日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「おうし座」が2回!? テレビ番組占いコーナーのカラクリ

「おうし座」が2回!? テレビ番組占いコーナーのカラクリ

meza_uranai.jpgめざましテレビ公式HP

「結局どっちやねん」ということが起こった。2月13日、朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ)。7時前に流れる人気コーナー、「今日の占いカウントダウン」でのこと。毎朝、その日の運勢がランキング形式で発表されるのだが、そのとき、なんと「おうし座」が2回ランクインしたのである。

「3位:おうし座 作業がスイスイ進む1日。空いた時間の運動がカギ」

「7位:おうし座 判断に迷って足踏み状態。友達の助言をもとに実行」

 おうし座の人は、一体どっちの占いをあてにすればいいのですか。「スイスイ進む」と「足踏み状態」って、まったく逆だし。

「お好きなほうをどうぞ」という新方式採用なのか、というわけではなく、どうやら「みずがめ座」が飛ばされてしまっていたようだが、どっちが”おうしで、どっちが”みずがめ”だったのか。

 結局その後、「占いに間違いがありました」と高島彩アナが訂正、8時前に流れる「今日の占いカウントダウンハイパー」のほうでは、ちゃんと12星座がちゃんとひとつずつ紹介されていた。おうし座は残念ながら低い順位のほう。「やった、3位!」とぬか喜びして以降の発表を見ずに出かけた人もいたかもしれない。

 以上が、ことの顛末だったわけなのだが、『めざましテレビ』の「今日の占いカウントダウン」は、各局の朝の情報番組内の占いコーナーでは古株でもあり、人気も高い。

「朝、出かける前にやってくれるのがいい。上位だと、その日1日のテンションも変わってきますしね。他の局のよりも女子寄りというか、恋愛ネタも多いので『めざまし』は人気ありますよ。会社でも『今日何位だった』というような話をすることもけっこう多いです」と、テレビ、雑誌、対面のものなど占い全般をフォローする占いウォッチャーの女性会社員も言うように、『めざまし』の占いの影響力は大きい。それなのに、なぜこんなケアレスミスがあったのか。

「『めざまし』は、3年ほど前にも同じように、やぎ座を1位と6位とかいうふうに、やっぱり2つ発表したことがあるんですよ。なかにはADとかが適当に毎日考えているという番組もあるみたいですよ」(テレビ関係者)

「占いAD作成説」には、かつて秋元康がエッセイ中で、ある番組の占いがよく当るのでその占い師を紹介してほしいと相談したところ、「すいません、僕がつくってるんです」と言われたと書いていたことがあったとのことだが、先のウォッチャーも、「ある番組のはそうだって言います。鵜呑みにしちゃダメですね。メディアでの占いは、やっぱり雑誌系のほうがじっくり調べているものが多いぶん、信用できます。でも、みんなチェックはしてて、話題にはなってますから、参考にという程度の見方でいいんじゃないですか」

 と言うが、テレビの占いを見ていると、どうもいい結果、悪い結果が均等ではなく、偏りがあるような気もしてしまうのだが(とくに血液型など、A型やO型など多数派が強いような印象もあるが)。占い師の資格をもつ、女性雑誌編集者はこう言っていた。

「確かに視聴者目線を意識して結果を出している印象を受けるものもあります。ただ、たとえば星占いの場合、運気の周期を長期的なもので見ることが多いので、『いい時期』『悪い時期』っていうのがしばらくの間続くんですよ。だから、『やぎ座はいつも悪い』みたいな印象を受けることもあるかもしれないですね。それを、毎日変化をつけて出していかないといけないわけですから、大変でしょうね。その点、視聴者に選ばせて運勢を占う方式は、占う側からすると負担が軽くなるというか、楽ですよね。」

 テレビの占いもいろいろなわけだが、今回取上げた「今日の占いカウントダウン」コーナー、運勢の上位から発表するのに「カウント”ダウン”」なのは、なぜなんだろうか。
(太田サトル/サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

ラーニング・ザ・タロット―タロット・マスターになるための18のレッスン (単行本)

人に頼らず自分でやる。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 フジテレビ高島彩アナ ゆず北川の実家宗教に入信か
【関連記事】 『誰も守ってくれない』に見るフジテレビ映画の今年の傾向
【関連記事】 若手も絶賛! 空前のテレビ不況を生き抜く今田耕司の戦略

最終更新:2009/02/25 16:39

「おうし座」が2回!? テレビ番組占いコーナーのカラクリのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真