日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 同人誌における「R-18」の定義って?
【同人活動レポート】

「18禁」の定義って? 夜は寝床でフウフウフウ、R-18同人誌を頒布する!

 同人誌と縁のない人ほど、「同人誌=漫画/ゲーム/アニメに出てくる可愛い子ちゃんがあんなことも!こんなことも!」な世界を想像するのかもしれない。しかし、R-18ではない同人誌は多い。「非R-18」の、ほのぼのであったり、胸キュンストーリーが展開される同人誌は、同人誌の世界を初めて知った当時の気持ちまでもが思い出され、しみじみといいものだ。だが今回、オフライン同人活動3年目の著者はR-18同人誌を出そうと考えている。しかしそもそもR-18の定義がはっきりわからなかったので、あらためて調べてみることにした。

 

■自分の描いた同人誌がR-18であるかどうかを、どうやって判断する?

 「非R-18」の同人誌もたくさんあるが、「R-18」の同人誌は無敵艦隊でもある。同人誌販社『とらのあな』で2018年4月19日付けの同人誌人気ランキングTOP10を見てみたところ、男性向けでは9作品が、女性向けでは6作品がR-18指定だった。

 なお、それらの表紙を見る限り、R-18といっても「暴力的・残酷な描写」の方ではなく「おしべとめしべがくんずほぐれつ」な方だ。よって、当原稿でも以降の「R-18」という記載は、おしべ+めしべ(時として、おしべだけだったり、めしべだけだったりする)と思って読んでもらえれば幸いだ。

 同人誌において、作品がR-18かどうかは作者が判断し、R-18ならば「R-18」の表記を、表紙の分かりやすい場所に入れなくてはいけない。しかしここで、あらためて「R-18」の定義とは何だろう。

 コミックマーケット(コミケ)に次ぐ多くの大規模イベントを全国各都市で開催する赤ブーブー通信社では、参加サークル向けのパンフレットで「成人向表現の留意点」について説明している。同資料から一部をまとめ、抜粋する。

・法令において「わいせつ描写」には明確な基準は設けられていない。何が「わいせつ」にあたるのかは「その時代の」健全な社会通念に照らして判断する。
・「商業誌の描写レベル」に準じるのが、同人活動にあたって法令順守のひとつの目安になるのではないか。(→「成人向け」の商業誌の表現に準じる)

 そして以下が特に感動したので、こちらは全文を引用する。

『表現の自由とわいせつの論争はこれまでも長く続けられ、また非常に重要な問題です。この議論を簡単に放棄することはできません。
 しかしそれだけに一度法令違反として検挙されれば、全国報道とともに刑の確定を待たずして「法令順守を開催の必須条件」とする同人誌即売会は、全ての即売会を巻き込んで、存続の危機を迎えます。
 参加するみなさん一人ひとりが、同人誌表現の一翼を担っているのです。ぜひこの機会にご自身の作品とともにこの問題についてお考え下さい』

 R-18の定義が明確でないのは、「そこに隙間を持たせていることへの意味を各々が感じ取り、ふさわしい対応してほしい」というあらわれだろう。これは相手を信頼した極めて大人っぽい物事の考え方であり、やはりR-18は中坊には100億年早いのだ。

 

■獠さんの勃起は我が家ではNGだった~私ともっこりの歴史~

 R-18の定義は世界を見ても「曖昧」だ。
 以前、日本のオタクグッズを世界中に展開する販社「Tokyo Otaku Mode」を取材した際も、日本のゲームでは当たり前のようによく見かける「ビキニの水着のようなコスチュームの女性キャラクター」に難色を示されたケースもあるなど、世界各国のエロ定義に驚いたことがある(記事参照)。

 また、日本国内とて、時代により雰囲気などあっさり変わる。私が幼少のころ、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に掲載されていた漫画『シティーハンター』では獠さんが「もっこり」していたが、今、ジャンプで「脇役ではなく、主役の高頻度のもっこり」はいけるだろうか。ちなみに『シティーハンター』は夕飯の時間帯にテレビアニメにもなっていたが、我が家ではR-18指定番組で最初のころは見させてもらえなかった。なお、掲載誌を読んでいたのでこの対応は無意味だった。

「ジャンプ」は当時『ジャングルの王者ターちゃん』も連載中で、私は幼少のころ、漫画から男性器を今の小学生よりもはるかに見ていたと思う。しかし家のテレビで『シティーハンター』を見られなかった経験から、「勃起」はセンシティブでありタブーなのだと少女心に刷り込まれたものだ。

 そのため、これはもう私が成人してからだが、「まりもっこり」のキーホルダーが女子中高生に大人気で鞄や携帯につけていると聞いたときは仰天した。そして今、週刊少年ジャンプの兄貴的雑誌である「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の掲載漫画『ゴールデンカムイ』で勃起が決め台詞の脇役・二瓶鉄造を見るたびに大喜びしているのが「私と勃起の半生のあゆみ」だ。

 勃起一つとっても、秋の空のように移ろいやすいのが分かる。

 

■小説の「R-18」って何だろう?

 私の書いている同人誌に戻る。先述の赤ブーブー通信社の 「成人向表現の留意点」では実際に「性行為や性器の描写」についての具体的も記載がされている(※時代によって移ろうことを考え、こちらの記載は控えたい)。私の書いているのは漫画でなく小説だが、この「描写」における細かさは、絵でも文章でもやったらアウトだよ、ということなのだろう。

 なお、小説投稿サイト『小説家になろう』でも、R-18のガイドラインとして以下が提示されている。

■性的感情を刺激する行為の直接的描写
■性描写全般
■残酷な行為の描写
■反倫理的な描写
■R18扱いの画像が使われている
■大衆向け辞典(広辞苑等)に掲載されていないアダルト用語が使用された作品
 こちらを見ても、やはり「行為の詳細な描写になれば、R-18にしてね」ということだろう。


12
こんな記事も読まれています

「18禁」の定義って? 夜は寝床でフウフウフウ、R-18同人誌を頒布する!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...…
写真