていた「たつこ」と「かつこ」の母親役「ゲストマザー」として 木野 花が出演、これまでになかった新たな色を添えます。

 最後に、忘れてはならないこのユニットで物語を紡ぐ上で欠かすことのできない重要な役割を担う「ガヤ四人衆」小林顕作、政岡泰志、伊達 暁、信川清順もそろって出演します。さらに今回は日替わりで「ゲストガヤ」として豪華ゲストが出演します!

 流れ続けてきた二人の姉妹の運命を握る母。ついに二人は、母に出会うのか。新たな愛を紡ぐ二人の男との運命は…真心一座身も心も、注目の第三弾。乞うご期待!

●「真心一座 身も心も」 メンバーご紹介
身も心も座長 村岡希美……9月9日生まれ、東京都出身。ケラリーノ・サンドロヴィッチ率いる劇団「ナイロン100℃」に1995年より参加。現在劇団員として活動中。本ユニット「真心一座 身も心も」では、座長を務めている。

座付き作家 千葉雅子……1962年生まれ。東京都出身。会社員を続けながら、旗揚げメンバーに加わり、国学院大学演劇研究会OB らと共に、90 年に猫のホテルを結成。作・演出・出演を務め、バカ哀しい人間のあり様を描く。

座付き演出家 河原雅彦……演出家・俳優・脚本家・HIGHLEG JESUS 永久総代。主な演出作品に『鈍獣』、『父帰る/屋上の狂人』(第14回読売演劇大賞・優秀演出家賞受賞)。主な出演舞台に、『走れメルス~少女の唇からはダイナマイト!』など。また脚本家としては『ピカ☆ンチ』シリーズ、映画『ハチミツとクローバー』などを担当。

にぎやかし 坂田 聡……1971年、福岡県出身。明治大学在学中にお笑いユニット『ジョビジョバ』を結成。現在はグループでの活動は休止中。プロデュース公演の参加の他に映画やドラマを中心に活動を広げている。最近の主な出演作品として、「それでもボクはやってない」、ドラマ「ウォーカーズ」、舞台「魔界転生」(G2 演出)、「ナイスエイジ」(ケラリーノ・サンドロビッチ演出)などがある。

●今までのあらすじ(第一章、第二章)
 ■第一章
 放浪の姉妹、根上たつこと根上かつこ。

 姉たつこの傷害事件の身代わりで服役していた妹かつこ。北の刑務所で心優しい看守谷村寛と元ヤクザの保護観察司末次優二に出会う。出所したかつこは、かつて自分を陵辱した男 歌川英明(初代ゲストレイパー)に再会し、すさんでいた彼の心に愛情をみつけて別れる。そして新大久保の診療所で消息不明の姉を思いながら暮らす。

 谷村はかつこのために、たつこを捜しに沖縄へ向かう。沖縄では、闘牛舎に身を寄せたたつこがもぐりの獣医師五十嵐成道(初代ゲストラバー)に心惹かれるも、谷村の出現で大立ち回りをする羽目に。五十嵐のはからいで再会する姉妹。定住者としての人並みの生活が待っているかと思いきや、二人の宿命は背中合わせに旅立つことだった。(以上第一章)

 ■第二章
 旅回り一座に加わって、姉を捜すかつこ。哀しい過去ゆえ不能に陥った座長松島力哉(二代目ゲストレイパー)に陵辱され、また自分を追ってきた谷村が一座の女優と仲睦まじくしているのを見てしまい、一座を離れる決意をする。

 たつこは北海道の警察で出会った気弱なサラリーマン岩崎雄三(二代目ゲストラバー)と、ひょんなことから島根の境港で数日ともに過ごすことになる。心かよわす二人だったが、岩崎の好意に素直に答えられないたつこ。

 やがて、境港の路地で運命の再会を果たす姉妹。母からの手紙を受け取っていたかつこは、たつことともに手紙の住所飛田新地へと旅立とうとする。そこへ末次優二が現れ、二人の後ろ暗い過去をあばく。二人は十代の頃、虐待の母の首を絞めて山林に埋めた秘密を持っていたのだった。(以上第二章)

●公演スケジュール
東京公演 2月18日(水)~2月22日(日) 本多劇場
日替わりゲスト:高田聖子 峯村リエ 粟根まこと マギー 中山祐一朗(出演順)

札幌公演 2月2 6日(木)~2月2 8日(土) 道新ホール
日替わりゲスト:福田転球

名古屋公演 3月8日(日) テレピアホール
日替わりゲスト:中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)

大阪公演 3月14日(土)・3月15日(日) なんでもアリーナ
日替わりゲスト:福田転球 山内圭哉(出演順)

ご応募はこちらから!

【個人情報】
■ご応募にあたり、ご提供いただく個人情報はサイゾーにて厳重に管理を行います。また、お客様の同意なしに守秘義務を負う業務委託先以外の第三者に開示、提供いたしません。
■ご提供いただく個人情報は、『サイゾー』からの、お客様がご希望の場合の商品、キャンペーン等のご案内、アンケート等の発送に使用させていただきます。また、個人を特定しない方法で、マーケティングの統計データとして活用させていただきます。
■今後、『サイゾー』からの商品の送付や媒体に関するご案内等をご希望されない場合は、下記連絡先までご連絡願います。
■『サイゾー』が保有するお客さまの個人情報について、訂正・利用停止等をご希望される場合には、下記連絡先までご連絡願います。サイゾー 03-5784-0790 個人情報管理責任者まで

最終更新:2009/02/09 13:37
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed